Home > 2010年05月

2010年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ディフェンシブ。

 
aim

悲劇は、iPhoneが引き起こした。

今朝、大学院のゼミの仲間や、
指導教官と、超楽しそうに、
あれこれ話している夢を見ている途中、

大学院」→「大学」→「職場」

という文字が、
おぼろげながら脳裏をよぎり、
夢から飛び起きたその時刻、

午前8時。

今日は、お仕事である。
大学で授業をするのである。
……。

ひょえーーーーーーーーー!

それからの数分が、
地獄絵巻だったことは、
想像に難くない。

結果的には、自分が地獄絵巻のような、
そんな姿で出勤するハメになり、それでも、
授業にはちゃんと間に合ったんだけど、
なんで、こんなに大寝坊したのか?
それは、iPhoneのアラームが、

鳴らなかったからだ。

聞こえなかっただけじゃないの?
と言われそうだが、いや、今日は、
150%鳴っていないのだ。

家を出る間際、
iPhoneのロックを解除した途端、
全てのアラームが鳴り始めたのだ。

今ごろかよ!

と思わず声に出してボヤいたんだけど、
ともかく、原因はよくわからない。
ただ、今朝、唯一の目覚ましであるiPhoneが、
鳴ってくれなかったことだけは、事実なのである。

てか、これで遅れたら、シャレにならない。
学生が待っているのに、というか、

遅刻厳禁!

と言っているあたしが、寝坊で遅刻、
なんてーのは許されない。
何より、自分的に、許せない。
という感じで、朝からどっぷり疲れた水曜日、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

てか、目覚まし、買わなきゃダメかなぁ。
iPhoneだけじゃ、不安になってきた…。

ちなみに。

いつもは、愛猫ブーコが、起きろ!おりゃ!
っと胸元に乗ってくるのだが、
今日に限って、それもなかったのが悲しい。
これで、また、仕事の前日は、
浅い眠りに拍車がかかりそうだ(泣)。
↑自業自得

で。

そんな浅い眠りの日々に、
若干の不安を感じつつも、
やはり、夜にはやることがあるという現実。
でも、毎日毎日の夜更かしは、
体に良くないということを、
去年、実証しているので、それも難しく。

そう、去年の今頃だ。

あたしの体中の関節が腫れ上がり、
リウマチ疑惑が浮上したのは。
↑大げさな

いや、あのときは、お医者さんも、
リウマチかも?と言っていたくらい、
全然治らず、大学院を1週間も休んだのだ。

last year

だから、汚い画像、だすなっつーの(笑)。

でも、最近、また手足の関節が痛い、
という日が増えている。
お医者さんは、

「朝のこわばり」

という言い方をしていたんだけど、
手がむくみまくって、グーが握れない、
という感じになるのが、朝のこわばり。
最近、手と、足の指の関節が、
朝だけ、そんな感じになる日が多々あるのだ。

そんなことが増えたので、
去年の今頃のことを思い出したんだけど、
去年も今頃だった、ということは、
もしかして、時期的な問題なのだろうか?
この時期に、発生しやすいのだろうか?

ともかく。

関節が曲がらないというのは、
恐ろしく不便だということを、
去年、つくづく思い知ったので、
もう2度と、あーはなりたくないわけで。

まぁ、そうは言っても、
やらねばならぬことはあるわけで、
そこら辺は、上手に付き合っていかないと、
と思うのであ~る。

そうそう。

やらねばならない、で思い出したが、
最近、ちょくちょく自分の研究に関し、
ここに書いたり、人に言ったりしてる。
今までは、言う場所を考えていたというか、
使い分けてきたんだけど、ここ最近、
その考えがちょっと変わってきて、

小出しでもいいから、文字化してみる。

ということを心がけている。
もちろん、大学院やゼミでは、
専門的な話になり、
そうなればなるほど、

まだまだじゃね?

ということになるんだけど(笑;)、
そうじゃないところ、例えばブログとか、
そうじゃない人、例えば大学院や、
研究とは関係ない人とかに、

わかりやすく伝わるか試してみる、
違う話とつなげて伝えてみる、

ということを意識的にしている。
そのことが、意外と発見につながったり、
再考させてくれたりするいい機会なんだ、
ということを再認識しているのだ。

自分の得た知識をアウトプットする。

最初の頃は、こんな浅い知識じゃ恥ずかしい、
とか、まだまだわかってないことを言うなんて、
そんなの、ダメじゃない?みたいなのがあったけど、
いいじゃん、わかってる範囲だけでも、
と開き直れるようになってきた。
でも、開き直れるようになったのは、
実は、以前よりは、知識が増えたとか、
前より不安がないとか、
そういうことが影響してないとは言えない。
ただし、

自信がある

ということではない。
失敗することが、前より怖くない、
という感覚の方が、近い感じがする。

こういう話をすると、思い出すことがある。

M1の秋頃、何をどう考えても、研究が進まず、
ゼミでも、涙が出そうなくらい何も言えず、
もー、研究なんて絶対無理、
あたしみたいなアホアホには無理無理無理、
とか本気で思った時期があった。

その頃のあたしは、失敗が怖かったんだと思う。
大学院の先生に、

「良く見せたいと思うから緊張するんだよ」

と言われたことがあったけど、
今思えば、本当にそうだったと思う。
良く見せたいという気持ちは、
人に対する自分の態度を、

ディフェンシブにする。

ディフェンシブになった自分は、
相手の意見を受け入れることなく、

それは、違うんです、こーなんです。

という説明に終始し、結果として、
新たな発見も気づきも、バブルのように、
消し去ってしまう。

普段、まったくゲームをしない妹が、
昔、友だちの家で対戦ゲームに付き合わされ、
コントローラーを連打しながら言った言葉は、

攻撃は最大の防御!

だった。
ディフェンシブになるということは、
一歩間違えると、攻撃的な態度になる、
ということなのかもしれない。

なんてことを、
ダラダラ書いている暇があるなら、
とっととデータを

片付けてしまえ!

って話でスタぁー。
はい。

がんばりまぁーす(泣)。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング 

 
 

「試食」の心理?

 
試食


観光地では、その土地でしか食べられない、
または、そこに行かなければ買えないものに、
心が惹かれる、ということがよくある。

最近のお土産屋さんでは、販売促進のためか、
試食コーナーを設けているところが多い。
そして、その試食コーナーでは、
ちょっと一口、という感じで、
多くの人が試食をしている。
あたしにとって、試食は、

買うための品定め

である。
これを買いたいけど、どんな味だろう?とか、
どっちにしようか迷っているんだよね、とか、
そんな時に試食するのである。

しかし。

世の中には、全く買う気はないけれど、
試食する、という人が少なくないように感じる。

「試食」

を辞書で調べても、試食自体に、
購買の意味合いは含まれていないわけだから、
別に、試食が購入を前提とした行動である必要はない。

が。

文脈で考えれば、商品を販売しているところで、
その気が全くないのに、試食しまくる、
というその行為は、いかがか?と思うのだ。

お店の人はいう。

「どうぞ、味見してってくださ~い」とか、
「食べるだけでもどーぞ~」っとか。

でも。

これを洋服に置き換えてみると、
人は、全く買う気もないのに、
試着しまくるという行動を、
試食よりはとらないと思われる。

もちろん。

統計的な裏打ちがあるわけではない。
あくまで、あたしの感覚的な話である。
が、そんなに外れた話でもないと思う。

どうして、試食なら、買う気がなくても、
割と気軽にできるんだろ?
どうして、試食なのに、買う気がないと、
気軽に試食ができないんだろ?

あたしの興味は、
人が、同じ「試す」という行動を起こしたとしても、
それぞれの気持ちに違いがある、というその事実と、
では、何が違うのか?その理由は何か?
ということである。

たとえば、試食をするしないについて、
その理由を尋ねれば、きっと、
それぞれが思いつく理由をいうだろう。

恥ずかしくないからじゃない?
図太いからじゃない?
かっこつけてるからじゃない?

このような理由をいうとき、
あたしたちは、自分の経験や考え、
他人の行動から学習してきたことに基づき、
推測して述べているはずだ。
だから、その「~からなじゃない?」は、
どこまでいっても、

憶測の域を出ない。

しかし、「憶測の域」であるはずのことが、
いつのまにか、あたかも「真実」であるかのように、
語られている場面をしばしば見うける。
たとえば、試食を例にすると、

「恥ずかしいからに決まってるでしょ」
「図太いだけだって」
「かっこつけてるんだよ」

自分も気をつけなければ、と思うのだが、
言葉は、その人が考えている内容だけではなく、
どんな思いを持っているのかまで、
節々に現れるようにできてきる。

試食という行動を起こす理由は、

ちょっと食べたいから
ただで食べられるから
買うためだから

といろいろあるけれど、そこには、

「自分がしたいんだからいいでしょ?」
「タダなんだから、食べないと損でしょ?」
「他人の目が気になるのが普通でしょ?」

など、その人その人の行動を規定する、
さまざまな価値観や心理的な側面が潜んでいる。
そして、そのような価値観や心理的側面は、
自分が行動を起こすときの規範を作り出し、
他人の行動にさえも、自分のルールを適用して、
理由づけをしていく。
それが、言葉となったときに、

「その人」

をつくり出していく。
それが、無自覚に行われ、
意識化されなくなっていくことは、
非常に恐ろしいことだ。

文字の世界では、特に。

なーんてことを、
思ったりする今日この頃。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

って、ここまでが前置きかよ!

いえいえ(笑)、そんなことはありませんがー。
なんか、ほら、あたしは、ブログを書いたてり、
最近は、twitterなんかやったりしてるんだけど、
インターネットでは、情報を発信しない限り、
人との接点を持つことは不可能じゃない?
読むだけでは、「接点」はうまれないから。
たとえ、相手に親近感を抱いても、
その人が面白いと思っても、ね。

だから、個人的な日記でも、
社会的な情報でも、文字として、
最近は音声や画像も増えたけど、
ともかく、発信しなければ接点がないじゃない?

でもさ。

映像と音声に関しては、よく考えてないから、
意見は言えないんだけど(笑)、
文字の方に関しては、自分もやってるから、
いろいろ思うことがあってね。
今さらだけど、文字のつくり出す人間像って、
ちょっと怖いな、と最近思うんだよね。

特に、twitterは。

なんか、思いついたことを書けるし、
気軽だし、面白くないとは思わない。
がぁ、しかしー、って感じ。

1度に書ける文字数には制限があるけど、
つぶやける回数には制限がない、
だから、短時間に、または1日に、
何回でも書けてしまうし書いている、
みたいな、そこら辺が少し気になるのかもしれない。

今日の話的にいうと。

1日に何度も何度もつぶやく内容ではなく、
1日に何度も何度もつぶやく「その行動」に、
違和感があるのかもしれないね。

実際、あたしは、今日は少し多いかな?
っと思う日は、ま、多いったって、全然しれてるけど、
そういう日は、書くのをやめるかな。
行動を起こすのを、やめる、という選択をする。
そこには、まさに心理的な要因があるわけで。

そんなんで。

今日は何が言いたいの?的な内容になってきたので、
そろそろ尻尾巻きます(笑)。

ああ、明日はお仕事だぜぇ。
週末は、某運営委員会の引き継ぎで札幌だし~。
研究の方は、合宿や中間発表、おっと、
学会の世界大会の発表準備もあんだったよ。
すっかり忘れてた。
↑おい

なんか、ちょっと気忙しい感じになってきたなぁ。
そんなときは、

あなたからの心温まるメールや、
コメントをお待ちしております。

↑ to 誰?w



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング 

 
 

エサ。

 
fishing

よく頑張った!

と自分を褒めている日は、
大した頑張ってなかったりする。
むしろ、頑張ってないなー、
と思うときの方が、
意外と頑張っていたりするから不思議。

で。

今日のあたしは、どーなのよ?
という話だが、結論から言うと、
頑張った、というよりも、

必死だった。

今週はお仕事以外の時間、
ずっとデータを入力したり、整理したり、
間違ってないか確認したりしていて、
今日も朝から、家事以外の時間は、
ほぼそれに費やしていた。

がしかし。

夜になって、トラブル発生。
実は、かなりの時間をかけて整理したデータが、

どこかへぶっ飛んでしまった!

これ、笑えない。
かなり、笑えない。
てか、泣きたい。

色んなソフトを立ち上げながら、
あれこれ作業をしていたからか、
それは関係ないのかはわからないけれど、
ともかく、山積みにした統計の本を調べたり、
関係書籍をみながら、必死にやっていただけに、
ぶっ飛んだ瞬間は、意識が遠のいた。
↑今日はおおげさなではない!w

というわけで。

データぶっ飛びかっ飛び事件のおかげで、
一挙にやる気が低下したので(笑)、
ちょっとブログでも書こ~っと思ったのだけれども、
今日のあたしの頭の中は、どうも研究一色らしー。
しかも、迷路に入り込んで、出口どころか、
次の曲がり角すら見えないという、
何が何だかわからない状態に突入したモヨぅ~。
さらに、統計に躓いたりなんかしちゃって、
作業効率が悪いったらりゃしない。

うぉ~~~~!

と叫びたくなるのを押さえつつ、
地味ぃ~な作業を繰り返し、
研究を続けているわけです。

って、あんまり研究のコト書くと、
ちょっと頭おかしい系に見えると、
最近感じているので(笑)、
この話はここら辺にしておくとしてぇー。

今日のお題は「エサ」。

最近、やっと北海道も暖かくなり始め、
うちの相方も釣りに行ったりしている。
釣りといえば、映画『A River Runs Through It』の、
超カッコいいブラピを思い出したりするんだけど(笑)、
もう一つ思い出すのは、

釣ったはやらない

という言い回し。
よく、結婚した奥様たちが、
何も買ってくれない旦那様に対し、
このセリフを言ったりするイメージが、
何となくあるように思うんだけど、
基本的に物欲がそれほど高くないあたしにとって、
プレゼントは「エサ」にならない。

それで、考えてみた。
あたしの今の状態を「釣られた」状態と仮定してみる。
で、釣られたことが原因でもらえなくなった

エサ

ってなんだろ?と考える。
すると、あたしはそもそも、

エサ」をもらってなかったのかも!

という新たな事実に気がつく(笑)。
いや、もらった。
今の相方さんからも、
プレゼントは色々もらった。

でも。

思うに、釣られてからの方が、
もらっている気がするのだ。

まだ仲が良かった頃は(笑)、
ブーツとかコートとか、
あ、指輪とかもらってたけど、
釣られてからは、

フライのロッド(釣り竿)。
電動顔の毛そり。
ナノナノ(イオンスチーマー)。
と実用的なモノを中心に(笑)、
その他にも、オミヤとかいって、
色々いただいている、という事実に、

今ごろ気がついた。

で、ふと考えた。
釣られたあたしは、相方に、
何を買ったんだろう?

…?
……?
………?

思い浮かばないっ!

もしかして、もしかすると、
釣った理論から解釈すると、
(いつからそんな理論になったんだよ!)
釣られたのは、

あたしじゃないんじゃね?

ということになる。
いや、確かに、釣られたんだ。
釣られはしたんだけど、
釣ったが悪かったんだ。
あたしは、きっと、

ピラニアだったんだ!

って、なんだよ、そのオチ。
いやいや、「釣られた」だと思っている人々に、
一緒にちょっと考えてみない?って言いたかった、
というか、あたしだけ「悪」にならないように、
仲間さがし、してみた(笑)。
人間のコミュニケーションの根幹ともいえる、
共感!を得るために。
↑なんだそれ?(笑)

そんなんで。

物事はなんでも一般化できないのですが、
エサをくれない!とか、買ってくれない!
とか言っている人ほど、実は、
エサをあげてないのかも~っと思い、
それは、優しくしてくれない!とか、
自分のことを考えてくれてない!とか、
思う人ほど相手に優しくしていない、
考えていないということに、
何かしらの共通点があるのかも~、
なんて考えたのでした。

てか。

今のあたしにとっての「エサ」って何だろなぁ。
洋服やバックや貴金属でもないし、
かといって、超高価なお食事、でもないし。

あ。

やっぱ、こうやって勉強させてもらえることが、
何よりのエサなんだよねぇ。
そーだよね~。
うん、うん、そうだそうだ。
感謝感謝、多謝ですねぇー。

って必要以上に感謝しているふうが、
あたかも、何かを買わせようと、
粉ふってるような感じがしなくもないが(笑)。

いや、まじで、今のあたしにとっては、
この環境がエサみたいなもんだけど、
みんなにとってのエサって、なんなんだろ~な?
ちょっと気になる(笑)。

てことでぇー。

ゼミで配付する資料は、
月曜日になる公算が強いけど(笑;)、
今日はとっとと寝て、
明日もう1度データ作業に取りかかろう。
なにせ、失ったデータがでかすぎて、
今宵はこれ以上やる気にならん。

逃したは大きかった!

みたいな感じ?
つながりで(笑)。

あ、そうだ。
明日は、が大好きな愛猫ブーコを、
病院に連れて行かなくちゃいけないんだった。
エサはよく食べるんだけど、
ちょっと調子が悪くてねぇ、ブーコ。
もう90歳近いから、仕方ないんだけど。

やっぱ、とっとと寝よ。
でも、寝る前に、あたしのエサである、
「夜食」は食べなくちゃぁ。

空腹は睡眠の最大の敵。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング 

 
 

気持ちイ~。

 
sake

は飲んでも、呑まれるな。

と、よく言われた。
今からウン十年前のことだ。

30歳を過ぎてから、お酒を飲む機会が減った。
それと同時に、飲める量も減ってきた。
もともと、お酒が好きというよりは、
お酒を飲んでいる雰囲気や空間が好きだった。

だから。

自宅で、グラス片手に、ひとり、を飲む、
ということは、まずほとんどない。
たぶん、それをするときは、眠れないほど、

心身共に病みきっている

ときだと思われる。
かなり末期症状だと思われる。

あたしの場合は、末期症状の可能性があるが、
眠れない日に、お酒を飲んで寝るという人は、
地味に、いるんじゃないだろうか?

そこで、お気をつけたもー情報。

この寝酒の1杯について、今朝のラジオで、
お医者さんが言っていたのは、
下戸の寝酒の1杯は、

ガンのもと!

ということ。
出勤前だったため、なぜ、ガンの元か?
という大事な部分を聞けなかったという、
なんとも中途半端な情報なんだけれどもー(笑;)、
眠れないからといってお酒を飲むのは、
人によっては悪影響を及ぼすので、
要注意、らしー。

と、健康の話をするあたり、
今日も元気に中年炸裂なんだけれど、
お酒について、アレコレ考えると、
最初の「酒は飲んでも呑まれるな」に戻る。
今でこそ、セーブするが、というより、
勝手にセーブしささるが(北海道弁)、

酒は魔物。

飲み過ぎは、やはり危険だ。
具合が悪いとか、2日酔いとか、
その程度なら良いけれど、
最も恐ろしいのは、目覚めたときに、

ここドコ?あんたダレ?

という場合である。
ちなみに、いっとくが、
あたしはこのような経験は、

1度もない!

そこんとこ、ヨロシクぅ~。
↑ユウヤ風

しかし、お酒が魔物なのは、
このような失敗というか、
失態を引き起こすだけではなく、
何より、

気持ちイ~感じー♪

にしてしまうことだ。
最近、思うんだけど、人は、
嬉しいことや楽しいことには、
ある程度、制御がきくのに対し、
この「気持ちイ~♪」には、

すこぶる弱い!

ということだ。
生理的欲求なんかは、
とってもわかりやすいと思うけど、
精神的な気持ちイ~はもっと危険で、
ホントは、今、それをすべきじゃないし、
したいわけじゃないのに、

やりたい!

とか、

やめられない!

とか思ってしまう可能性がある。
そして、こういう気持ちイ~部分は、
ちょっとフェチっぽいことだったり、
特殊だったりするケースも少なくなく、
結果として、

ただの変態!

にカテゴライズされてしまう、
という可能性もはらんでいる。

あたしにも、ある。
これをしてると、

チョー気持ちイ~!!!
やめたくなーい!!

とか思うことが。
でも、ここでは、

言えない。

完全に、変態だと思われるので、
言えない。

いや、言わない。

とあたしの話はさておき、
そこまでの、チョー気持ちイ~
ではないが、お酒には、
人を気持ちよくさせる力がある。
と、あたしは思う。

なんか、ホワーンっとする感じ?

お酒が好きな人の中には、
本当にお酒の味が好きな人と、
この、気持ちイ~感じが好きな人と、
大別して2つがあると思うのだけれど、
あたしの場合は、完全に後者なわけで。
ただ、若い頃と違って、いろいろ、
気をつけなければ、と思うのだ。

「何か、酔っちゃったぁ~♥」

と言っているとき、へたすると、
感覚的には20代くらいに戻ってしまい、
若干(かなり?)、テンションがあがったり、
声のトーンが微妙に高くなったり、
ふにゃーっとなってしまったりすることがある。

しかし。

その姿は間違いなく中年なわけで、
振り向いたその瞬間、

みーたーなーーーーー!

ひゃぁぁぁぁぁぁぁー!
っと、エクソシストのようにならない、
とは限らない。
だから、気をつけなければ、
と思うのだ。

ただ、気持ちイ~ことには弱いので、
お酒を飲むときは、気持ちイ~になる前に、
ちゃんとセーブするなり何なりしないと、
結局、気持ちいいのは自分だけで、
周囲が恐怖に包まれてしまいかねない。

何も考えずにお酒を飲めた、
若かりし頃がちょっぴり懐かしいと、
お酒のことを考えながら思ったりしつつ、
でも、やっぱり、気持ちイーことは、

やめられないのであーる。

なんて思った水曜日。
明日からは、気持ちいいとか悪いとか、
んなこと言ってる場合ではなく、
真剣に研究課題に取り組むのであーる。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング 

 
 

残念な気持ち。

 
SAKURA

北国北海道も、満開。
っといっても、これ、
大学構内の
ここ数年、お花見してない。

さて。

朝から夜まで忙しい月曜日を、
2時間の睡眠で乗り切った昨晩は、
あっという間に眠りに落ち、
そのまま昼まで爆睡してしまった。
おかげで、頭もぼーっとして、
集中力も半減。

そんな中。

阿部サダヲちゃんが出ているNHKの番組を、
たまたま目にし、ついつい見入ってしまった。
それにしても、サダヲちゃん、

ステキ。

久々に見たけど、
なんでしょ?あの魅力は。
なんでしょ?あの目ヂカラは。
なのに、ほわっとした話し方。
それでいて、面白いお話。

彼氏になってほしー♪

とか思う。
↑あほ

阿部サダヲさんは、
ちょっと置いておいて。

なんででしょうねー?

いい男を見たり、その人と話したり、
そういうことをすると、嬉しくなるのは。

当たり前じゃん。

とか思う?
でもさ、なんで、嬉しくなるかは、
実は、よくわからないとか思わない?
だって、その人を「好き」なわけではなくても、
なんかちょっと嬉しいとか思うことあるし、
いや、嬉しいと「思う」んじゃなくて、

思わさる!=思ってしまう

みたいな感じ。
何がそんな感覚にさせるんだろう?
誰にでもそう思うわけじゃなく、
「いい男」の場合に、特にそう思う。

ただし。

いい男の定義は、人それぞれだと思うよ。
単純に「好み」ってのもあるし、
声フェチの場合は、いい男=いい声、
かもしんないしね。

でも、見てくれが良い、ってのは、
好む好まざるは別として、
見ていて気持ちがいいーと思わない?
あたしは、思う。
でも、それは我が家の血筋にて、

お許しを(笑)。

てか、なんかさ~、これって、
を見るのと似ていないか?

を見ると、キレイだなーっとか、
美しいなーとか思うでしょ?
で、なんか、嬉しくなるでしょ?

あ、わかった。
ひらめいた。
もしかして、もしかすると、

希少性?

ほら、もさ、1年のウチで、
何回見られるか、わかんないくらい、
見る回数が少ないじゃん。
いい男も、それと、

同じ原理かも!?

…すみません。
どォーでもいいことで、引っ張りました(笑;)。

いやさぁ、「いい男」と思ってた人がさ、
「なんだー」とか思ったりすることも、
あるんだよなぁ~とか思ってさ。
希少性ってもの、時間とともに変化するわけで、
それはそれで、何となく淋しさがあるっていうかさ。
淋しいというより、

残念気持ち」かも?

そう、「残念」って意外と淋しい気持ちだよね。
てか、こう考えてみると「残念気持ち」って、
地味に説明が難しい気持ちだなぁ。
悲しいとか嬉しいとかとは、
ちょっと質が違う感じがするというか。
なんか、自分の気持ちに「気がついちゃった」
みたいな気持ちなのかなぁ。

あ、面白いね。

「気がついた」=一種の発見
「気がついちゃった」=一種の発見

イメージ、違うよね。
日本語の表現的にいえば、

「V(動詞)てしまう」

は、残念な気持ちや後悔を表す、
という使い方があるものだから、
当然、イメージは違うわけだけれど、
発見」自体には、もともと、
なにか良いイメージがあるじゃない?
でも、発見の中でも、ものによっては、
残念な気持ち」になるもののあるわけで。

残念な気持ち」を別のもので表現すると、
なんか、「が散っていく感じ」かしら。

じゃー、「残念」に繋がるのは、
どんな質のものか?って考えると、
ちょっと面白いよねぇ。

てことで。

同じ発見でも、「残念な気持ち」
じゃない方が、やっぱ、いいよねぇ。

って、何がいいたいのさね(笑)。

さてさて。
明日も朝から午後までお仕事DAY。
そろそろ寝るとしよ~。
今日届いた雑誌でも読みながら。


P.S
今日、FC2のブログをUPすると、
twitterに自動でつぶやく、
というシステムを発見したので、
ちょっと試してみます~。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング 

 
 

やったもん勝ち。

 
国稀@増毛

いまさらかい、という感じで、
この間の増毛の続きを書く、
本日、眠気炸裂の金曜ナイツですが、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

増毛に行ったとき、
日本の試飲をしたのが、
こちら、最北の酒造と呼ばれる、

国稀酒造

おいしいおをいただいた、
その外観は、↓こんな感じ。
 
国稀@増毛

素敵でしょ?
で、中に入ると、貯蔵タンク。
 
国稀@増毛

で、タンクの近くでは、
日本の試飲をさせてくれるコーナーがあり、
ここでしか販売してないおなんかも、
ただで飲ませてくれる。
↑しっかり飲みました

国稀@増毛

この建物の中は、ほとんどどこでも、
撮影可になっているんだけど、
「ご自由にどうぞ」と書かれた、
ハッピとかも置いてあって、
記念撮影ができるようにもなっている。

で、あたしと友だちは、
きゃっきゃいいながら(笑)、
ハッピを来て、記念撮影。
 
国稀@増毛
(左があたし)

あ、いっとくけど、
ここでお酒は飲んでない(笑)。
撮影用に置いてあるものを、
もっただけです。

んで、撮影して思ったのは、
こういうところに来たら、
恥ずかしいとか言わないで、
なんでもやってみることだってこと。
みんなが、なにやってんだろ?
的に見てたんだけど(笑)、
なんか、楽しかったんだよね。
昔のあたしなら、

150%やらない!

てか、年取ったってことかい?
恥ずかしさがなくなったってことかい?

ま、それならそれでもいーんだけどさ(笑)。
でも、今回のこの体験を機に、
なんでも体験することにした。
↑単純…

人生、やったもん勝ち!

という結論に達しました。
そう、やったもん勝ちだ!
なんでもやっちまえ!

…ん?

なんか、違う?
ニュアンス、変わってる?

まー、細かいことは、
スルーしておくんなまし。

さて。

ブログ書いてる場合じゃねーだろ!
って感じで、コトが進んでないのですが、
もう体がバギバギなので、とりあえず、
これからお風呂に入って参ります。

あ、ラブリーなおきんさんのブログ(→こちら
に書いてあったリンパマッサージに、
トライしてみっかなぁ~~~。
頭痛と肩凝りがラクになれば嬉しいし。

ってことで、やったもん勝ちを、
まずは、お風呂場で実践して参ります。


なんか、違うだろ……。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング


 

なぜ、それをする?

 
buko

↑夜の部のブーコ。
相変わらず、であーる。
てか、

邪魔(笑)。

昼の部は↓こちら。

buko

昼間は、夜よりも幾分マシ。
パソコンが使える程度には、
端に寄っているので。
でも、やっぱ、

邪魔(笑)。

buko

てか、きったねーな~、机(笑)。
このところ、散らかしっぱなしで、
全然、片付けてない。

というわけで。

片付けはまた今度、ってことにして(笑)、
ここらで、ちょっと気持ちの休憩。

今日は、改めて論文を読み直したり、
明日の授業準備をしたりして、
ずっと画面の前だった。

で。

これから、やっっとデータにさわれる。
と思ったら、こんな時間。

おーNo~っ!

そういや、昼ご飯も食べ忘れてた。
ちょっと気を抜くと、
すぐに体重が落ちるんだから、
食べなくちゃ、ダメじゃん。

で、食べるといえば。

最近、相方さんがはまっている、
料理のおかげで、あたくし、
毎週末、おいしいものをいただいており。
この間の日曜は、久々に、
おうちで、リゾット。

晩ご飯

もちろん、あたしが作ったんじゃない(笑)。
どんどん腕をあげる相方さんに、
もう既に、追い抜かれている感はあるが、
まー、いいさいいさ、うまいもん食えれば。

ちなみに、この日は、このほかにも、
豚肉とキャベツのナンチャラスープと、
水菜にニンニクやベーコンなどが入った、
サラダとかもいただき、加えて、
カツレツも作ってもらいました。

晩ご飯

今まで、まったく料理のできなかった人が、
この1、2ヶ月で、かなりできるようになった。

てか、あたしが不思議だったのは、
なんで、作りたいって思うんだろう?
ということ。

で、この間、本人に聞いてみた。
相方さん曰く、

「成果が見えるのが楽しい

とのこと。
食材が、目に見えて形を変える。
そして、できあがったあと、
おいしいかおいしくないか、
すぐわかるというのも重要らしい。
 =フィードバック

これは、料理に限らず、で、
フライフィッシングのタイイングとかも、
形になるということで、同じ原理らしい。

おおおおお、面白い

あとは、相方さんにとって、料理は、
「日常」ではなく、あくまで「趣味」。
強要」もされないし「義務」でもない。
もし、これが「冷蔵庫にあるものでやって」とか、
「○○円以内でやって」とか言われると、
やる気が低下するそうだ。
これ、まさに、

自己決定理論?(笑)

Deci & Ryan の理論で、
説明できちゃいそうな、
そんな動機づけであーる。

ちなみに。

あたしにとっての料理は、

もともと料理が好きではない
 =「内発的」ではない

しなければならない行為
 =ほぼ「義務」に近い

というわけで、動機づけが低い。
じゃー、なんで作ってるのか?
というと、

1. 食べないと死んじゃうから
2. 外食ばかりでは健康に悪いから
3. 外食ばかりではお金がなくなるから

の3つがまずあげられる。
 =価値の内在化

でも、やはり、食べてくれる人がいる、
ということが最も大きい理由かな。
 =関係性

それが証拠に、ひとりの時は、
ほとんど作らないで、
簡単にすませてしまうもんな。

てことで。

相方さんの動機づけと、
自分の動機づけを、
自己決定理論にこじつけて(笑)、
解釈してみたんだけど、
やっぱり「愉しい」とか「嬉しい」は、
人を突き動かすパワーがあるんだねぇ。
駆動させる力っていうか。
だから、

動機づけ面白い

とか思うんだよなぁ。
そう、あたしがこんなに苦しい!とか、
ツライ!とか、ボヤキ続けながらも(笑)、
大学院に通い、日々勉強できるのは、
結局、面白いって気持ちが、
多い少ないは別として(笑)、
あるからなんだよなーと、
相方さんをみて、再確認したのでした。

さてぇ。

今日は、ちょっと待っているコトとかあって、
地味に長い一日だったりしてるんだけど(笑)、
おちおちしてたら、それこそ、

夕食の準備の時刻になっちゃう!

てことで、作業再開するか~。
でも、お腹空いたぁ…。
つーか、「お腹空いた」ってセリフ、

あたしの代名詞になりそうだな…。
↑もう既になってる?



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング


 

石窯パン。

 
Ripple

すっかり時間が経ってしまったが、
今日は、GWのときのお話。

GWのメイン(?)は、増毛だったんだけど、
そこへ向かう途中立ち寄ったのが、
本日の画像のお店。
これ、何のお店かというと、

石窯パンのお店。

歩く検索くんの相方が(笑)、
調べておいてくれたおかげで、
超おいしいパンを食べられた。

で。

このお店、週末しかやっていないらしー。
そして、パンの販売は、売り切れ次第終了。
併設しているカフェでだけ食べられるピザも、
生地がなくなり次第終わりとのこと。
ちなみに、6月からは金曜日も営業するらしい。

どうして、こういう営業形態か、
というと、ご夫婦2人だけで、
お店をやっているからみたい。
平日は、違うお仕事でもしているのかな?
とか勝手に想像しつつ。

それでも、お客さんが次々来ていた。
あたしたちが行った時は、
もう既に、何台も車が停まっていたし、
着いてからも、1台また1台とやってきていた。

正直、場所的には、よろしくない。
札幌から結構遠いし、周りにも何も無い。
実際、あたしたちが行った時も、
ナビに登録してあったにもかかわらず、
見つけるのが大変だったのだ。

でも、人が来ている。

パンがおいしいこともあるけど、
週末だけということや、
何も無いということが、
逆に付加価値を高めるのかな?
とか、考えながら、この店をあとにした。

ちなみに、パンは↓こんな感じで販売。
 
Ripple

で、丘の上からみた景色は、
こんな感じ(笑)。
 
Ripple

この日は、少し気温が高かったけれど、
まだまだ、緑色が少ない北海道
景色はまるで、秋であーる(笑)。

というわけで。

お店に興味がわいた方、
ぜひ、一度、足をお運びください。
HPは、↓こちらです。

石窯パン Ripple

って、あたしは、店員か?(笑)

さてさて。
久々に、やっとブログを更新したわけだが、
GW明けあたりから、ちと忙しくなってきた。
そうなるってーと、食べても食べても、
体は疲れやすくなってしまう。
今日も、朝からお仕事だったんだけど、
帰宅後、また頭が痛くてね。
薬を飲んだせいか、ブログを書いている途中、
ばっくり寝てしまったのだった。

いや、疲れのせいだけじゃないかも。
このアホみたいな寒さの影響もありそうだ。
なにせ北海道、今週、またまたまた、
雪が降るところがあるらしー(笑)。
5月中旬だというのに、ウケルよね。
ちなみに、あたしは今、

キャミ+ヒートテック+長ティー
+セーター+フリース

を着ていて、下も、
室内用のパンツの上に、
シャカパンを重ねてはいてます。
もちろん、室内は暖房ON。
くわえて、夜は湯たんぽ。
って、

なんぼ極寒なのさ!

いやいやいや。
あたしは、特に寒がりなので、
北海道の人が、みんなこういう姿では、
ございませんのでぇ…。

というわけで。

そろそろ晩ご飯の支度だ。
そして、今晩こそ、データ整理だ。
実は、ここ2日間、台湾行きの件で、
ネットで色々調べたり、
旅行代理店に電話しまくったりで、
全然、着手できなかったのだ。

いろんなことが、待っている、
5月、6月、7月、8月。

辛くとも、愉しく過ごすべし、だなー。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング


 

体重↑体調↓。

 
buko


このところ、マジメに料理を作り、
若干、暴飲暴食ではあるが、
結構、いろいろ食べているおかげで、
体重が増えつつある今日この頃、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

よく食べ、よく飲み、よく寝る、
という、人間らしい生活が、
あたしの体つきも、大分、
人間らしくしてくれている。

がしかし。

健康的かと聞かれると、
そこが微妙なところ。
このところ、偏頭痛が頻繁におき、
あたしを悩ませているのである。

今朝も、目覚めてすぐ、薬を飲み、
仕事から戻って、再び服用し、
夕方からは、軽く寝込んでしまった。
今は、大分良くなったので、
こうしてブログを書いているわけだけど、
なんで偏頭痛がこんなに頻繁に起きるのだろ?

痛い部分は、右前頭葉から、
頭頂部にかけてなんだけど、
頭皮を触っただけで、
ヒーヒー言いたくなる。
母曰く、

肩凝りと眼精疲労

らしーが、それだけだろうか?
気圧とかも関係ある?

先日行った美容室で聞いたのは、
ホルモンバランスの影響、ということ。
特に、女性は、生理前に、
偏頭痛が起きやすいらしー。
あたしは、生理前も最中も、
その後も、偏頭痛が抜けないんだけど、
そういう女性特有の偏頭痛に効くのが、

命の母

という薬らしい。
知ってる?

調べると、更年期の方に効用あり、
とか書いてるんだけど(笑)、
それでも効果があるなら、試そうかなぁ、
とか考えている今日この頃。

そんなあたしをよそに、
うちのブーコは、お元気そ~である。

最近は、日中はベランダで、お昼寝、
夕方は、西日の入るあたしの部屋で、
リラックスという感じ。
夜は、大分あたたかくなってきたので、
ベッドの中に入って、腕枕、
ということはないけれど、
枕元で一緒に寝ている。

温かくなり始めた北海道も、
今週末から桜がチラホラ、かしら。
でも、週末、また雪が降るところもあるとか。
体調管理が、ほんと難しいね、この春は。

さて。

明日は体調が良ければ、
お見舞いにも行きたいので、
そろそろ寝るとしよう。

今日は、なんにもできなかったな(笑;)。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング


 

ツケです、ツケ。

 
My vision is blurry

目が、かすむぅ。

今日は、朝、お仕事をした後、
午後から、びっしりデータとデート。
おかげで、目は血走るわ、頭痛はするわ、
何より、背中と腰が、にっちもさっちも、
いかない状態になった。

ツライ!

というわけで、GW明けの初日は、
かなり疲労度大のこちら北海道より、

みなさま、こんばんは。

そんなんで、増毛の続きを、
もっと書きたかったんだけど、
また今度のお楽しみ(?)にした。

それにしても、かなりヤバくね?
的な状態になっているのは、
体だけではなく、データも、
ってのがこれまた大問題で。

出ました!天井効果!

今回の調査で回収したデータにも、
ももももモモンガ、問題がぁー。

やっぱりねぇ。
あ~、やっぱりぱりぱりねぇ♪

って、鼻歌交じりな感じで、
言ってる場合ではないのだけども…。
ほんと、研究って、

難しーっ!

でも、データから事実を追わねば。
そして、手を動かさなければ。
じゃないと、ご都合主義になり兼ねない。
頭でっかちになっては、いかんね。
↑あたしの悪い癖

そんなんで。

ついに、データ入力&整理の幕は、
切って落とされたのだった。
↑いちいち大げさ

いやいや、長い道のりなのよォ(笑;)。
軽く見積もって、最低でも、

あと2週間はかかる。
↑おい

インタビューデータの文字オコシ、
1日2人が限界なんですよ。
時間的にも、肉体的にも。

あと、質問紙も事前と付け合わせたり、
番号ごとに整理して入力したりするので、
なかなかどーして、簡単に進まない。

しかも!

統計ソフトと格闘しつつだから、
思うようにできなかったりで(笑;)。
あとは、活動記録の分析等々も、
まだかい?っと手招きしているし。
っつーか、

どーすんだ?

って感じのボリュームだ。
これさぁ、修士でやれるの?
↑しらねーよ

まぁさ~、帰国後、約1ヶ月間、
忙しさにかまけて、
言い訳しまくって、
放置プレイした、

ツケです、ツケ

そう、ツケってのは、不思議なもんで、
必ず、まわってくるのです、はい。

やるべきことをサボったり、
言い訳しまくって逃げたり、
やましいことをしたり、
意地くそ悪いことをしたりすると、
ツケは、どこからともなく、
やってくるわけです。

そう考えると、
あたしのこれまでの人生、
ツケばっかだぜ。
って、え?
どんな生活してんだって?
それは、

いえねーな。

あたくし、こうみえて、
意外と秘密主義なんです。
↑うそこけ

っはぁ…。

くだらないこといってないで、
とっととBEDに入ったほうがよさそーだ。
電動肩たたき機で背中をマッサージしながら、
寝ることにします。
明日は朝からお仕事だしね。
久々に、学生ちゃんたちと、
ご対面だぜ。

タイメンに、ご対面~♪

……だ、大丈夫か?



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング


 

増毛。

 
国稀

増毛」と書いて、

ましけ

と読む。
決して、「ぞうもう」
と読まないでいただきたい。

という感じで。

日曜日でもないのに、
サザエさんな気分の水曜日、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

GW最終日の今日は、具合が悪くて、
仮死状態と化していましたが、
あたくしめの今年のGWは、

前半は、データとの戦い
後半は、ハッピー&大笑い

という感じで、ある意味、
満喫させていただきました。

で、ハッピーの一つは、
本州から戻ってきた友達と、
その旦那さんと4人で会い、

豚しゃぶ食べまくり!

という時間を過ごしたこと。
やっぱさ、同級生はいいねぇ。
中学校からの付き合いだからね。
気心しれてるというか、
ツーと言えばカーみたいな。
長年連れ添った夫婦ばりだな(笑)。

で、もう一つの大笑いは、
道内へ、ドラドラドライブし、
これまた、おいしいご飯と、
そして、

お酒を飲んだこと!

今日の画像の1枚目が、
その、お酒を飲んだ場所なんだけど、
画像のお酒を飲んだワケじゃないよ(笑)。
行ったのは、

増毛

冒頭に書いたとおり、
「ぞうもう」ではなく、
「ましけ」と読みます。

えーっと、抜け毛とかお悩みの方で、
間違ってヒットして来てしまった方、
誠に申し訳ない。

で。

増毛には、「国稀」という酒造があり、
無料で見学できるのであーる。

国稀

国稀

↑これは、何をしているか、というと、

日本酒の試飲!

ここにくるまでは、あたしが運転手。
でも、ここからは、LAOが運転手。
ってことで、遠慮無く、飲みました(笑)。
もちろん、友だちも。

国稀
(向かって、右の白いのが、あたし)

いやいや、うまかったですわ。
ここでしか販売されていないお酒も飲み、
こっちがおいしいとか、さっぱりしてるとか、
なんだかんだいって、いろいろ飲み(笑)。

実は、この後、違うところでも試飲し、
夜は夜でワインやらビールやらを飲み、
久々に、お酒を飲んだ日でもありました。
だので、気分はますます、

超ハッピー!

そんな感じで、このGWは、
気分転換&ストレス解消だったんだけど、
最終日の今日は、いつもの体調不良に、
すっかりやられてしまった。
ま、明日になれば、
すぐ元気になるんだけどね。
女は辛いぜ。

てことで。

増毛のお話は、まだまだ続くので(笑)、
今日は、ここらで終了します。

しかし、休みというのは、
あっチュー間だよねぇ。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング


 

プラセンタ。

 
GW

女は、いくつになっても、

美しくありたい!

と思う生き物なのでしょうか?
そして、男性は、やはり、
美しい女性に、心奪われる、
生き物なのでしょうか?

今日、久々に美容室に行って来た。
そこで、盛り上がったのが、

プラセンタ

プラセンタは、英語で「胎盤」の意味。
そこから、成長因子というものや、
豊富な栄養素を抽出し、サプリや、
美容用の品々を作っているらしー。

で、このプラセンタを摂取すると、
どのような効果があるのか、というと。

+たるみやシワの改善
 →おの若返り

ホルモンバランスの調整+血行促進
 →更年期対策

新陳代謝の促進+ストレス耐性の向上
 →疲労改善

このほかにも、効用はいろいろあるらしーが、
ともかく、今日盛り上がったのは、

の若返り!

でもね。
高いのよ(笑)。
いや、安いのもあるんだけど、
濃縮されたものは、ビックリ価格(笑)。

今日、美容師さんと、シミ・シワ・タルミから、
バストアップとかヒップアップ、
更に、恋した相手を落とす方法とか、
そんな訳のわからない話で、
かなり、盛り上がったのだった(笑)。

今日は、LAOも一緒に行ったんだけど、
あたしたちのそんな会話を聞いて、
あんたら、今更そんなんなって、

どーする気さ?

と突っ込まれた。
確かに(笑)。

でも、女の人は、いくつになっても、
やはり、キレイでいたいと思うんだよね。
造形が美しく、じゃなくてね。
キレイにしておきたいっていうかさ。
てか、汚くはなりたくないじゃん、やっぱ。

で。

そんな話で盛りあっがっちゃったせいか、
美容室の帰りに、ちょっと寄り道し、
細身のスキニーとか買っちゃった(笑)。
更に、久々に物欲に火がついて、
今週末は、たぶん、お友達と、

ショッピング!

やばい。
ふつーに、楽しい(笑)。
なんか、OL時代に戻ったような、
そんな懐かしい感覚だわさ、これ。
大学院生であることを忘れると、
心が解き放たれたような気持ちになる(笑)。
↑どーゆーことさね
いや、深く追及しないでくれたモー。

そんな感じで、プラセンタは、
すぐに買えないけれど、
やっぱ、女子女子と一緒に、
美容の話とか、洋服の話とか、
そーゆー話題をしつつ、
一緒にお買い物に行ったり、
おいしい食べ物を食べたりするのが、
何よりの、

女子力UPなのかも?

昔はね、近くに男の人がいる方が、
女子力につながると思ってたけど、
最近は、女子同士の方が、
そういう気持ちになり、結果として、

ドーパミンが分泌!

という感じ。
いやいや、楽しいわ、なんか。
楽しいことは、いーことだ。
うん、いいことだよ。
↑2回言わなくてもいいんでしょ?(笑)

そんなんで、あたしのGWは、
なかなかいい感じで進んでおります♪



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング


 

ハッピーの方程式。

 
chicken with green perilla

ちょっとォー。
あたくしめ、料理の腕、

あがってんじゃね?

という勢いで、
地味に頑張っております、
本日、メーデー。

メデテーデー。

いやいやいや。
冷蔵庫にあるものだけで、
ここまでやれるのか!
という感じで、今宵は、
結構頑張った。
しかも、うまい(笑)。
↑自画自賛

実は、またまた我が家に、
料理本が増えたのだ。
もちろん、増えたのは、
ケンタロー太一の本(笑)。
あ、増えたのは、↓こちら♪



で、この本を見て、
ただの料理本じゃ、つまらない、
ということがわかった。
なんていうか、節約の本、とか、
365日の食材、とか、そういうのじゃ、
よし!作ろう、という気になれない。

これ、美味しそう!
これ、食べてみたい!

と思わないと、全然、まったく、
レシピに目がいかないのである。

だから。

こちゃこちゃたくさん載っている本より、
品数自体は少なくても、うまそー、っとか、
どんな味なんだろ?みたいのじゃないと、
どうも、見たいという気持ちにならない。
ということが、

今ごろ、わかった(笑)。

いや、今までさ、本なんて、
ほとんど見なかったんだよ。
あ、昔、まだ、

「彼氏のために!」

的な、おままごと状態の頃は(笑)、
結構、必死に見てたような気がするけど、
ここ数年、ネットで調べることはあっても、
本を見て作るってことは、
ほとんどなかったんだよねぇ。

でも。

前にも書いたが、LAOが買ってきた、
たった1冊の本が、我が家の食卓を、
本当にガラリと変えたのだ。

楽しい、とまでは言わないけれど(笑)、
前より、美味しく食べられているのは事実。
バリエーションが増えたというかね。
だから、食欲旺盛なあたし的には、
当然、ハッピー度も上昇。

もともと、性格的に、
かなりメデタイあたしは、

「あたしといたら、楽しいよォ~」

と男子に言い放ち(笑)、
手放したら、

「逃した魚は、大きすぎた!になるよ!」

と、これまた、
アホなことを言っていたが、
これで、料理の腕をあげれば、

超便利な

いやいやいや(笑)、
そーでなくて。
ポイント、更にアップして、
かなり、いい感じで、

手放せないなんじゃね?

と、痛いほど高い評価を、
自分にしております(笑)。

てか、思ったんだけどさ。

もし、あたしが男なら、
やっぱ、帰ってきたときに、
温かくて、おいしいメシがあったら、
それはそれで、かなり嬉しいよなー、
って思ったんだよね。

別に、が食事を作らねばならない、とか、
逆に、なんでだけ作るのよ!とか、
論点はそこではなく、純粋に、
疲れて帰ってきて、飯がうまいっつーのは、
嬉しいだろうな、と思ったわけだ。

で。

そんなことを考えていたとき、
男友達が、昔言っていたことを、
ふと、思い出した。

料理がうまいと、結局、家に帰るんだよな」

たとえば、おうちで色々あったり、
外で、ちょっといい感じ~のの人ができても、
いつも美味しい料理を作ってくれる人が、
おうちにいると、最終的には、
なんだかんだ言っても、家に帰るんだって。

あ、これは、あくまで1つのサンプルなので(笑)、
一般化できる内容ではございませんが、
でも、なんかわかるなーって、思ったのよ。
そう思うようになったってことは、

年なのかしら?(笑)

まー、実際、年だからね。
でも、食べることには、
ハッピーがいっぱいあるよね。
人を幸せにするしね。

てことは、あれだ(どれだ?)。
ハッピー方程式ができたってことだ。

(食事+おいしさ)× 年月 +(± 愛情)
 
 = 手放せない度

どうよ?これ。
え?だめ?(笑)
うそーん。

てか、あれ?もしかして、あたくし、
この、微妙な年齢にして、

売れ時なんじゃない???

えっと、「ウレ」は「ウレ」でも、
「熟れ時」=「腐りかけ」とか、
そういうことは、言わないよーに!

つーか。

あまりに高すぎる自己評価に、
痛々しくて、ホントの意味で、

メデテーデー、だ(笑)。



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング


 

Home > 2010年05月

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。