Home > 2009年03月

2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

レビュー:「知識共有コミュニティ」編

 
review 
 
今日は、自分に課したノルマをある程度達成したので、
早速、レビューに挑戦です。

【本日の論文】

三浦麻子・川浦康至(2008)
 人はなぜ知識共有コミュニティに参加するのか
  :質問行動と回答行動の分析
    社会心理学研究(23)3, pp.233-245
   ※論文はこちらからDLできますCiNii


抄録
Web-based knowledge-sharing communities, which are supported by countless voluntary Internet users, are in widespread use today. We explored a number of characteristics of interpersonal communication among participants based on their questioning and answering behaviors. A questionnaire survey on participants of Yahoo! Chiebukuro, one of the most popular knowledge-sharing communities in Japan, was conducted, and access data of their behavior in the community were collected. Based on 7,989 survey samples and access data, we found that there were several significant differences in their behavior and motivation based on their participation style, question content, and gender. Results also suggested that information was exchanged and accumulated actively in the community and interpersonal communication of community participants was developed by an aggressive need for information acquisition and subsequent social support.


本論文では、
インターネット上にある知識共有コミュニティである
「Yahoo!知恵袋」を対象に、

Q:知識共有コミュニティを支えるインターネット利用者は
  どのような人々なのか?
Q:彼らはなぜ知識共有コミュニティかかわるのか?

という疑問とともに、
そこに集積される「集合知」とは、いったい何か?
ということを読み解くための手がかりとして、
「質問」と「回答」という相互行為からなる
コミュニケーションのありようと、
その使用者のコミュニティへの参加動機を
明らかにすることを目的に調査されたもの。

【1.はじめに】

まず、知識共有コミュニティについて。
三浦ら(2008)では、この知識共有コミュニティを、
利用者のニーズによって2つに大別している。

 ①百科事典型コミュニティ
   …利用者の情報ニーズは顕在化されない
    例)ウィキペディア
 ②Q&A型コミュニティ
   …利用者の情報ニーズが「質問」という形で顕在化
    例)教えて!goo、人力検索サイトはてな、Yahoo!知恵袋
   
②に関しては、
「利用者が相互に教え合い、共有するための社会空間」
とし、質問者と回答者の対人相互作用が行われている、
と三浦らは説明している。

次に、Q&A型コミュニティでの「質問」の種類についても、
以下のように2つに分類している。

 ①正解が存在する(と少なくても質問者は考えている)質問
    サーチエンジン(オンライン資源)、
    図書館(オフライン資源)などの利用で
    解が得られる可能性が高い
   →正解発見に資する情報の獲得はできるが、
    正解がない情報は蓄積されにくい

 ②決まった解答がない(と少なくても質問者は考えている)質問
    問題解決型質問(相談や予測)
    情報獲得の手段が曖昧、
    限られた利用可能な人的資源、
    プライバシーの問題
   →友人などの知己には聞きにくい場合がある
   →匿名性の守られるオンライン・コミュニティでは
     疑問の解決に好適な場
   →正解ありなしの両方の質問が投稿され、
     事典的な知識と個人的な見解が得られる

更に、インターネット利用の性差の先行研究から、
Q&A型コミュニケーションにおいても性差が見られると予測し、
「質問」「回答」投稿時における利用者の意識と態度について、
実際の行動をコミュニティ内の行動ログデータと対応づけ、
性差を加えた分析を行っている。

以下、わかりやすくするために、レジュメふうに。

【2.方法】
概要
「Yahoo!知恵袋」の利用者に対し、Web上で質問紙調査
 ①質問投稿者向け質問紙(以下Q版)
 ②回答投稿者向け質問紙(以下A版)
   →利用記録(サーバー上のログデータ)と対応づけ

・調査対象コミュニティ
 「Yahoo!知恵袋」…YahooのIDを持っていれば、誰でも参加可能

質問紙調査
・調査期間と対象者
  期間:2005年12月6日~20日の15日間
  対象者:期間中にログインし、質問もしくは回答を投稿した利用者
  質問紙:Q版 5,562/28,588(依頼応答率19.5%)
       A版 2,513/15,402(依頼応答率16.3%)

主な質問項目
・Q・A版共通
 (1)基本属性(性別、年齢)
 (2)他の利用者に対するコミュニケーション欲求と実際経験
  選択肢:知恵袋を利用していて質問者や回答者と
  「連絡を取りたいと思って、実際にしたことがある」
  「連絡を取りたいと思ったが、やり方がわからずできなかった」
  「連絡を取りたいと思いやり方もわかっていたが実際はしなかった」
  「連絡を取りたいと思ったことはない」
 実際にしたことがある場合の利用メディア
  「Yahoo!メール」「Yahoo!メッセンジャー」「その他」

・Q版のみ
 (1)内容:択一選択
  「決まった答えや正解がある(と思う)質問」(正解あり)
  「決まった答えや正解はない(と思う)質問」(正解なし)
 (2)投稿動機:9項目、4件法
  オンライン・サポートの提供理由に関する質問項目(宮田, 2005)
  を参考に作成
 (3)「知恵袋」で質問を行った理由:4件法
  「信頼できる回答がもらえそうだから」
  「たくさん回答をもらえそうだから」
  「雰囲気のいいコミュニティだから」
 (4)投稿に先立って調べた方法
  オンライン資源…「Yahoo!サーチエンジン」「静的データベース」
            「百科事典型コミュニティ」「知恵袋の過去ログ」
            「知恵袋以外のQ&Aコミュニティ」「掲示版」
  オフライン資源…「人に聞いた」「書籍や新聞雑誌」

・A版のみ
 (1)対象となった質問の内容
  「決まった答えや正解がある(と思う)質問」(正解あり)
  「決まった答えや正解はない(と思う)質問」(正解なし)
 (2)投稿動機:13項目、4件法
  オンライン・サポートの提供理由に関する質問項目(宮田, 2005)
  を参考に作成
 (3)投稿に先立って調べた方法
  オンライン資源、オフライン資源=Q版と同じ

・調査協力者のコミュニティ参加状況(Yahoo!の協力を得て)
 (1)調査協力時点で投稿された質問/回答文
 (2)投稿時点までの質問/回答投稿数
 (3)投稿された質問の被回答数
 (4)知恵袋の利用登録日時
 (5)最初の質問/投稿日時

【3.結果】
基本分析
・分析対象…7,989件(Q版5,515件、A版2,474件)
      男性(%)   女性(%)    平均年齢
全体     50.3    49.7    31.4(SD=11.39)
Q版     48.3    51.7    30.1(SD=11.23)
A版     54.7    45.3    34.3(SD=15.55)

コミュニティの参加状況とスタイル
 ・調査者の調査協力時点までにおける質問投稿数、
  回答投稿数、質問に寄せられた回答数(以下、被回答数)
  による基礎統計量を算出→ばらつきが多い
 ・質問に対し回答が得られたかを検討
  →被回答数が質問投稿数より下回ったのは4.8%
   =回答が得られない質問はわずか(1件あたり3.6件の回答) 
   =知恵袋が積極的な情報提供の場となっている

コミュニティの参加スタイル
 ①質問投稿のみ=最も多かった群(質問投稿数2.7件、SD=6.04)
 ②質問と回答の両投稿、かつ質問投稿数>回答投稿数(質問優位)
 ③質問と回答の両投稿、かつ質問投稿数≦回答投稿数(回答優位)
   ↑全体的に投稿多
 ④回答投稿のみ
   コミュニティに対する関与度 質問投稿のみ<回答投稿のみ
  
 ③と④の平均年齢が高い

質問投稿時の意識
質問タイプ
・質問の内訳
  正解ありタイプ(3,722件)>正解なしタイプ(1,793件)
  …「決まった答えや正解があるはず」(正解ありタイプ)
    56.2%が質問投稿のみ
    男性(71.3%)>女性(63.9%)
  …「特に決まった答えや正解はない」(正解なしタイプ)

質問投稿動機
・質問9項目を因子分析、プロマックス回転…3因子を抽出
 ①社会的動機…投稿という行為そのものに社会的意味を付与
 ②外発的動機…回答が得られることにより実質的な利益を獲得
 ③内発的動機…回答が得られることによる内的な充足

・全体的に
  外発的動機、内発的動機の順
  社会的動機は重視されていない
  質問者=回答を得られることで報酬を重視している傾向

・質問投稿前の調査行動
 投稿に先立って、自ら質問に対し下調べをしたか
 →手段を複数選択で質問
  調べてから投稿>調べないで投稿
  調べた人の資源…オンライン65.8%、オフライン23.0%
              サーチエンジン70.1%、過去ログ40.1%
              人に聞く21.6%

回答投稿時の意識
・回答した質問のタイプ
  正解ありタイプ(1,048件)<正解なしタイプ(1,793件)
   正解ありタイプの質問に対する回答をした調査協力者の
   38.6%は回答のみ
   正解なしタイプへの回答は女性が多い
   男性(51.0%)<女性(65.6%)

回答投稿動機
・動機に関する13項目を因子分析
  ①援助的動機 質問者を助けることを重視
  ②互酬的動機 回答投稿に対する将来的なメリット獲得への
            期待や過去の経験への返報
  ③社会的動機 投稿という行為そのものに社会的意味を付与
  ④報酬的動機 回答投稿によって得られる(即時的な)メリット
            の重視
    ↓
  主要な動機…質問タイプに関係なく援助的動機が高い

回答投稿前の調査行動
 正解ありに回答した協力者(1,048名)
 事前に調査した<事前に調査しなかった
   質問1. 投稿前に正解を知っていたか
        調査行動の規定要因(両方投稿、正解既知、女性)
        正解が未知…事前調査:女性<男性
   質問2. 回答の正しさを確認するために何らかの方法で調べたか
        調査手段と内訳
        質問投稿者 オンライン資源72.4% 
                  1)サーチエンジン59.4%
                  2)書籍や雑誌17.3%
                  3)静的データベース12.5%
                 オフライン資源19.9%


【4.考察】
コミュニティへの参加状況とその動機
  回答投稿動機…援助動機
   =積極的かつ協力的な対人コミュニケーションが展開
  要因…知識共有型コミュニティの参加形態による影響の可能性

対人コミュニケーションへ欲求…投稿者への関心は強くない
  質問、投稿者間で連絡を取り合いたい32.2%
  そのうちで、実際に連絡を取った人1.5%
    →「質問者-回答者」という間では回答を投稿することで
     コミュニケーションが完結、発展しない

Q&Aコミュニティの特徴…一般的な信頼に成り立っている
  質問投稿者の87.7%「信頼した回答をもらえそう」
           63.4%「雰囲気のいいコミュニティである」

コミュニティへ内に共有される知識
・質問とそのための調査
  質問者経験者…質問前に調べた人は多いが、
            その際に利用される資源は少ない
  回答者経験者…調べずに質問する

・知恵袋の知識=回答者によって提供される情報
  回答者がその質問に接した時点での既有知識が中心
  情報の正確さに対する信頼は不十分
  (事典型コミュニティとは異なる)
   →しかし、質問者は唯一の正解を求めているとは限らない
    オンライン上に蓄積される情報は雑多なように見えて
    実は「案外正しい」側面がある
    (Surowiecki,2004 小高訳,2006)

コミュニケーション行動による性差
  男性…正解ありのタイプの質問が多い、物質志向
  女性…正解なしのタイプの質問が多い、人間関係志向、
      健康や個人的問題に関するサポートを受けるための
      インターネット利用が多い
  →参加動機に性差は見られない

今後、必要なこと
・コミュニティ利用者にとって何が適切な知識なのかを軸とする分析
・参加者たちがそれぞれの情報の有用性を判断できる手がかり
  知恵袋では、「ベストアンサー」という形で
  参加者にとっての有用性を評価

【5.結論】
 本研究より明らかになったこと
  ・Q&Aコミュニティでは、活発に情報交換・蓄積がされている現状
  ・参加者による相互作用が情報獲得欲求と、
   それに対する社会的サポートとして機能

以上。


って、全然レビューじゃない。
ただ、まとめただけじゃないっ!(笑)

あはははは;;;

実は、今回の論文は、あたしにとって、
ちょっと役立つものだったため、
あえて短くしなかったんだけどね~。
↑いいわけ?

ま、それはさておき。

これを読んでわかったことは、人が集まって、
質問や回答をする際には、当然のことだけど、
その解を持っている人がいなければならないということ。

論文中にもあったように、解というのは、
正解があるものとないものがあるけれど、
少なくても、解のあるものに関しては、
既有知識の有無が関係していた。

このことを考えると、
類似した目的を持った集団の場合、
双方にある程度、既有知識があった方が、
回答しやすい、すなわち、回答が得られる可能性が高い、
ということがいえると思う。

更に、参加動機も、「援助的動機」が高い、
という結果から、互恵性が大切だ、ということも、
いえるように思う。

それと、質問に対する有用な回答が得られた段階で、
コミュニケーションが完結してしまうという結果から、
やはり、解のないものを質問できるような環境と、
「質問-回答」以外のコミュニケーションが行える設定がないと、
より、活発なコミュニケーションはおきにくく、
更に、そのような状況では、個人的な関係性は構築されにくい、
ということがわかった。

これは、あたしの研究にとって、大きな収穫なのだ。

Q&A型コミュニケーションは、
BBSに似ているところもあるけれど、どちらかというと、
SNSのコミュニティに似ているように思う。
そう考えると、SNS上でのコミュニティで、
コミュニケーションが活発化しないケースがあるのも、
ある意味説明がつくように思う。

この論文は、社会心理学的な研究で、
かつ、量的な研究ではあるけれど、
このようなコミュニティがもつ特徴の一部が、
動機づけと共に明らかにされたことは、大きい。

あたしの研究では、性差を扱わないけれど、
語学学習者に女性が多いことを考えると、
女性が好むコミュニケーションスタイルを、
少し考慮する必要もあるのかなぁ。
でも、それ、説明できるんだろうか?(笑)

ま、いいや。

というわけで、本日のレビュー、これにて終了ォ。
次回は、もう少しコンパクトにまとめ、
ちゃんと(?)レビューします。
今日は、ちょっと乱暴だったので。

ではでは、また明日。


blogランキング
↑ブログランキング参加中。ポチっとヨロシク!


 ←こちらにも参加中です。


ブログの活用。

 
CNET Japan 
 
 
午前中、洗濯物を外に干し、
さて、始めるか、と思ったら、アラレが降り出し、
慌てて洗濯物を取り込んだら、カラっと晴れて、
再び、外に出したら、今度は雪が降ってきた。

もー、しらない。

ということで、洗濯物、放置プレイの火曜日。
みなさまは、いかがお過ごしでしょうか。

3月最終日だというのに、雪が降ったり止んだりし、
そのたびに、げんなりする道産子のあたし。
今日も、部屋のストーブは全開で、
フリースも手放せない、この冬仕様生活。
早く、薄手の洋服を着て、春を満喫したい、
と願う今日この頃。

さて。

1日早いが、明日は、4/1でエイプリルフール
ネットで見つけたんだけど、
「バーチャル・エイプリルフール」てのがあんだね。
さらに、インターネットでのエイプリルフール企画を推進している

インターネットエイプリル・フール協会(JIAFA)

なんてものも、存在してるらしー。
認知度はあまり高くないようだけど(笑)。
現に、あたしも、知らなかった。
あ、詳しい記事は↓こちら。

20代の半数以上が「バーチャル・エイプリルフール」
  (CNET Japan)

この時期になる度に、あのLAOの事件を思い出すけど、
明日は、家にいるし、用事もないし、
人を騙すことも、騙されることもなさそうだ。

しかし、ネットの普及は、
こういうことにも影響を与えてるのね。
というか、カワイイ嘘ならいいけど、
ネットは、その冗談度合いがわからないから、
ちょっと怖い感じもするよねぇ。
まー、何事も、使い方次第だけど。

使い方といえば。

このブログ、大学院に入ってから、
ぜーんぜん、院生らしいこと、書いてないよなー、
と、ゆうべ、論文を読みながら、ふと思った。

まー、そもそも、タイトルが「出戻りぼやっき日記」
という、全く意味のないものにしているので、
今さら、院生日記っというのもどーか?
とは思ったんだけど、北海道らしいことも特に書いてないし、
どうせなら、少し、活用するのも悪くないんじゃない?
とか思って、で、考えた。

そうだ、論文レビューをここに書こう。

興味のない人は、大変申し訳ないが、
人に見せるためにレビューを書く、
というのは、とても勉強になるのだ。
先行研究的にいうと「読み手意識」になるかな。

これまでの自分のブログは、
同じ「読み手意識」でも、かなり自己呈示的だった。
いや、いまでもそーだ。
自己開示というよりは、呈示に近い。

しかし、レビューになると、開示や呈示とは少し異なる。
内容そのものが重要になり、また、どのようにまとめるか、
よりわかりやすく伝えられるか、ということが重視されるので、
文章を書くという意味では、訓練にもなる。
加えて、私見を述べるとなると、
その論文をよく理解していなければならない。

とか思ったりしてるんだけど、どォ?
↑しらねーよ

今までも、自分で読んだ論文で、
特に、重要だと思ったものや、必要だと感じたものは、
誰に見せるわけでもないんだけど、レジュメにしてきた。
でも、結局、自分のためのレジュメだから、
まとめ方は、あくまで自分がわかればいい、
というもので、わかりやすさや伝わりやすさは、
あまり重視していない。

あたしのブログは、基本的に日記だけど、
これでも(?)、ちゃんと、流れがあるかな?
とかは、今までも考えて書いてきた、

つもり(笑)。

まー、全部が全部じゃないけどね。
だので、ブログを書くことは、純粋に楽しいんだけど、
それだけでもなかったりしてるのよ。
じゃー、書き続ければ、書く能力や伝達力が向上するのか、
といえば、もちろん、そーじゃない。

誤字脱字はおいておいて~(笑)。

内容的に、何をどう伝えたいのか、その順番はどうか、
などなど、書く前、書いている最中、書いた後に、
モニタリングをしたりしながら、推敲を重ねる必要がある。
まさに、メタ認知力が必要なのだ。

まー、そんなわけで。

カテゴリに、「レビュー」を作って、
自分のために、ちょっとブログ活用してみようと思う。
それに、もしかしたら、論文レビューすることで、
同じような興味関心を持った人が見てくれるかもしれないし、
そこで、何か意見が交わされるかもしれないしね。
やらなければ、可能性はないけど、
やることで、可能性はゼロではなくなる。
ま、続くかどうかは、わかんないけど(笑)。

つーことで。

今日は、ブログ活用しよう、
という決意表明のみ(笑)。

なんだよ、レビューしないのかよ!

という声が聞こえそうだけど、
夜に、もしかしたらレビューを載せるかも~。
かもかも~、なので、保証はないけど(笑)。
↑まずテケトーだな

さて。

ブーコは、あたしの横に置いてある猫ベッドで、
いびきをかきながら、グーグー寝ているが、
こっちは、これから、先行研究を読み、
研究用のサイトのチェックをし、
ネットでできるアンケート作成など、
すること、満載なのであーる。

あ、そうそう。
最後に。

みなさんは、何か、ブログを自分のために活用してますか~?
もしも、活用していたら、何のためにしてますか~?
もしくは、どうやって活用していますか~?

コメントででも、メールフォームからでもいいので、
いろいろな使い方を教えてください♪

では、夜にお会いしましょー!
↑ほんまかいな?


blogランキング

 ↑エイプリルフールに便乗!嘘でもいいのでポチッと♪(笑)


 ←こちらにも参加中です。


馬、飛行機、キズもらい。

 
horse 
 
は、体が冷えやすい?

早速ですが、昨日の続き。
お友達と過ごしたハッピーWEEKENDのことから。

昨日は、お天気も良く、
このまま家にいるのはもったいない、
ということで、午後からお出かけ。
行ったのは、名の産地、「新冠町」。

テレビでよくさんまさんが言っていた、
「ハイセイコー」でも有名な場所。
ナリタブライアン記念館がなくなっていたのには、
ちょっと驚いたけれど、行けば、必ずを見られる、
好きな人なら一度は行きたい町だと思う。

ただ、昨日は、天候はよいものの、
気温は低く、子さんたちはみな、
何かしら、体にまとっていた。
オトナと違って、体温調整が難しいのかな?

この時期の北海道は、まだまだ寒いので、
芝も、まだ緑色にはなっていない。
枯れ草状態の中に、少し見える新芽を、
さんは、むしゃむしゃと食べていた。
 
horse 

本当に、馬の目はカワイイ。
でも、歯が見えると、ちょっとだけだけど、
なぜかかわいさが減ってしまう、
と思うのは、あたしだけだろうか?(笑)
 
horse 

ちなみに、↓こんな感じで、柵の中にいます。
 
horse 

馬を見て、心和み、さー、帰りましょう、
ということで、お友達を千歳の駅まで送る。

その途中、夕日がとても綺麗だったので、
空港近くに車を止め、写真を撮ろうと思ったら、
ちょうど、飛行機が離陸するのが見えた。

シャッターチャンス!
 
plane 

きたきた、急げ!

plane 

しかし、頭上を飛ぶ飛行機は、速い(笑)。

plane 

あれよあれよという間に、飛んでゆく。

plane 

数枚と撮らぬうちに、飛行機は小さくなった。

plane 

そして、旋回した飛行機は、
そのまま、空へと消えていった。

ああ、いいカメラがほしい(笑)。

と思いつつ、寒さに耐えかね、車へ戻り、
まだ、日が沈む前だったけど、
そのまま、お友達を駅まで送り、
ハッピーWEEKENDは終了。

で、帰り道。

この日は、ずっと運転していたので、
駅からは自宅まではLAOにお願いしたんだけど、
あたしは、途中で眠ってしまったようで、
気がついたら、自宅だった(笑)。
↑ひどい身勝手な・・・

おかげで、ゆうべは、BEDに入ったあと、
いつものように論文を読んでいたんだけど、
もー眠くて眠くて、我慢できず、
珍しく、すぐに落ちた。

幸せな快眠。

と思ったら!
今朝、あたしに不幸が訪れた。
なんと、ブーコがあたしの顔の上を横断!

イタタタタタタっ!!!!!

と目が覚めた時刻、朝の5時。
目覚めて鏡を見ると、

頬に傷。

いやーん、お顔に傷がぁぁぁぁ。
傷ものになったぁぁぁぁぁ。

って、冗談じゃなく、本当に傷ができてしまい。
今まで、1度もないんだけどね、
寝ている顔の上を横断するとかってこと。

で、朝から傷薬をぬりぬりして、
その上からお化粧したけど、
やっぱ、見えるな~、頬のキズ

お嫁に行けなくなる・・・・(泣)
↑アホ

さて。

そーゆーわけで(どんなんで?笑)、
えっと、この週末、いい時間を過ごしたおかげで、
かなりいい感じスイッチングができたあたしは、
今日から、気合い入れて頑張っております♪

あ、今は休憩中ぅー(笑)。

今週1週間の春休みを終えると、
来週からは大学院だし、ゆっくりブログを書くのも、
今週のみなのかなぁー。

ま~、そんなことを言っていても、しょうがないので、
次のハッピーDAYSまで、また頑張ろーと思いますので、

応援、よろしく~お願いいたします♪
↑なんの?(笑)


blogランキング

 ↑あなたのポチリが、キズを治す!……はず♪(笑)


 ←こちらにも参加中です。


ハッピーWEEKEND。

 
Lake Utonai 
 
エサを持っているよ~♪

という顔をしていたら、白鳥が寄ってきた。
でも、実際には、もう既に、
他の白鳥にあげてしまっていたので、
手には、空の袋があるのみだった。
それがわかった瞬間、白鳥は、

「ニャロメこんにゃろー!」

と、言ったかどうかはわからいけど、
ともかく、羽を広げ、怒り出した、
ように見えた。

すごい、白鳥、わかるんだ?

と感心している場合ではなく、
その、エサがあるような顔をしたのは、
実は、あたしではなく、お友達(笑)。

というわけで、日曜日の晩、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

この週末、お友達が泊まりに来た。

白鳥が怒ったように見えたのは、
近郊の町へお友達を迎えに行き、
我が家へ向かう途中立ち寄った湖での出来事。

誤解のないように書いておくが、
別に、お友達は白鳥を騙したわけではない(笑)。
それまでは、「ちゃんと」エサをあげていたのだけれど、
このときは、もう全てあげてしまった後だった、
というだけ。

Lake Utonai 

ウトナイ湖のことは、
前にもブログに書いたことがあるけれど、この湖は、
冬になると白鳥が飛来してくることで有名な場所。
しかし、中には、渡ることを忘れた渡り鳥もいて、
そう多くはないが、1年中、白鳥が見られる。

彼らは、すっかり人慣れしてしまって、
本当に、すぐ間近までやってくる。
本物の白鳥は、画像で見るよりもずっとずっと大きく、
近くによってくると、迫力満点なのだ。
鶴とは違った美しさがある。

でも、↓こんなふうにしているのは初めて見た。

Lake Utonai 

風を通しているのかな?
乾燥中?

Lake Utonai 

こちらは、座っている(笑)。
意外と、このアングルで白鳥を見ることってないなー、
とか思い、思わずカシャリ。

で、ここには、白鳥の他に、カモがたくさんいる。
あたしたちが白鳥にエサをあげていたら、
突然、そのカモたちが飛び立った。

Lake Utonai

というわけでぇ。

いやー、この2日間は、勉強から離れ、
頭も心もスッキリした週末だった。
まずは、来てくれた友達に感謝感謝。

で、昨日は、ず~っと家にいて、
食べたり飲んだりしながら、
研究とは全く関係のない話で盛り上がり(笑)。
本当にハッピー週末だった。

語学学習者にとって、
学習のために、その言語を使って話すのではなく、
より、個人的な話題のためにその目標言語を使った方が、
「話せた」ように感じる、というような内容の、
研究論文を読んだことがあるけれど、
これって、語学学習者に限ったことではなく、
共に学ぶ場にいる同士である院生にも、
ちょっといえることかもなー、とか、今日あたりは思う。

彼女とは、普段からざっくばらんに話すんだけど、
今日、彼女と、

「札幌から離れた場所ってのが、地味に大切かも」

って感じの話をし、そうだなーと思った。
やはり、札幌にいると、大学院もすぐそこにあるし、
研究する場所が近いせいか、
なんとなく、切り替えにくい。
でも、同じように飲んだり食べたりしても、
郊外で、こうして時間を過ごすと、なんだろね、
ほとんど、そういう話題にならなかったし、
違う話で盛り上がれたというか。
いやいや、よく笑ったハッピー週末だった。

ちなみに。

この日、みなで食べたのは、
お好み焼きだったんだけど、
自分も仲間に入りたかったのか、
途中、ブーコもやってきた(笑)。

OMAKE

キミは、食べられないでしょー?

と思ったんだけど、
どうやら、お好み焼きにかける、
鰹節が狙いだったらしー(笑)。
しっかり、鰹節ゲットして、そのあとは、
満足げにその場を去っていった。

ちなみに。

画像のコーラは、あたしのでも友達のでもなく、
LAOのものです(笑)。
あたしたちは、ビールを美味しくいただき~、
そのあと、夜寝る前には、ワインを飲んでましたぁ~。

あ、梅酒が残ってる!(笑)

たぶん、次来るときまでには、
確実になくなってるなー。

そんな感じで。

昨日は、食べ、飲み、話し、
あっという間に1日が過ぎた。
で、今日は、彼女とLAOと3人で、
ちょいとお出かけしたんだけど、
それは、また明日書くことにした(笑)。
だって、一度に画像を出したら、
もったいないないからさー。
↑意味わかんない

さて。

この週末は、本当にしっかり遊んだので、
今週は、気持ちを切り替えて、ガンバロー、
と、思います。

明日は、市の国際交流課へ行く用事もあるし、
この間、猫イモが言っていた講習会も、
やることに決定したので、その計画も立てなきゃ、だし、
あとは、アルバイト探しも始めなきゃ、だし、
もちろん、研究も再スタート、だし、
やることは、たくさんある。

でも、遊ぶことも大事。

ほんと、超大事。
頭と心が少しほぐれるもんね。
てなことで、今日は、悪びることなく、
とっとと寝ちゃおうと思います(笑)。

ではでは、また明日♪


blogランキング

 ↑ハッピー週末に、ポチっとヨロシクです♪


 ←こちらにも参加中です。


悪夢。

 
invitation ti a wedding 
 
巫女の格好をした女性が、2人、
凶器を持って、見知らぬ夫婦に襲いかかる。
逃げ惑う夫婦に笑みを浮かべながら、
刃渡り30cmはある包丁を振りかざす。
あたしは、その様子を、そばで見ていた。
しかも、同じように巫女の格好をし、凶器を持って。

気がつくと、顔も体も血まみれになった夫婦の遺体が、
フロアーに横たわっていた。
2人の巫女は、あたしを見て、逃げるよう目配せをしてきた。
外に出ると、パトカーが向かってくるのが見えた。
慌てて、包丁を袖に隠し、何事もなかったように、
2人の巫女と表を歩き、その場を立ち去った。

自宅に帰ると、母が殺されていた。
そして、母にそっくりな女性が、
「私がいるから、ばれない、心配しないで」
と言って、父の隣に立っていた。
何が起きたのか、理解できぬまま、
いつ、自分のもとに警察がやってくるのではないかと、
恐怖に怯え、時間を過ごした。

というを見て、今朝、6時に目が覚めた。

それから、よく眠れず、今日はいつもより早起きをし、
午前中に、すべての家事をすませた。
そして、今、ブログを書いている。

てか。

チョー気分わりー!

ホントねぇ、すごく気持ちの悪いだったんだよー。
目が覚めたら、泣いてたし(笑)。

しっかし、ばかり見る。

実は、昨日は昨日で、紀元前3000年くらいの、
エジプト文明?メソポタミア文明?みたいな感じのところで、
その国の王子様と、なぜか超アドベンチャーな旅をする、
というこれまたハードなを見たばかりでねー。

ちなみに。

このでは、あたくし、王子様に超愛されて、
他の人に、嫉妬と憎悪の目を向けられるという、
そんな内容でもあり。
↑アホすぎる

昨晩、夕ご飯を食べながら、
LAOのこの話をし始めたところ、

「ね?その話、長くなる?」

と聞かれ(笑)。
えーっと、短くはないけど、
とか答えたら、

「勘弁してくれ」

と言われてしまった(笑)。
まーねー、人のの話って、

「だから?なに?」

てな感じで、基本的には、
ストーリーもなければ、オチもないし、
その上、意味がわからないから、
聞いている側的には、時に、

拷問

だったりするんだよねー(笑)。
って、わかってるなら、

聞かせるな!

なんだけど、何でか夢って、人に言いたくなるんだよー。
え?みんなは、なんないのー?

昔さぁ、テポドンが、前浜(地元の浜)に落ちた夢を見て、
そのときは、朝方、

「テポドンが落ちた…テポドンが…」

とか言ってたらしく、爆笑されてたらしーけど、
本人、知らないからねぇ。
↑しかも旅行先で

てか、テポドンは、今は笑えない状況だよね。
この夢を見たときも、前回のテポドン事件があったあとで、
てことは、また近々、見ちゃうのかなー、テポドンの夢。

あと、他にも、乾電池の形をした飛行機が、
現場の(←なんの現場?)仮設事務所に、
突っ込んでくるのが見えて、逃げ惑う、とか、
以前、猫ハハが働いていた幼稚園に、
通り魔がやってきて、銃を乱射する、とか、
エレベーターのロープが切れて、
最上階から地下まで落下する、とか、
んな夢も見たことがある。

って、あたし、なに?病んでんの?

みたいな内容になってきたけど(笑)、
別に、病んでないからね。
夢だから、しょうがないんだよ。
本人、見たくて見ている分けじゃないからさ~。
どうやったら、変な夢を見ずに、
もっと、ハッピーなのを見られるんだろう?

たとえば。

ダルビッシュちゃんとデートする~、とか、
奥田民生ちゃんとデートする~、とか、
阿部サダヲちゃんとデートする~、とか。

って、すごい統一感がない…。

つーか、こんなことばっかり言ってるから、
逆に、八つ墓村みたいな夢を見るんだよ(笑)。
ったく、参ったわー。

てなことで。

実は、今日、早い更新をしたのには、
この、悪夢の他にも理由があって、
午後からちょいと用事があるのだよ。
とっても楽しみな予定がぁぁぁぁ。

あと、そうそう。

今日の画像のことを書こうと思ってたんだ。
これね、結婚式招待状ォー。
お友達の結婚式にお呼ばれぇー。

って、この招待状の送り主は、
学部時代の同期の子。
何せ、一回りも違う子たちと一緒だったから(笑)、
気がつくと、当時18歳だった彼女たちも、
すっかり結婚する年齢になっていて。
改めて年齢を聞くと、普通に驚くわ。

そんなになったのー?

みたいな(笑)。
そして、当時「女の子」だった彼女たちも、
気がつけば、ビックリするほど「女性」になってたりして、
いやー、それだもの、あたしも年取るさね、
とか思ったりするわけよ(笑)。
↑おばちゃん炸裂

というわけでぇ。

若い子に紛れて、いっちょ、
飲んだくれてこようかしらん?
とか思ってるんだけど、

え?だめ?

着物でも着ていこうかなぁー。
↑飲めないじゃん

振り袖とかー。
↑年齢考えろ

ま、いいや(笑)。

さてぇ~。
悪夢のおかげで、嫌な汗をかいたので、
シャワーでも浴びて、すっきりしてこよーっと。

みなさまは、ステキな夢を見て、
そして、ハッピーな週末をお過ごしくださいねー♪


blogランキング

 ↑悪夢を見ないように、魔除けポチリを!(笑)


 ←こちらにも参加中です。


地域還元と「ウリ」。

 
picture card and flower in the porch 
 

今日、久々に市の国際交流課の人と話をした。
父親譲りの好青年で、いつも感じがいい人だ。

あたしの町には、外国人が少ないのだけれど、
それでも、日本語を教えてほしいというニーズが、
ないわけではない。

そんなこともあって、時々、国際交流課の方と、
日本語教育関係のことで、お話をする機会がある。
市でも、ボランティア教室を開いていて、
交流課の人たちは、四苦八苦していると言っていた。
近々、その教室を覗いてこようと思うのだが、
話をしていて、ふと思い出した。

そういえば、去年、お仕事をさせてもらった、
地元の大学での短期留学プログラム。
実は、今年は、お声がかからなかった。
だので、あたしは、すっかり違う先生がなさると思っていて、
交流課の好青年にも、

「他の先生がなさるんですか?」

と訊いてみた。
すると、なんと、今年はプログラム自体が中止らしい。

そーか、やっぱり、できなかったんだ。

実は、この留学生らは、みな、韓国の人。
そう、この経済不況のせいで、去年とは異なり、
韓国の人は日本に来るのが大変なのだ。
円を買うには、高すぎる。
そんなんで、今年は中止になったけれど、
来年はまた、状況を見て再開したいとのこと。

しかし、日本語教育は、国の事情や世界の経済に、
非常に影響を受けやすいよなー、と改めて痛感。

そういえば。

今日、猫イモが久々に実家にやってきた。
ただ今、別居中なので(笑)、物の整理にやってきたのだ。
で、猫イモから、

「あんたの専門って、なに?」

と突然訊かれ。
でも、いざ答えようと思ったら、
んー、なんて言えばいいんだ?
とためらってしまった(笑)。

「えーっと、一応、日本語教育系?みたいな」

と、いい年して、若い子のような返答をし、
猫イモに、かなり苦笑されつつも、
なんで?と尋ねると、

「いやー、うちのセンターで、講習会開きたいんだよねー」

とのこと。
地域還元できるような講習会」をしたいらしい。

あ、猫イモは、ちょっとそういうセンターで(どんなんよ?)、
全体を管理し、さらに企画や運営、
その他諸々の仕事をしなければいけない立場にいるので、
なるべくお金をかけずに、何かできないか?
と考え、で、もっとも身近にいて、
なんか少しくらいできるだろうさ?ということで、
あたしの専門を訊いたらしい。
だのに、姉であるあたしの返答は、

「えー、あたし~?なんも、できないよー」

みたいな(笑)。
情けない。

「日本人と外国人を集めて、なんか考えるとかさー」

と言われたけれど、無理無理、あたしに、
異文化理解教育は、できないしー。

「じゃー、日本人になんかできないのー?」

と言われたけど、

「なんかって何よ?」

みたいな話で、姉妹で話すと、
全然ラチがあかない。
しかたねーな~と言わんばかりに猫イモが、

「じゃー、ちょっと考えておいてぇー」

と言って、去っていった。
えーーーー、考えておけって、何を?
こっちはねー、暇じゃ~ないんだよー。
と、思ったけど、そーねー、何かできないかなぁ、
あたしが、大学院に入って知ったことで、
実践できそうなことって、何かないかな~?
とちょっと考えてみた。

がしかし、ない!!!!

あわわわわ。
地域還元するって、難しいねぇ。
てか、自分には「ウリ」がないってことを、
こういう瞬間に、目の当たりにするわ。

悲しい(泣)。

でも、あれだ(どれだ?)。
この講習会が、そんなに厳しいものじゃないなら、
何か、自分のためにもなりそうだから、
いっちょ、猫イモの企画に乗っかって、
挑戦してみるのも悪くないかな?

なんてことを考えていたら、
すごい空腹感が襲ってきた。

やばい。

やばいといえば、そーだ、
珈琲のクリープのお遣いを頼まれてたんだ!
忘れるところだった(笑)。

まったく、ボケボケの金曜日だな。
でも、今日はちょっと嬉しいこともあったし、
ま、いいことにしよー。

では、クリープ買いに、行ってきます(笑)。


blogランキング

 ↑挑戦してまえ!とポチリで後押しヨロシクです(笑)


 ←こちらにも参加中です。


いいことあるでしょー、きっと。

 
wait for a train on the platform 
 
いつもの駅のホーム。
見えるのは、もくもくと煙を吐く、
王子製紙煙突

町の中心には、大きな煙突がそびえ立ち、
広い敷地に製紙工場が濫立している。

市民に、町に対するイメージカラーは?
という質問すると、灰色、と答える人が多い、
という新聞記事を以前に読んだが、
そのイメージ構築に、この煙が一役買っているように思う。

いや、これだけではない。

あたしの町には、人工港があり、
その周りには、自動車工場製紙工場
発電所、石油備蓄等々、工場関係の建物が多い。
人口17万人の小さい町ではあるが、
工業都市として発展してきた経緯もあって、
灰色のイメージがよく似合うのだろう。

更に、天候もあまりよくない日が多い。
日照時間が少ないため、畑がほとんどない。
市が行っている市民農園で、抽選に当たった市民が、
自分の小さな畑に少しの野菜を作ったりしている以外は、
郊外にわずかな畑がある程度だ。

こんな町だから、就職する企業は、地元の会社か、
トヨタ、いすゞ、日産などの自動車関係や、
王子製紙、日本製紙など、工業に関連する、
土建業や運送業の企業が多い。

地元で就職することを考えると、基本的に、
学歴はそれほど重要ではないというケースが多い。
今は、以前より少し変わったが、
高校を出て就職することも、
それほど珍しいことではなかった。

あたしも、スタートはそうだった。
高校を出て、すぐ銀行に就職した。
しかし、転職するなかで、また、自分の未来を考え、
途中で大学へ行き、そして今、大学院にいる。

けれど、今日は、マスターとドクターの壁を感じた。
現実は、なかなかどうして、厳しいのだ。

学士を終え、海外で1年働き、戻ってきたら、
修士に行かないと仕事はないと言われ、
いざ修士に入ると、博士じゃないとね、
という話を耳にする機会が多くなった。
出身大の先生にも、「修士は必要」と言われていたが、
今年の年賀状には、「博士目指して頑張ってね」
と書かれていたことを思い出す。

時間とお金と労力が必要なうえに、
家族の理解と協力が不可欠なあたしにとって、
博士へ進むことは、かなり困難だ。
行きたいと思う。
とっても。

目標は低く。
でも、志は高く。

それだけは忘れずに、
まずは、目の前のことをひとつひとつこなすのみ。
継続は力なり、努力していれば報われるかも、
と、信じなければ、とてもじゃないが、頑張れない。

世の中には、優秀な人がごまんといる。

当たり前のことだが、修士に入って痛感したことだ。
そして、自分の立ち位置が、よくわかった。
それ故に、多くは望まなくなった。
望めないと知った、といった方が正しいかもしれない。

環境とは恐ろしいもので、そういう中にいると、
当たり前のように見えることがたくさんある。
けど、ふと自分の周りを見渡すと、
あたしくらいの年齢で、こんなことをしている人は、
それほど多くないというのが現実だったりする。
自分が普通だと思っていることも、
全然普通じゃないと言われることも多い。

でも、あたしは、今の生活がキライじゃない。
大変だし、周りに迷惑や負担をかけているけれど、
それでも、考え、知ることは、とても楽しい。
人と意見を交わし、新たな発見をするたびに、
わくわくしてしまう。
そして、目の前に学習者いるときは、
同じように、何かがわかるようになったり、
何かができるようになって、
それを彼らが喜んでいる姿を見ると、
本当に嬉しくなってしまう。

だから、やめられない。

仕方がないのだ。
それが楽しいんだもの。
やりたくて、しょうがないんだもの。

と、熱く語った木曜日ですが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

って、前置きが長い。
てか、これが前置きか????(笑)

失礼。

今日は、ゼミの日だったのだ。
久々に行った札幌は、3月の下旬だというのに、
横殴りの雪が降っていて、軽く目眩がした。
また一歩、春が遠のいてしまったようだった。

明日も本当は札幌の予定だったんだけど、
まだ、定期券がないということで、
明日はお休みさせていただくことにした。
まったく、貧乏で困ったもんだ。

さて。

気がつけば、こんな時刻。
今日のゼミでも、「もう4月だー」という話になったが、
本当に、時間の経つのは早い。
来月に入ったら、1年の3分の1を消化することになる。

ひーっ。

てことで、気合い入れて、始めよう。
頑張れば、いいことあるでしょー、きっと。


blogランキング

 ↑ポチッと押してもらえることが、いいことかも?(笑)


 ←こちらにも参加中です。


インターネットと親和性。

 
buko 
 
ブーコが、いない。

と思って探すと、猫イモの部屋にいた。
外に行きたそうに、窓の外を眺めながら、
乗ってはいけない棚の上に、ちょこんと座っていた。

一歩外に出れば、冬に逆戻りだが、
室内に限っては、日差しも暖かく、
春らしさを感じる今日この頃。

ブーコも、それを感じるのか、
最近は所定の位置を離れ、
窓際に行く回数が増えている。

そんな感じで水曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、ちょっと予定が変更になり、
大学院へは行かなくなった。
外は寒いし、体調もパッとしないし、
そういう意味では、ラッキーだった。

思いがけず、家にいる時間ができたので、
ちょっと近所の100均に行って、ファイルなどを購入し、
山積みになった論文の整理をしたり、
6月に行われる言語系合宿の準備をしたりして過ごした。

そんなこんなしていたら、大学院の先生から、
この間の春の発表会のコメントをいただき、
これまた、イタイご指摘を受けてしまった。
昨日、もらったやる気も吹っ飛ぶ勢いで、

あたし、大丈夫?

っと、一瞬、頭が痛くなったりしたけれど、
やるよりほかないと言い聞かせながら、
先行研究を読み直したりしていた。

先行研究を読みながら、ふと思ったのだけれど、
インターネットコンピュータに関する親和性は、
年齢に関係あるのだろうか?と。

そんなことを考えている暇があるなら、
自分の研究をしろよ、という話だが、
どーにも気になって、ちょっと調べてみたら、
1本の論文を見つけた。

永井 靖人(2008)
「大学生のコンピュータに対する情意的態度
  : 女子短期大学1年生のコンピュータ親和感情」

 岡崎女子短期大学(41), pp.83-87
 ※こちらで見られます→CiNii

若ければ、親和性が高い、というわけではないらしい。
この論文では、情報処理を専攻していない短大生を対象に、
コンピュータ親和度尺度と自由記述形式で、
意識調査を行っている。
その結果、12年前よりも、親和度は低下しているとか。

12年前の短大生より、今の学生の方が、
身近にコンピュータが存在し、その有用性も、
体験等から学んでいる、と想像するが、
必ずしもそうではないようだ。

特に、使用の有無にかかわらず、
ネットワークに対する不安は広く認知され、
また、有用性も感じていないようだ。

それが、携帯となると、一変するらしい。

論文によると、高額な支払いや詐欺、
いじめなど多くの問題が報道されているにも関わらず、
携帯によるネット接続率は、非常に高いという。

ネット不安コンピュータは強く関係があるようで、
その不安が、コンピュータ使用にも影響するらしい。
若い人だから、ネットを使っている、というのは、
中年やそれ以降の人が考えがちのような気がするが、
彼らのネット接続の常用は携帯であり、
コンピュータを使ったネット接続は、
携帯のそれより、親和性が低いということが見えた。

そう考えると、コンピュータを使用しやすいのは、
ある程度、ネットと上手につきあえる、
もしくは、統制感を持てる人、
というふうにもとれるということか?

そうなると、子どもより、オトナの方が、
コンピュータと上手につきあえる確率が、
高いということか?
いや、必ずしも、そうとはいえないだろうけど、
コンピュータに関する正しい知識が、
使用への不安を軽減するのかもしれない、
とか思う。

携帯は、学生にとって、もやはただの「物」ではなく、
身近な存在として認知され、
それを使用してネットに接続することは、
携帯に対する親和性が高いから、
とも言えるのかもしれない、
とか思う。

あー、なんだか、書いていたら、
分けわかんなくなってきた(笑)。

そんなことより、やっぱり、
自分の研究論文を読め、だ。

トホホホ。

さて、こんなことをしているうちに、
日はとっぷり暮れ、カーテンをかける時刻になった。
日が長くなったので、カーテンを閉めるということは、
すなわち、夕食の準備の時刻でもあって、
このブログを書いたら、台所へGO、しなければならない。

さて、明日はゼミ。
暖かくして、札幌へ向かおう。

 
blogランキング

 ↑ネットが好きな方も、そーでない方も?ポチっと♪


 ←こちらにも参加中です。


読んでワクワクした。

 
cute 
 
寒い。
気温が低い。
風が冷たい。

3月だぞ。

というわけで、火曜日の夕方、
みなさま、いかがおすごしでしょうか。

なんだかなー、えらい寒いぞ、北海道
雪は溶けたし、日差しは暖かいんだけど、
テレビじゃ、2月の気温とかいってるし。
ちょっと外に出ると、本気でブルブル震える。
っといっても、今日はブーコのエサを買いに、
動物病院へ行ってきただけなんだけどね。
あとは、というと、WBC観戦で1日を終えてしまった感じ。

結果は、まだ知りたくない人のために書かないけれど、
いい試合だったよ。
心臓と血圧には悪そうだけど。

てかね。

茶の間から、猫ハハの奇声が聞こえてくるもんだから、
見ないでおこう、とか思っても、気になっちゃって、
ついつい、テレビの前に座ってしまったのよ。
そんなこんなしているうちに、1日が終了。
↑いい訳炸裂

さて。

東京での数日が夢だったかのごとく、
すっかり日常生活に突入している感じ。
昨日も、今週のゼミで読む文献の予習をしたり、
調べ物をしたりしていたら、あっつーまに深夜になり。
そんな時間まで起きてるもんだから、
例のごとく、空腹に襲われ。
空腹は敵だ!のあたしは、カップラを食べようと、
がさごそと台所を物色していたら、
暗闇に人影が・・・。

でたぁーーーーーーーーー!

と思ったら、眠れずに起きてきた猫ハハだった(笑)。
ちょっと、真夜中に、足音も立てずに現れないでくれるかい。
めっちゃ心臓に悪いわ。

で。

結局、こんな夜中に食べると、
胃に悪いだの、お肌にもよくないだの、
散々言われ、バナナ1本で諦めた昨晩。

でも、よかったかも。

実は、今日、すごーく調子が悪い。
この連休の疲れが出たのか、
寒暖の差にやられたのか、
とっても具合が悪い。

でも、そんな具合の悪い中でも、
やらなくちゃいけないこともあるし、
やりたいこともあるし、やっぱ、健康一番、
と、こういうときは思うのだよね。
勝手なもんだ。

まー、具合が悪いことは悪いんだけど、
昨日読んだブログに、ちょっとやる気をもらっているので、
今日はもう少し頑張りたい気もしているの。

昨日読んだブログとは、
早稲田大学の向後千春先生が書かれているもの。
もちろん、直接面識があるわけじゃないんだけど、
とても好きな大学の先生。
大好きというと、語弊があるというか、
失礼かもしれないんだけど、
いつも興味深いことが書かれていて、
楽しみに読んでいるの。

で、昨日は、eラーニングについて書かれてて、
それを読んで、勝手にやる気をもらってたの。
あ、詳しくは↓こちらをご覧ください。
 
オトナはみんな応用問題を解いている
  (2009/3/23)

その中でも、とても、いいな~と思ったのは、
この↓の部分。

学ぶことは楽しい 楽しくなければ使わない
学ぶことは楽しいはずだ。自分の問題を解決できること、自分が興味があること、役に立つと感じること、これらはみな楽しい。楽しくなければその知識を使わない。楽しさは、学びの重要な要素になる。そして楽しいと感じることは、人によってそれぞれ違うのだ。

そうなんだよねー。
楽しいと感じることは、とっても重要。
そして、あたしは楽しいと同時に、
「嬉しい」も重要だと思ってる。
研究で、楽しいとか嬉しいを実証するのは、
かなり冒険的だけど、何かをするときに、
根底にはそういうのがあるように思う。
そして、それは、人それぞれ、
違うツボを持ってるんだよね。

で、この続きに、
「学びのゴールはひとつではない」
と書かれてあって、なんかねぇ~、
読みながらワクワクしたのよ。

まー、そんなんで。

こうやって、インターネット上に、
さまざまことを発信してくれる先生がいるというのは、
その大学には行けない、講義も受けられない、
もちろん、会う機会もお話しする機会もない、
あたしのような院生にとっては、とてもありがたく嬉しいもの。
北海道のような海の外にいると、
インターネット上に公開される情報や人との交流って、
やっぱ、あるとありがたいものだと思うのよー。
うちの猫イモも、短大卒業後、働きながら、
遠隔教育で大卒とったしね~。

てことで。

やる気を感じてはいるんだけど、体はダルイ。
でも、晩ご飯を作らないと、自分が空腹に耐えられず、
半狂乱化しかねないので、頑張ってつくりまーす。

今夜は、ナノなの~して、少し早く寝よーっと。

 
blogランキング

 ↑海の外の北海道にいるあたしに、愛のポチリをー♪


 ←こちらにも参加中です。


事実。

 
facts 
 
 
たぶん、人には、嬉しいこととか、悲しいこととか、
そういうことが大なり小なりあって、
それは、その時々によって移り変わる、
とても不確かで、流動的なものだと思う。

嬉しいことや悲しいことの対象が、
友達、仲間、恋人や、思いをよせているような、
「人」だったときは、自分自身だけでは、
どうしようもないことが多い。

同じ出来事でも、結局、それをどうやって捉えるか、
どう受け入れるか、どう折り合いを付けるか、
自分が選択していくよりほかない場面がたくさんある。

想いが伝わらないとき、それはとても淋しい。
想いを受け取れないとき、それはとても残念だったりする。
でも、伝わらなくてよかったと安心することもあれば、
受け取れない方が幸せだと感じることもある。

ただ、どちらであっても、想いに差が生じたとき、
そんな気持ちが起きるんだろうな、と思う。

今まで自分に向けられていた想いが、
なくなっていくのを感じたとき、
今まで自分が向けていた想いが、
なくなっていくのを感じたとき、
そんなときに、相手と自分の間に差が生じ、
それが、心をサワサワさせたりする。

多感な時代は、そんな差がただ悲しくて、ただ辛くて、
声を上げて泣いたり、自暴自棄になったりしながらも、
外へ向けて、内側にあるものをぶつけられた。
オトナになると、そういうことが難しくなる。
辛くても、悲しくても、やるせなくても、
何となく普通の顔をして、何事もないような顔をして、
なるべく感情の起伏がないよう振る舞うようになる。
それが、オトナだと、なんとなく思っているからかもしれない。
いや、その方が、心が乱れないからかもしれない。

事実は、受け手によって決まる」

この間、知人と話していたとき、その人はそう言った。
たとえ、相手がBだといい、実際がBであっても、
受け手がそれを、仮にAだと判断したとしたなら、
受け手にとってはAであり、それが事実となると。

でも、本当にそうなんだろうか?

最初に書いたように、人の想いは、
その時々によって移り変わる、
とても不確かで、流動的なものだ。

瞬間的に、事実に見える。
一時的に、事実のように感じる。
最終的に、事実にしておく。

人の想いに関しての事実なんて、
当事者にはわかりえないのではないだろうか。
推測の域を出るのは難しい。

受け手にとっての事実がどうであるか。

それも大切だと思う。
でも、それで終わりにすることには、
なんとなく違和感を感じてしまう。
何かに対し、事実であると思った自分が、
そのあと、どうするのか、どう付き合いたいのか、
もしくは、どうしたくないのかを考えることが、
大切なのではないだろうか。

いつでも、それが事実だと受け手が決め、
その判断が受け手にとっての事実だと言い続けたところで、
それこそ、実際の事実は、それだけでは何も変わらない。

楽しい、嬉しい事実は、付き合いやすい。
でも、その逆の事実は、扱いにくくて厄介なものだ。

人と関わって生活している以上、多くの人にあるように、
あたしも、いくつか厄介な事実がある。
だから、それが、

瞬間的に、事実に見えているのか
一時的に、事実のように感じているのか
最終的に、事実にしておきたいのか

を選択して、付き合っていくしかない。
その事実を認めることは、
時に諦めにも似ているかもしれない。
でも、諦めは、やるせなさと同時に、
新たなチカラを与えてくれることもある。

逆に、自分は事実をどうやって認めているかを知ることで、
今の自分が少し見えるかもしれないな。

なんて思った月曜日。
少し、寒い月曜の夜。

 
blogランキング

 ↑ぽちりのご協力に感謝です。


 ←こちらにも参加中です。


東京日記。

 
@TOKYO 
 
 
ポッポッポー ハト ポッポー♪

小綺麗な格好をしたOLさんや、
スーツの上着を手に持ったサラリーマンたちが、
あたしの目の前を通り過ぎる中、
ハトさんたちも、お散歩。

のどかだなー。

というわけで、本日は、1日限りの東京日記。
てかね、画像をほとんど撮ってないので、
引っ張って、東京のことを書けないのよ(笑)。

というか。

東京へ行っても、全然観光気分にならない。
以前、はとバスツアーばりに、
浅草へ行ったり、歌舞伎をみたりしたことがあったけど、
あのときは、数日間、びっちり東京にいたし、
敢えて、そう過ごそう、と決めていたからできた感じ。
あ、靖国神社にも行ったっけな(笑)。

本当なら、滅多に東京へ行かないんだから、
少しは、観光気分を味わえばいーんだろうけど、
電車の乗り降り、どこへ行っても人ひとヒト、
っという状況に、まずはやられてしまうのだ。
田舎者だもので。

ただ、少し人混みを離れ、
晴天下、行き交う人々をぼーっと見ていたときは、
なんだか、とてものどかな感じがした。
今日の画像は、そんな瞬間に撮ったもの。

今回は、昨日も書いたように、
お友達のおうちにお世話になり、
美味しいお食事と、素敵な家族に囲まれた、
とても穏やかな時間を過ごした。
何より、あんなに寝たのは、いつブリだ?
というくらい、寝腐った。
↑失礼な話だ

で、肝心の研究会の方は、というと、
前回とは、気持ちも見方も少し違う感じがした。
以前より研究を意識しているせいか、
前回参加したときよりも面白いと思ったし、
ポスター発表者に質問したり、お話しもできた。
そう考えると、去年は見ている時間の方が多かったな。

今回の研究会で思ったのは、
ポスターでも、口頭でも、やはり、
何をしたいのかを的確に伝えることが重要で、
しかし、それは、いうほど簡単じゃないよなぁー、
ということ。
そういう意味でも、本当に勉強になったし、
研究会を通した出会いもあって、とても嬉しかった。

来年は、自分もポスターかなぁ。
いよいよかなぁ。

そう考えると、ちょっと緊張(笑)。
発表できるような研究にできるのか?
という不安がなきにしもあらず、だけど、
1年後、どうなってるかは、
これからの1年で決まること。
頑張らなくちゃ。

とかいいつつ。

今日はねぇ、全くやる気がでない!(笑)
体もだるいし、頭もボヘーっとしている。
まったく、言ってることと、行動が伴っていない。

やばい。

つーか、全然東京日記になってないし(笑)。
んー、やっぱ、観光的なことしないと、
そういう日記は書けないのねぇ。

あ、そうそう。

最後の日にね、秋葉原に行ってきた。
初めてのアキバ。
いやー、んー、えーっと、コメントはね、
書けないわ(笑)。
色んな人がいるなぁ~~~~~、
みたいな感じでした、ハイ(笑)。

次に東京に行けるのは、いつだろう?
今年の秋か、来年の春かなぁ。
そのときは、いろいろな方にお会いできるよう、
ちゃんとスケジュール組まなくちゃ。
やっぱり、人と会うのは楽しいからね。

てか。

会わないと、つまんないみたい(笑)。
あたしは、その場所に行くより、
人に会いに行く方が好きらしい。
↑だから観光ができない

さて。

今週は、授業&ゼミがあるので、
余韻はここまでにしなくちゃ、という感じ。
自己暗示的に、そうしないと、
ダメだ、ダラダラ病にかかってる(笑)。
で、ダラダラ病が悪化すると、焦燥感が募り、
また、研究の夢を見て、うなされる。

てなことで。

今日は早めの更新をしたので、
夜にも書いちゃいそうな嫌な予感もするのだけど(笑)、
とりあえず、昨日の荷物を片付けまぁーす。

ではでは、また。


blogランキング

 ↑あなたに逢える、その日までポチリ♪


 ←こちらにも参加中です。


ただいま!

 
TOKYO 
 
 
ただいま、です。
本日、日曜日、無事、北海道へ戻って参りました。
留守の間にもコメントをいただき、ありがとーです。

てことで、まずは、簡単にご報告から。

今回の東京は、研究会に行くことがメインだったんだけど、
ま~ま~ま~、飛行機に泣かされた旅だった。

まず、行きの飛行機

全面ストライキだけど、新千歳→東京は大丈夫♪
とか言って行ったんだけど、全然大丈夫じゃなくて。
やっぱ、ストの影響で、かなりの便が遅延。
あたしの乗る便も、予定より遅れてしまった。

それだけならまだしも。

一度乗った飛行機の調子が悪いとかで、
「機材変更により機降」とか言われ、
1時間遅れの14:30に飛行機を降ろされたの。

そして、更に遅れること1時間。

やっと別の飛行機に乗り換えたんだけど、
それから更に1時間以上遅れ。
結局、予定より3時間以上遅れての離陸。
この時点で、かなり疲労度大。
しかも、実は前日、朝の5時に寝たもんだから(笑)、
ヘトヘトに拍車がかかり。

ったく、ストなんかすんじゃねーよ!

と思わず、ボヤきました(笑)。
でもまー、離陸したときは、ホッとして、
思わず、画像なんぞ撮ったりした。
 
TOKYO 
 
北海道は、まだ雪がぁー(笑)。
3月の割には、多いよな~。

で。

東京滞在中のことは、また明日以降書くけど、
帰りの便も、また遅れてさー。
今日は、羽田が悪天候ってことで、
ダイヤが乱れたらしい。
まずツイてない(笑)。
しかも、3連休最終日で、空港は人でごった返し。

TOKYO 
 
少し、ってか、かなり早めに空港に行ったので、
すごーく長い時間待たされた気分。
やっぱ、電車にすればよかった・・・とか思ったよ(笑)。
↑それもどーさ?

そんなんで、今回は、往復が疲れた。
中国で働いていたときの8時間遅れよりはマシだけど、
ますます飛行機がキライになりそうだ。
あ、高所閉所恐怖症とかじゃないよ。
面倒なので、キライなだけ。

あ、そうそう。

今回は、大学院の友達の家に泊めてもらい、
超お世話になった東京DAYSだったの。
普段大学院で会うのとは、
ちょっと違うなーと思った。
いい意味で、ね。
とっても楽しかったぁ。

てことで、ありがと~!
またきっと行くと思うけど(笑)、よろしくね♪

さて。

研究会も終わり、日常生活再開。
毎日、研究の夢、しかも同じ内容で、
うなされているので(笑)、
明日から気合いを入れ直し、頑張ります。

続きは、また明日以降書くので、
遊びに来てくださーい。

ではでは。


blogランキング

 ↑戻ってきたポチりをよろしくです♪


 ←こちらにも参加中です。


オー!テリボー!

 
butterbur sprout 
 
 
明日、飛行機に乗るアタピ。
明日、飛行機に乗る、猫ハハのフレンド。
明日、飛行機に乗る、猫イモのボーイフレンド

なんで、みんな、同じ日なの?

しかも、航空会社も同じ。
時間も、非常に近い。

ということで、あたしは明日、空港まで、
猫イモのボーイフレンド君と一緒に行くことになった。
あたしにとってその道中は、
必然的に過酷な時間となる。

なぜならば、あーなぜならば。
猫イモのボーイフレンド君は、

ギャイ国人さん!

♪恋人は がーいこくじーん
 背の高い がーいこくじーん♪

って、それは、サンタクロースだろ。

いやいや、ふざけてる場合ではなく、
車中、ずーーーーーーっと英語ですよ。

ああああああ、気が重い。

彼は、英語母語話者ではないけれど、
超ペラペーラの外国人さん。
もちろん、猫イモは、ペラペーラだから、
彼とお付き合いしてるんだけど、
これがねー、もー、大変なのよ(泣)。

ネコチャーン、キミ ハ キョウ ドコ ヘ イクンダ~イ?
ネコチャーン、キミ ハ ナニ シニ イクンダ~イ?
ネコチャーン、キミ ハ イツ マデ イルンダ~イ?

て、そんな簡単なことだけけ聞かれるわけじゃないので、
もーねぇ・・・本当に大変(笑)。

とてもいい人なんだけど、
超ナチュラルスピードで話し掛けてくるからさ、
こっちは、聞きながら、次のこと考えたり、
たまにゃ、こっちからも聞かなきゃって、
まさに、意識的配慮をするわけで、
行く前から、神経がすり減る予感(笑)。
↑おおげさな

ま、そんなんで、急遽、
日本語が全くできない彼のお供をするような形で、
一緒に空港まで行くことになったのだ。

しかし、それにしても。

LAOのお姉さんの旦那さんも外国人
甥っ子も姪っ子も外国育ちで、ほぼ英語母語話者状態。
でもって、うちの猫イモのボーイフレンド君も外国人
猫ハハの妹の長女であたしにとってのイトコの彼も、
フラ語を話す外国人

こんな面々が、みなが一斉に集まった日にゃ、
両方の親は、本当に大変だと思うよ。

つーか、いつから我が家、
こんなに国際的になったんだか・・・。
猫ハハも、

「お母さんも、英会話に行かなきゃだめかしら?」

と、最近言うようになった。
お話好きな彼女にとって、語学という壁のせいで、
コミュニケーションが取れないということが、
非常に寂しいというか、自分だけ、
オイテケボリになった気分になるらしい。

本来なら、日本語だけで生き抜けるはずだった彼女にとって、
このような事態は、まさに想定外。
60歳を過ぎて、英語を始めるのは、さすがに辛いご様子。

そらーそーだよね。
あたしだって、イヤだもの(笑)。
↑おめーは別だろ

ダメ院生と言われてもですね、
話すほうは、本当にイヤなんざんす。
論文を、必死に読む方が、ずーっとずーっとマシだ。
↑それ、あなたのお仕事でしょ?

ま、ダメっぷりをこれ以上ご披露しても、
あまり意味がないので、やめますが。

そんなんで。

微妙に国際的な家系になりつつある猫家の影響を受け、
明日は、ボーイフレンド君と一緒に空港へゆくのです。

てか。

予想通り、今日、2度目の更新だ(笑)。
やっぱ、ブログは夜に書く方がいいな。

あ、そうそう。

昼間、お墓に行ってきたんだけど、
びっくりするほど、雪が残ってて。
遭難した人が、雪をかき分け前進するかのごとく、
猫ハハとあたしは、太ももくらいまで埋まりながら、
猫家のお墓を目指して歩いたのよ。

で、お墓にたどり着いて、雪かき、
そして、また雪かき。
おかげで、しっどい疲れた。

今日は、この雪かきの他にも、
こめかみの血管が青く浮き出そうになるような、
そんな出来事があったり、
理不尽というか、残念というか、
そういうお知らせも耳にしたりして、
実は、ブログに書いている文面よりも、
かなり、気持ち的にはすぐれなかったりするんだけどね。
ま、そんなことをいっても仕方ないので、
元気に書いてますが(笑)。

てなことで。

あわわ、こんな時間。
まだ、ひとつも準備してないので、
これから、始めます。

ちなみに。

明日から日曜日まで、インターネット環境がありません。
もしかして、もしかすると、ネットカフェとか行くかも?
だけど、今回、可能性は低いかなー。
だので、しばし更新できないかもしれませんが、

あたしのことを忘れないでください!

って、違うだろ。
すみません(笑)。

たまに、ちょっと覗きにきてみてくださいね♪
帰ってきたら、珍道中日記を書きます(笑)。

ではでは、行ってきます!


blogランキング

 ↑留守の間も、ポチっとヨロシクです♪


 ←こちらにも参加中です。


飛行機、ストライキ?

 
TOKYO 
 
 
ホニャララ乗員組合ならびにホニャホニャ乗員組合は、
春期諸要求に対する会社回答を不満として、
3月18日(水)0時より24時まで、24時間、

全面ストライキを計画しております!

って、おいおいおい。
3/18(水)って明日じゃん。
明日って、あたしが飛行機に乗る日じゃん。
てことは、なに?

東京行けないのかい!?

と、朝から、軽い目眩に襲われた本日火曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、これからおに行ったり、明日以降の準備をしたり、
まだ引き続いている発表会の残務処理等々があるので、
少し早めの更新。
とかいって、夜も更新したりして(笑)。

つーか。

飛行機さ!
ちょっと、あんまりハムニダじゃないの。
そりゃメイヨーじゃないの。
ひどすぎトぅーマッチじゃないの。

てことで。

そらもー大至急、航空会社に問い合わせましたよ。
明日、搭乗予定なんですけど、
アタピの乗る飛行機も、ストライキで飛ばないの?って。
そしたら、電話のおねーさん、

東京⇔札幌間は全便通常運行です♪

って答えたくれた。
ああ、よかった。
本当に、よかった。

国際便は全便通常運行だって書いてたんだけど、
そういう意味では、北海道も海の外。
船以外の代替手段がないものねー。
飛ばなきゃ大変なことになるよねー。

ということで、無事、行けそう(笑)。

あ、ちなみに、今日の画像は、
ちょうど、1年前に行ったときに撮ったもの。
たぶん、ブログにも載せてるな(笑)。
ま、い~や。

さて、とっととおに行って、
雪かきしてこよー。
もうすぐお彼岸だからね。
早くを掃除に来い!
と、亡き父が怒ってそうだ(笑)。

ではでは~。


blogランキング

 ↑ブーコのオシリをポチっとヨロシク♪


 ←こちらにも参加中です。


省みる。

 
colloquium 
 

昨日、ずーっと準備してきた発表会が終わった。
今朝は、緊張から解放されたせいか、
どっと疲れがでて、体がだるかった。

発表そのものは、その瞬間が来ればイヤでも終わる。
終われば、とりあえず、「終わった」と感じられるけれど、
「やっと終わった」とホッとはできない。
中には、「とりあえず終わった♪」という人もいたけれど、
あたしはそんな気持ちには全くならなかった。
それよりも、足りないことがあまりに多くて、
これはいかん、ということを痛感していた。

発表は、決してよかったとはいえないし、
むしろ、反省点だらけといっても過言ではない。
だから「終わった」と感じられないのでは?
と言われれば、確かにそうかもしれない。
でも、何事も勉強だとよく言われるように、
昨日はそういう意味で、とても勉強になった。

やってみなければ、わからないことがある。

当たり前のことだけれど、やらないと、
実感できないことがたくさんある。
昨日、そういう機会に恵まれたおかげで、
自分が必要としていることの一端も見えたし、
次にすべきことも見えてきた。

何がわからないのかを明らかにすることは、
とても大切なことだけれど、
わかったつもりになっていると、見えなくなる。

そう感じたのは、
自分が発表して感じた結果だけではなく、
同じM1の人がした発表を聞けたからだと思う。

その人の発表は、
研究内容自体も面白そうだったし、
プレゼンの仕方もわかりやすかった。

その人が悩んでいたことを知っている分、
本当に頑張ったんだなと思ったし、
わからないことを正当化せず、
納得するまで、諦めなかったことが、
方向を決められたんだろうな、
とひとり勝手に思いながら、
同時に、本当にいい刺激を受けた。

あたしも頑張らなくちゃ。

そんな感じで、発表会のおかげもあって、
今週参加する関東での研究会では、
去年とは違った目線で参加できそうな気がする。
そして、戻ってきたら、また先生に相談に行こう。
(よろしくお願いいたします)

そんなんで。

昨晩は発表会の後、打ち上げに参加。
解散後は、そのままお友達の家泊めてもらい、
またまたお世話になってしまった。

いつもどうもありがとー!

といいつつ、東京でもお世話になる、
このズーズーしさ。

このお礼は、必ず!

って口だけ番長にならないよ~にしなきゃ(笑)。
やっぱり、うちに泊まりに来てもらお~。
ブーコと一緒に、待ってます♪

さて。

さすがに今日は勉強なし。
っと決めたのに、でも、なんだろう、
このやりたい気持ち(笑)。
参考文献を読みあさりたい衝動。
どーせ、今すぐやったって、しょうがないのに、
ウズウズする(笑)。
アホだなぁ。

てことで。

まずはシャワーを浴びて、
ナノなの~♪して(笑)、
余力があったら、本を読もう。

ではでは、また1週間、
頑張りまひょォ~。


blogランキング

 ↑ブーコのしっぽをポチっとヨロシク♪


 ←こちらにも参加中です。


思考の型。

 
ついに、発表前日に突入してしまった、
13日の金曜日の真夜中。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

って、もー寝ろってね。
すみません。

さて、今日は、久々に画像無しです。
画像のストックもなければ、
編集するのも、ちょっと・・・、
という感じなので・・・っていうなら、
ブログを書くな、なんだけど、
ま、そこらへんは、気にしないで♪

さて。

今日も大学院へ行ってきた。
本日は、ゼミDAY。
発表の練習をさせていただいた。

しかし。

あたしの頭は、カタイ!
しかも、理屈っぽい!

嗚呼・・・。

院生の友達に言われて思ったけど、
ほんと、自分の「」ってあるんだね。
こーやって、こーいって、こーすれば、
こ~んなふうに展開できてぇー、
みたいな思考というか。
そこら辺の柔軟性が、あたしの場合、
著しく欠如している。

たぶん、それは、この発表に限ったことではなく、
考えやすい方向、というか、考えやすい傾向、というか、
それぞれの中に、そういう思考ってあるんだろうね。
ネガティブか、ポジティブか、というのではなく、
展開のしかた、というか。
そして、そういうは、意識化するのが難しく、
たとえ、紙に書いて可視化したとしても、
気がつけるものとも限らない、と思う。

だからこそ。

人の前で、意見や考えを言い、それに対して、
他の人から意見をもらうことが、大切なんだろうね。
新たな見方が提供されて、それが自分でも理解でき、
取り込まれていくことで、また新しい見方ができたり、
逆に、その時々で必要ではないものは、
一旦、保留されたり、他のものと統合されたりする。

そう思えば思うほど、
的確に指摘してくれる人が周りにいることは重要で、
ゼミのような機会があることを、本当にありがたいと思う。

ま~、そんなんで。

思考をぶち破り、また作って、またぶち破り、
を繰り返さなきゃなーとか考えつつ、
帰宅して、洗濯物を干したりなんだりしていたら、
時刻は既にいい時間になっちゃってた。
それからPPTを作り直し。
今日の発表で、レイアウトが崩れたりしてたから、
もう少しシンプルにすることにしヤシタ。
どうせ、大幅に入れ替えなきゃいけないから、
それならいっそ、作り直した方が早いので。

でも。

さすがに、今宵は頭が回転が思わしくない。
結構、いい勢いで脳を使ってしまったせいか、
脳の一部が、

「オーバーヒートしてまーす」

と叫んでいる。
そらそーだわな。
限りあるあたしの思考エネルギーを、
結構な勢いで使用したし。
↑限りありすぎだろ

けれどもー。

そんな流暢なことはいってられないのだ。
何せ、発表まであと1日。
時間は待っちゃーくれねーぜ。

そして。

土曜日は、朝の6時半には家を出て、
夕方の6時まで発表会、そのあと打ち上げ、
という超ハードスケジョー。

大丈夫かしらーん、あたし~。

たぶん、土曜の夜のあたしは、要介護。
ゼミのお友達に、言っとかなくちゃ(笑)。
↑何を?

さて。

もう一踏ん張り、バリバリユーバリ、
マックスバリー、頑張るか。
↑バリューだし

・・・おやじかよ。

いや、おばはんだった・・・。


blogランキング

 ↑あなたのポチリがあたしを救う!


 ←こちらにも参加中です。

もうすぐ、東京。

 
SAKURA 
 
あーら、気がつけば、真夜中ぁー。

って、昨日と同じ書き出しじゃないの。
もー、イケてないったらありゃしない。

つーか。

今日は、久々に化粧もせず、
午後からびっちり画面に向かっていたのだ。
土曜日発表のPPTを8割、たぶん8割(笑)、
なんとか終わらせた感じ。
後は、先行研究の欄をもう少し整理すると、
とりあえず、形にはなる・・・はず。

てか、とりあえずって・・・。

やっぱり、理論を語れないんだよねぇ(泣)。
前回まで使っていた理論なら、言えるんだけど、
今回は、まだそこまでレビューもしてないし、
むむむ無理だ・・・。
枠組みは、ここらへんでーす、っていうのも、
どうなの?とか思いながらも、
気持ち的には、

すみません!合宿まで待ってください!

というのが本音。
もちろん、残りの時間で、できるところまではするけど、
なかなかね、難しいもんだわさ。

って、研究の話はここまでとしてぇ~。

気がつけば、来週はもう東京なんだよね。
わぁ~、早いなぁ。
恐ろしい勢いで、毎日が過ぎている。

で、そうだ、ひとつご報告。

電車で行く関東ツアー(いつからツアーだよ?)が、
飛行機に変更になりヤシタ(笑)。

ドナドナドーナ~ド~ナ~♪

のはずが、ひとっ飛びに(笑)。
ちょっと色々事情がありましてですね、
当初より、若干予算オーバーしているのですが、
飛行機にあいなりましたです、ハイ。

でも、さすが3連休。

高いし、選択肢ないし、めっちゃ厳しかったよ。
てか、最初から、飛行機にしとけば、
こんな苦労はなかったんだけどね(笑)。
まーしょうがない。
次回への反省項目としてあげておきます。
↑反省どまり

てことで。

今回の東京は、超タイトなシュケジョーに拍車がかかり、
エンジョイマイライフってわけにはいかなくなった(笑)。
↑遊びに行くわけじゃーないでしょーに。

いや、そうだよ、もう全然遊びじゃないわよ。
飾りじゃないわよ涙は、ばりに、
遊びじゃないわよ。
↑飾りじゃない「のよ」だし・・・

てか、昭和、炸裂させてしまいましたわ。
失礼。

つーことで。

この週末を乗り切れば、嗚呼、乗り切れば、
やっとこさ、心が少し、軽くなる。
そのためには、少しでも実のある発表をし、
次に繋げられるようにしなくっちゃ。
発表会が終わったら、打ち上げもあるしね。

飲むぞォーーーーーーーーーーーー!
↑また飲む話かよ・・・


blogランキング

 ↑愛のポチリで元気注入ぅー♪


 ←こちらにも参加中です。


やらねばならぬ、何事も。

 
buko 
 
あーら、気がつけば、真夜中ぁー。
ミッドナイトー。
ミッドじゃなくて、レイトォー?
↑意味がわからない・・・

てか、ブログなんて、更新してないで、
寝なさいよォーの時刻。

なんだけど。

ちょっと休憩にブログ
やっぱ、気分転換せねばねぇ。

何せ、今日は、週末に控えた研究経過報告会の、
資料を作ったり、パワポを作ったりしつつ、
日中、雑用でお出かけしたり、
銀行に行ったり、途中、電話がかかってきたり、
で、全体的に、気忙しい1日だったのだーよ。
よって、この深夜の時間が、
ある意味あたしのフリータイム。

あ、そういえば。

全然関係ないんだけど、
今日、何気にアクセス解析をみたら、
あるところから、えらい人数がやってきていて、
とってもてもても、驚いたの。

で。

どこからかそんなに人がきたのか?
というと、↓こちらから。

今日の新曜社さん

以前、ゼミのレジュメの最後に、
新曜社(笑)」と打ったあの事件の、
新曜社さんである。
その記事は→こちら

とくに、何かを取り上げられたわけでもないのに、
どうして、今日に限って、こんなにいっぱいの人が、
このしょぼしょぼブログにきたのだろう?と、ちょっと疑問。
まー、リンクで飛んできてビックリ、だと思うけどね。
なんだよ?このブログはよー、と。

さてと。

今宵はさすがにゆっくりブログを書く時間はなさゲだ。
研究発表会の流れはだいたい決めたんだけど、
先行研究との付け合わせ、枠組みとしての理論が、
かなりグラグラしてるので、そこら辺をどうするか、
そして、それをどういう順番で伝えるか、などなど、
もう少し、考えなくてはいけないのだ。

更に。

新学期から、TAのアルバイトをするんだけど、
そのための提出書類を、まだ作成していない、
ということに気がついてしまった(笑)。

加えて。

先日、勉強会に行った日本語教育関係のHPを、
まだ、更新していないということも思い出してしまい、
そんなことしているうちに、リンク変更の依頼もきたり、
あ、ニューズレターの原稿も書かねばならないんだった。
そういや、この間の運営委員会の議事録って、
どーなってんだ?????

次々、いろんな思い出して、あわわわわ状態だ(笑)。
つーか、やっぱり、最近のあたし、

激しく、前倒しができないようになっている!

おかしいなぁ。
ここまで、ギリギリ人間じゃ~ないはずなんだけどなぁ。
↑うそコケ

ま、いいや(笑)。
順番に片付ければいいだけの話だもんね。

そう、実行あるのみ!

特に研究は、自分との戦いだよ。
考えて、それを伝えて、指摘され、意見をもらい、
また考えて、再度組み立てて、また伝えて、
そうやって、悩みながら、みーんなやってるんだよ。

そんな、簡単なことじゃーないんだよ。
簡単だったら、みんな、苦労しないんだよ。
甘えちゃ、いかんぜよ、だよ。

ね?azuちゃん(笑)。
↑そっちにふるなってね

とかいいながら、去年の合宿の資料を見て、
「なんか、去年の方が、まともっぽくね?(←バカっぽい)」
とか思ったあたしって、成長してないかも~(笑;)。

いや、でもメゲませんよ、そんなことぐらいじゃ。
もう、くじけませんよ、多少のことでは(笑)。

てことで。

もう一踏ん張りして寝よォっと。
ではでは、まった明日ぁー。


blogランキング

 ↑ブーコのお尻を、ポチっと押してぇー♪


 ←こちらにも参加中です。


メールとビビンバ。

 
automatic car-washing machine  
 
 
メールは、油断するとすぐたまる。
もらったら、なるべくすぐに返信しないと、
古い方から忘れてしまいそうになる。

これが仕事なら死活問題。

しかし、友人知人であっても、その関係性によっては、
失礼になったり、軽いもめ事になりかねない。

メールの存在は、友達とのやりとりに限っては、
若い子たちほど、重要なツールではないけれど、
送受信の相手によっては、目も当てられない、
なんてことになり得る恐ろしい連絡手段。
音声が伴わない分、言葉を間違えると、
失礼になるだけではなく、不愉快に思わせてしまう。
全然、ニュアンスが伝わらないときは、
嫌みに感じさせてしまったりすることもある。

書くことは、難しいのだ。

と、以前にゼミでも話題になったけど、
本当に、難しい。
ブログを書くことも、決して簡単ではなく、
いや、難しくはないけれど、
何かを伝えたいと思うときは、
どの言葉を使い、どう表現し、
どう組み立て、文章を構成するか、
を考えなければ、思うようには書けない。

これが、メールとなると、その難しさは、
単なる表現だけではなく、
相手との心的距離、関係性、属性の他にも、
昨日のブログに書いたような、ナニを表現したいのか?
なども関わってくる。
更に、依頼なのか、断りなのか等々、
機能別に言葉を選ばなければならず、
その中で、伝えたいことを表現しなければならない。

これが簡単だ、と言えない理由の一つ。

だから、あたしはメールを打つのに時間がかかる。
特に、先生には失礼はないよね?
と、何度も見直してから送信するし、
(↑その割りには誤字が多い)
心的距離の遠い人には、ちゃんと伝わるかな?
と、考えて打つので、作業が鈍い。

だから、ここ最近、メールにすごく時間がかかる。
なにせ、毎日毎日、あたしにとっては結構な量を打つからだ。

大学院関係の連絡事項から始まって、
研究関係のお願いごと、そのお返事、またはお礼、
他にも、日本語に関する作業やちょっとしたお仕事、
加えて、プライベート。

ワクワクするような楽しいメールなら、
どれだけ打ってもいいのだけれど、
そうは問屋が卸さないわけで。

そんなんで、今日もこれからメールを打ち、
そして、発表準備にとりかかる。
このところの進まぬ作業に、軽い焦燥感を感じつつ、
このグニャグニャしたなんともいえない感じを、
きれいサッパリ一掃してしまいたい、
と思う今日この頃なのだ。

そう、この間いった洗車場のように、
じゃばーっと心と頭を洗っていただきたい。

automatic car-washing machine  

ついでに、ワックスもお願いします。
みたいな感じで。

さて、そんな不可能なことを言ってないで、
そろそろ始めるか。

おっと、その前に。
今日の夕食ネタを(笑)。

実は、今日、自宅で↓コレを作ったのだ。

石焼きビビンバ 

ちょっとボケてるけど、これ、石焼きビビンバ
いやー、旨かった。
自分で作っておいて、なんだけど(笑)。

実は、以前から、この石焼きビビンバ用の鍋(っていう?)
はあったんだけど、初めて使うときは、
野菜屑を入れて炒めてーとかしなくてはならず、
ちょっと面倒で、放置していたのだ。

でも、ほら、あたくしこの間、
ナノなのー♪とかいただいたし、
少し頑張らないと、と思って、

自宅で石焼きビビンバ

手間はかかるけど、美味しかった。
やっぱり、料理は手間暇かけると、
美味しく食べられるのねぇ。

あと、ついでに↓これも。

手作り餃子

餃子、90個作り(笑)。
もちろん、今日一日で食べたわけではなーい。

このまーるく焼くやり方は、
親友のmioちゃんに教わったんだけど、
それ以来、我が家では、ずーっとこの方式。
しかも、パリパリ感もあって、食感がいい感じ~、
なので、お気に入り。

もちろん、上の2つは、自宅で食べる割には、
美味しくできた、って話ですよ(笑)。
お店のようには、なかなかいかない。
↑当たり前

でも、石焼きビビンバは、もう少し美味しくなるよう、
色々調べて、リトライしたい。

てなことで、まずはメールを打つとするか(笑)。 


blogランキング

 ↑石焼きビビンバに愛のポチリを(笑)。


 ←こちらにも参加中です。


応え方。

 
snow 
 
 
3月だというのに、この積雪量。
今年は本当に雪が多い。
というか、ダラダラと降り続けている。
今日、札幌に行く用事があったのだけれど、
地元でも、札幌でも雪が降っていた。

春はイズコ!?

というわけで、気がつけば、
もう週末になってしまった本日土曜日。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

そんなんで。

今日は、日本語教育関係の勉強会があり、
札幌へ行ってきた。
勉強会といっても、あたしは運営委員なので、
純粋にただ参加する、というわけではなく、
午前中は委員会、午後は勉強会の受付など、
ちょっとぱたぱたと忙しい日だったのだ。

んで。

今朝は、久々に早い電車に乗車するために、
家を出たのだけれど、これがまたギリギリで、
駐車場から駅まで、なりふり構わず、
猛ダッシュで走った。
あと少し、というところで、発車時刻まで、

あと40秒。

あわわわわわ。
死ぬ。

でも、コレに乗らなければ、大変なことになる、
と、フラフラになりながら改札をくぐり、
ホームにたどり着くと同時に、
電車の扉が開いた。

ギリギリセーフ。

って、最近、言わないフレーズだな(笑)。
ま、ともかく、何とか無事乗車したんだけど、
これまた、電車が激コミで。
ずーっと立ちっぱなし。
その間も、ゼーゼーハーハーいって、
超カッコ悪かった・・・。

と、まーそんなことは、
自慢にも何にもならないのだけれど。

話を戻して。

今日の勉強会は、今年度最終回。
今回は、meの大学院先生が講師だったせいもあり、
いつもと違う人が多く集まった。
↑ナニ人だよ?

中には、何度かサマースクールでTTをし、
とってもお世話になった先生とか、
出身大の恩師もいらしていて、
半年ぶりぐらいにお会いしたのだけれど、
なんか、えらく久しぶりな気がした。

勉強会に参加する面白さは、
もちろん、その勉強会の内容にもあるんだけど、
それだけではなく、こうやって、人が集まること、
それ自体にもあると思う。

講師の先生の前では、一応、みな平等に聞き手であり、
学生でも、院生でも、大学の現職の先生もで、
講師の先生から質問されれば、それに答える。
答えの成否よりも、今日は、人それぞれ答え方、
いや、応え方、と書いてもいいかもしれない、
そういうのが、とても興味深いと感じた。

この勉強会だけではなく、人の応え方をよく見ると、
その人が、今、その場で何を一番伝えたいのか、
というのがわかる気がする。

でもそれって、性格じゃないの?

と言われれば、確かに、そうかもしれない。
でも、性格だけではなく、その場その場で、
今一番自分が表現したい、もしくは、アピールしたい、
というのは、性格よりももっと具体的で、
変化しやすいもののような気がするのだ。

例えば。

質問の内容が、「こんなときどういいますか?」
のような言葉の表現についてだったとしよう。

ある人は、より、正確な表現を答える。
ある人は、より、易しい表現を答える。
ある人は、より、文学的な表現を答える。

このとき、意識されているか否かはわからないけれど、

「私は物事を正確に知っているのだ」
という知識に関する表現だったり、
「私は人にわかりやすいように伝えたいのだ」
と伝達能力からの表現をしたり、
「私は表現力があるのだ」
という感性を強調して表現をしたりしている、
と捉えることはできないだろうか?

もちろん、いつも、ではないし、
必ず、でもない。

でも、ある場面において、きっと、
能力を強調したり、所有量を示したり、
属性を表したりすることがあるように思う。
それは、性格だ、ではなかなか説明しにくい。

どちらかというと、自分をどのように呈示するか、
どう見られたいか、あるいはどう見られたくないか、
ということが秘められていると思うのだけれど、
それは、応え方となって表に出ることがある、ということ。
だから、それを観察するのは、とても興味深い、
と思うのだ。

で、あたしは?

と考えると、これが、なかなか難しい。
歩く主観ちゃんなので(笑)、
自分勝手な解釈になりがち。
ほんと、人に言われないとわからない、
ということが、たくさんある。
ただ、思うのは、人に言われたとき、
素直に聞き入れられる人になりたい、ということ。
中途半端にオトナだと思って生活すると、
変なところで、素直に聞き入れられなるから。

そう考えると、
どうやって応えるか、が、呈示的ではなく、
自然に、いい雰囲気の人を見習わなくては、
とつくづく思う。
そう、そういうことができる人は、確実に、

聞き上手。

聞き上手じゃない人は、話が異常に長かったり、
いつも自分のことばっかり話す傾向が見られるよね。

「あの人は、あーだから、言っても無駄だよ」

なんて言われないようにしなくちゃ、と思う。
自然な応え方のできる、オトナになりたいわー。

ってか、もう既にかなりいいオトナなんだけど(笑)。
これは年齢には関係ないからねぇ。

てなことで。

書いたなぁ~、ウダウダと、
さーって、今宵ももう一踏ん張りするか~。
あと1週間で、研究報告会だんだよね。

嗚呼・・・やばいな・・・。


blogランキング

 ↑いいオトナのブーコにも、ポチッとよろしく。


 ←こちらにも参加中です。


超サプライズ!

 
イオンスチーマー 
 
 
キレイなお姉さんは好きですか?

というコピーで、旧ナショナル現パナソニックの、
美容シリーズが発売されたのは、いつ頃だっただろう?
気がつけば、そのシリーズの商品をいくつか愛用していた。

しかし、最近は、研究のことばかり考え、
ちょっと油断すると、すぐにオンナを忘れ、
すぐにボロ雑巾化する日々だった。

そんなある日のこと。

我が家に宅急便が届いた。
少し大きめの段ボールの箱に貼ってあった伝票には、
LAOの名前が受取人として書かれていた。

何を買ったんだ?
聞いてないぞ?
また釣り道具か?

なにせ、彼は、お高いフライ用のロッドを、
そーっと買ったという過去がある。
もちろん、購入した数日後、その事実を教えてくれたが、
そんな前歴もあって、またか?と思ったのだ。

仕事が終わった彼から電話があり、
荷物を届いたことを伝え、何頼んだんだ?と聞くも、
「まーいいから」といって教えてくれない。
それを聞いて、まーいいや、と思ったあたし。

しばらくして仕事から彼が帰宅した。
そのとき、あたしは夕食を作っていた。
その後、何も知らないで部屋に行くと、
机の上に、なにやら見たことない箱がおいてあった。
そこには、日中届いた宅急便の箱から出したと思し召し、
↓こんなものがおいてあった。

イオンスチーマー 

ななななななーーーーーーーんと。

日中、届いた宅急便は、LAOがあたしのために注文した、
今日の画像の、イオンスチーマーだったのだ。

超サプライズ。

なぜ、彼がそのようなものをくれたのか、というと、
つい先日、あたしたちの、
the day that we had our marriage registered
があった。
彼は、その日にあわせ、用意していてくれたらしい。

あわわわわわわわ。

もちろん、あたしはなーーーーんにも用意していない。
週末に、ご飯でも食べにいくかー、くらいなもんで。

ひ、ひどい。

本当になんてひどいパートナーなのでしょう、
あたくしめ。
これでまた、ひどい猫vs優しいLAOの構図が、
明確になった感じ。

しかし、嬉しい贈り物。
ほんと、感謝です。

こういうものって、自分では、欲しいけど、
なかなか手がでない。
あたしは今、大学院に行かせてもらってるし、
ほれ、東京だの、ほれ、どこだのって、
色々行ってるし。
今回は、さすがに、もう少し考えようよ自分、
と反省しました。

で、ニヤニヤしながら、箱を開け、
これは、ブログに書かなくちゃ、
と、画像を撮り。
↑何でもブログネタかよ

イオンスチーマー 

開けてみると、意外と大きく見えた。
実際、立てておいてみると、
それほど場所もとらないし、
こぢんまり見えるんだけどね。

で。

早速使ってみた。
いやー、純粋に、気持ちが良い(笑)。
毛穴の汚れが落ちる感じ?みたいな。
画面の前に置いて、ネット見ながらナノケア

あら、なんか、い~感じ?

いや、気分のせいかもしれない(笑)。
実感するには、早すぎる気もするから。
でも、ほんと、コレいいかも?と思う。
コレを使って、肌の代謝が上がり、
シミとか消えればいいのに。
↑あまい

つーことで。

ナノなの~♪とか言いながら、
ナノケアしてます(笑)。
これを使って、実年齢より5歳は若く見えるように、
ケアしてこー。
↑あほか

いやいや、大事に使わせてもらいます。
ほんと、ありがとーでした。

てか。

肌が心配なら、早く寝ろ、だ(笑)。
まー、それはなかなか厳しいけど、
少しでも身綺麗に保てるよう、心がけなくちゃね。
今日テレビでやってた整形の番組のように、
顔をいじれはしないけど(笑)。

さて。

これからまたやること満載だぜ。
今日は、ゼミから帰宅した後、
方々へ20件近くメール打ったり、
ちょっと資料をまとめたりしてたので、
本格作業はこれからなのだ。
明日はいつもより超早起きして札幌だし。

てか、この悪天候、日曜まで続くらしいんだけど、
あたし、明日、無事札幌にたどり着き、
そして帰宅できるのかしら・・・。
怖い。

ま、いいや。
まずは、やっちまおー。


blogランキング

 ↑あなたのポチッとがナノなの~♪(意味がわからない)


 ←こちらにも参加中です。


フリーチケット。

 
フリーチケット 
 
 
怒髪天が歌う吉田拓郎の「落陽」を聴きながら、
ちょっと早めのブログ更新。

この曲、もともと聴いていたジャンルが違うこともあって、
リアルタイムで聴いていた記憶はないのだけれど、
耳にしたことはあったし、なんとなくは知っていた。
でも、改めて歌詞に注意を払うと、情景が浮かぶ、
なかなか良い曲だなぁーと思った水曜日。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は偏頭痛が炸裂していて、
頭はボーっとするわ、苦しいわ、で、
昨日考えていた予定が、音を立てて崩れたんだけど、
それでも、チケットだけは、なんとしても購入しないと、
と思い、地元の閑散としたツインクルプラザで、

無事、フリー切符購入。

行きは、北斗星に揺られ、東京へ向かう。
所要時間、ざざざっと14時間(笑)。
中国で乗って以来の寝台車であーる。

北海道へ帰るときは、
新幹線→特急→深夜青森発早朝地元着の急行、
という恐ろしいスケジュールに決定。

しか~し。

八戸→青森間の特急の指定席が、取れなかった・・・。
下手すると、この区間は自由席で、座れないかも?
最終日でヘトヘトの体で、立ちっぱなしもあり得る。
ただ今、この区間のキャンセル待ち中ぅ~。
てことで、ほんとね、何ごとも、

前倒しすべし!

って、いつも同じことをいう学習能力のないあたし。
いや、違うの違うの、学習能力じゃないの。
これ、地味に、性格の問題だと思う。

あたしは、突発的な予定に対応したい、
という気持ちが強いので、
なるべくギリギリまで決めたくない、
とか思ってしまうのだーよ。
もちろん、私的なことに関して、だよ。
人と会う予定がいきなり入っても、対処できるように、
行きたいところが増えても、融通が利くように、
みたいなね。

公私の「公」に関しては、
割と備えあれば憂い無し、
備えあれば嬉しいな~、
でいきたいタイプ。

・・・でもないか(笑)。

最近は、変わったなぁーと思う。
前は、ともかく、早め早めに用意したい、
って気持ちが強かったんだけど、
この頃はひどいもんで、時間だけではなく、
何でもかんでもギリギリもギリギリ、
ギリギリガールズ。
↑だから、ガールじゃないっつーの

この現象をよく解釈すれば、
それだけ準備しなくても挑める度胸がついた!
といえる・・・かも?(笑)
↑いえねーよ

だよね~。
ギリギリは、何かあったときに対応できない、
という事態を生み出すので、やっぱし、よくないわな。

ま、そういうわけで。

あたくしの東京行きは、無事、決定。
あとは、それの資金を無事調達できれば、
問題なし♪・・・って、

お金ないくせに、行くのかよ!

あ~はははーのはぁーだけど、
金は天下の回りもの、っつーじゃない?
回るのさ。
いや、回すのさ(笑)。

ええ、なんとかします。
↑まずテキトーだな

そうなの、こんなにテキトーなのに、
大学院の人には、

「猫さん、キチっとしてるよねぇー」

なんて言われてしまうから、困るの。
人は、ほんのわずかに見える局面だけで、
その人をカテゴリ化するのです。
ええ、あたくしも例に洩れず、ですが。

ま、んなことは、どーでもいいか(笑)。

最後に、フリーチケットの画像をもう一枚。
この区間もフリーなの♪
もちろん、JRのみだけどね。
 
フリーチケット 

飛行機が苦手なアナタ!
こういうプランを利用して、
北海道へ、カモーン、です(笑)。

さて、アホなことばかりいってないで、
そろそろ、始めるか。
っといいつつ、気がつけば、
晩ご飯の支度の時刻だし、
それにしても、頭が痛い・・・(泣)。


blogランキング

 ↑ポチっと押して、カモーン北海道


 ←こちらにも参加中です。


早くしろっちゅーの。

 
idly 
 
 
今日、札幌へ行ってきた。
授業を受け、研究室に寄り、
その後、所用を済ませ、
電車までのわずかな時間で、
ATMで通帳を記帳し、
残高が変わらないことに不安を覚えつつも、
駅のツインクルプラザに立ち寄った。
そして、ビックリ。

東京から戻る際の寝台車に空きがない!

あーあーあーあー。
だから~、さっさと予約しろっちゅーの。
飛行機は高いから、お得なフリー切符で♪
とか張り切ってたのに、
帰りは過酷な電車の旅になること決定じゃない。

青森→札幌方面は、急行はまなすの予感(笑)。

まー、ブーブー言っててもしょうがないので、
明日、購入してこようっと。

って、まだ買ってないのか!

だって、つい先日、ツインクルプラザに電話して、
座席の確認をしたら、そのおねーさん、

「100席以上、空いてますよ♪」

って言ってたんだものォ。
だので、油断してました。
かなり、油断してました。
でもって、今日は、
予約するほどの時間はなかったので、
空いていないことだけ確認して、
札幌から戻ってきました。

でも、大丈夫。

ちゃんと行く方法はあるし、
てか、絶対行くし。
這ってでも行くし。
↑それは無理でしょ

あ、そうそう。

話は変わるけど、
今日は関東地方でが降ったんだね。
傘が重くなるんだ?
って驚いている人がいたけど(笑)、
ふだん、が降らない地方の人にとっては、
どーなんだろうね?
嬉しいものなのかしら?

今年、記録的な積の我が町では、
もう、がちらつくだけでも、
かなり気分が沈むんだけどね。

そういや、こんなに豪でも、
就職活動をしている学生は、
黒いパンプスを履いて、
キャンパスを歩いていたよ。

お疲れちゃーん。

さて、他人様の心配もいいけれど、
自分の進まぬ研究発表をなんとかせーや、だ。
今、若干の焦燥感を感じつつも、
期待-価値モデルや達成目標理論の枠組みから、
学習者の価値の内在化にもっていけないかしら?
とか考えてはいるんだけどね。
これが、なかなか思うようには繋がらずぅー、で。
まだまだ勉強が足らんのォー。

さ~~ってとー。

明日は、チケットを購入して、
そのあと、頑張ってレジュメを作ってしまおう。
金曜日はゼミだからね。
それまでにまとめて、みなさんに、
ご相談させていていただこォ~。

ではでは、またアシター。


blogランキング

 ↑ブーコも応援(笑)。足跡に愛のポチリを♪


 ←こちらにも参加中です。


メタ認知。

 
signal 
 
 
3月だというのに、まだまだ雪深い今年の北海道。
今日、札幌あたりでは、横殴りの雪が降ったそうな。
まったく、いつまで冬が続くのやら。

さて。

今日は、清水の舞台から飛び降りるつもりで、
恥を忍んで、この話題に挑戦。
何かというと、

メタ認知

何度もご質問をいただいたので、
本当は、自信がないのですが、
書かせていただきます。

えーっと、ゼミのみなさん、
間違っているところがあったら、
バシバシご指摘ください(笑)。

そもそも。

メタ認知を定義すること自体、
勉強不足のあたしには、
限りなく透明に近いブルーばりに、
限りなく不可能なことなのだ。

なにせ、メタ認知を扱う領域は広範囲であり、
また、その領域により、定義のされ方が異なり、
まさに、メタ認知自体、多義なのである。

よって。

本日は、最近ゼミなどで読んでいる本、
こちら↓を参考にしながら、

   

さらっと、さらさらさらっと、
メタ認知について、書くことにする。

三宮(2008)によると、
メタ認知は、1970年代に現れた概念で、
これまで、意識心理学、認知心理学、発達心理学等々、
さまざまな領域で研究されている。

日常の中を振り返ると、自分の考えの矛盾に気がついたり、
何かの問題を解決する方法を自ら選択したりするなど、
通常の認知より高次な活動を、多くの人が行っており、
これは、まさに「認知の認知」、メタ認知である。

しかし、冒頭に書いた通り、定義や分類は統一されておらず、
現在もなお、多様な解釈が存在している。
三宮(2008)では、「メタ認知的知識」「メタ認知的活動」、
の2つに大別し、更にそれぞれ下位分類している。

たとえば。

メタ認知的知識には、
・人間の認知特性についての知識
・課題についての知識
・方略についての知識
などがある。

メタ認知的活動は、
・メタ認知的モニタリング
・メタ認知的コントロール
である。

と、書いたって、なんのこっちゃねん?
という話だわな。
ものすごく乱暴にいうと、

メタ認知的知識というのは、
自分は「何が得意で何が不得意か」という知識や、
「AさんはBさんより、こういうことがよくわかってるな」
のような人の比較に基づいた知識。
また、「人は目標がある方が頑張れる」のような、
人間一般に通ずるのような知識のこと。
あとは、「この場合、こういう方法をとると早く解決できる」
という方法(方略)の知識、とかも、ここに入る。

メタ認知的活動というのは、
自分が決めたことなどを行うときに、
「その行動がちゃんとできそうか?」
「無理じゃない?」など困難度を評価したり、
「その行動が、ちゃんとできているか?」
と自分自身でチェックしたり(モニタリング)、
そのあと、それができたかどうか評価して、
失敗や成功の原因を分析する、
などの行為を意味する。

って、ここまで書いて、もー疲れた・・・。
つーか、間違ってない?(笑)

まぁ、こんなことを書いても、
分かりにくい話で、
メタ認知を、日常の生活でいうならば、
自分自身を客観的に見るという行為、
といってもいいのかもしれないね。
↑いいのか?(笑)

自分の遂行を客観的に評価などできようはずがない、
と、Brown, A.Lは言ってるんだけど、
まー、ここでは便宜上、そういう感じー♪
ということにさせてください(笑)。
↑全然説明になっていないじゃない!

でも、ほら、人が何かに取り組んでいるとき、
その対象に神経が集中して、
その取り組みの進捗状況はどうか?とか、
うまくいっているのか?とか、
進んでない原因は何か?など、
全く考えられないときもあるじゃない?
そういう時は、まさに、メタ認知が利いてない、
といえるってこだよね。

時々、頭の切れる人、いるじゃない?
問題を発見したり、何かの原因を的確に指摘したり、
それに適した解決策を考えたりできる人。
たぶん、そういう人は、メタ認知が発達してるんだろうね。

ん?発達っていっていいのかな?(笑)

まーでもさ。
メタ認知がどれだけ素晴らしくその機能を発揮しても、
それは、あくまでメタ認知であるわけで、
日常生活での人ととの関わりの中では、
その人それぞれの人間性が重要ってのは、
書くまでもない話だけどね。

だから、空気が読めない、ってのも、
その人の性格、と捉えるか、
メタ認知的に解釈して、状況を客観的に見て、
今、自分がどうすべきか?とか、
何をしてはいけないのか?とか、
逆に、何ならOKなのか?という認知がきかない、
と捉えるかで、見え方が変わるかもしれないし、
その後の、自分のアプローチにも、
変化を及ぼすかもしれないね。

ちなみに。

この相手を慮るというのは、文化差があるようで、
日本人独特のものがあるそうです。
だので、空気が読めること、すなわち、
場や状況における自分の役割の認知が、
とっても大切な文化、となるわけなのですねぇ。

ってなことで。

ああ、やっぱり稚拙な内容になってしまった。
でも、仕方ないわ。
こんな短い記事に、書けっこないんだもの。
↑いい訳炸裂

そんなんで。

メタ認知に興味のある方は、ググったり、
Amazonで、それなりの本をお読みください(笑)。
↑ひどい

ともかく、自分がメタ認知のどの部分に興味があるのか、
また、どの部分に焦点を当てたいのか、については、
まだまだ勉強が必要だと思う今日この頃でして。
動機づけもまた然り、です、はい。

さて。

明日は大学院だ。
授業ですよ、授業ォー。
先生に感謝しつつ、頑張ってこなくっちゃ。

ではでは、また明日っ!


blogランキング

 ↑ブーコも応援(笑)。足跡をポチッとヨロシク♪


 ←こちらにも参加中です。


ひーっ!

 
time 
 
 
ひーーーーーっ!

目覚めて、びっくり。
時刻は0時をとっくに過ぎていた。
いったい、何時間ストーブの前で、
寝ていたのだろう?
目覚めると、ブーコと並んで寝ていた。

今日は、研究発表会のパワポを作ったり、
関係する文献を読んだりし、
気持ち的には、かなり勉強する気満々だったのに、
こんな日に、うたた寝、いや、ばっくり何時間も、
ストーブの前で寝てしまうなんて、

本気で悔しい(泣)。

おかげで、中途半端に目が冴えてしまい、
どーしようもなくなって、
反省ブログなんぞ書いてみた。
↑自業自得だろうよ

てか、反省ブログを書いても、
時間は戻ってこないので、
人間、諦めが肝心、ということにして、
メタ認知とか動機づけの本を持って、
BEDに入ろう。

明日は、早起きして、頑張るぞォー。


blogランキング

 ↑明日は頑張ろう♪と愛のポチリを~。


 ←こちらにも参加中です。


Home > 2009年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。