Home > 2014年12月

2014年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

2014年終了。


猫

2014年の一番大きな出来事は、
この子が我が家にやってきたことかな。

うちにきたころはガリガリだったのに。
すっかりたくましくなり。
先日いった動物病院でも、
ちょっと太りすぎといわれてしまった。
でも、異常もなく、元気でなにより。

2015年は・・・。

おっと、それは年明けのブログに書こう。
来年は、いい年になる予感。

ではでは、みなさん。
今年もお世話になりました。

猫

よいお年をお迎えくださいね。
とミーも言ってます。


 ↓ランキングに参加してみました。



  
 

やっと2度目のデート。


レラ

数週間前から日程調整し、
先日、やっと2度目のデートが実現。

待ち合わせしたのは、
新千歳空港の隣の駅、
南千歳のすぐ目の前にある、
アウトレットRera。

千歳アウトレットモール Rera

美しすぎるあたしのお友達は、
そのお仕事も美しすぎる。

ケーキデコレーション

みて、すごくない?
↑あたしアホっぽい(笑)

このような領域と、
まったくもって無縁なため、
詳しく説明することはできないが、
ともかく、ケーキ等を美しくデコって、
見るモノを幸せにするお仕事、
というのは間違いないように思う。

そもそも、あたしと彼女は、
学生時代の友だちではあるけれど、
現在は、仕事も生活もまるで違う。

だから。

あたしにとっては刺激がいっぱい。
大学院とか研究とかって、
華やかではないからね(笑)。
刺激の種類が違って、楽しい。

それに。

彼女を見ていると、生き生きしていて、
こちらまで元気になる。
やっぱり、心は顔や態度に出るんだよ。
常々言っているが(どこで?)、

外見は心の1番外側。

その人の考えや心が、
その人の外観に現れてしまうんだね。
身なり、表情、言葉、振る舞い、などなど。

それはさておき。

あまりに楽しいので、
ついつい寄り道。
帰りにプリクラなんぞ撮ってしまった!(笑)
プリクラなんて、何年ぶりだ????

ファクトリー

ちょっと学生時代に戻ったような、
そんな楽しい時間を過ごして帰宅。
いい1日だった。

それにしても、風邪が治らない。
遊んでばっかりいるからかしら。
↑ばっかり、じゃないです(笑)

さ。

2014年も残りわずか。
とっとと年賀状、終わらせないと!
↑まだ終わってない

あ、先に謝っとこ。

友よ!友たちよ!
元旦には届かないわぁ。

ごめぇ~んね♪



 ↓ランキングに参加してみました。



  
 

イタリア~ン。

 
イタリアンレストラン

日本海側や札幌では雪が降り、
辺り一面雪景色らしい。

がしかし。

あたしの町ほぼ雪なし。
さらに、この日行った先も、
雪は少なく。

北海道は広い。

道産子のあたしですら、
そう思う。

そんな広い北海道を、
ドライブしつつの忘年会。

と言っても。

ランチ忘年会。
いや、忘年会にかこつけて、
友人とランチをした、
というのが正しい。

この日行った先はイタリアン。
たまたま通りかかったお店。

偶然を楽しみながら、
食べたお食事は↓こちら。

イタリアンレストラン

イタリアンレストラン 

おまめちゃんのスープにとサラダに、
石窯で焼いた半熟玉子のせ~のピザ。
そして、手打ち麺のパスタ。

イタリアンレストラン 

美味しいって幸せ。
女子って幸せ。
(↑中年女子)

てか。

幸せすぎて、また太り。
ジーンズをはいた後ろ姿に、
相方が一言。

尻がマリモ羊羹だ…

にゃろォ~!
(↑巻き舌)

悔しいから、年が明けたら、
ジムに通ってやる。

相方のお金で~。


 ↓ランキングに参加してみました。



  
 

イランカラプテ。

 
アイヌ ポロトコタン


イランカラプテ。

アイヌ語の「こんにちは」だそうだ。
先日、アイヌ博物館に行って、
教わってきたのだ。

生まれも育ちも北海道だけど、
ず~っと知らなかった挨拶。

アイヌ博物館

この日は、大学の先生達と忘年会。
歴史研究をしている先生がいて、
ここに来たいということになり、
あたくしもご同行~。

さすが、ご専門。
詳しいだけではなく教え方もわかりやすくて、
無料でガイドさんと一緒にいるような状態。

てか、博学ってステキ♪

知識をひけらかすアホは嫌いだが、
質問したことに答えてくれる博学な人は、
やっぱり好きだわ~。

純粋に、楽しい。

で、最初の画像は、
アイヌの神聖な踊りらしいんだけど、
撮影OKということでカシャリ。

この踊りや楽器の演奏などを見れるのが、
↓ここ。

アイヌ ポロトコタン

いくかある建物の1つなんだけど、
きちんとステージのようになっていて、
見るところも、長い+ストーブがあり、
思ったより快適に見学できる。

建物も、博物館用とあって少しでっかい。
実際、昔の人々が住んでいたのは、
この建物の3~4分の1のサイズで、
高さももっと低かったそうだ。

アイヌ ポロトコタン

アイヌ ポロトコタン

アイヌ ポロトコタン

で、こちらのお兄さんの説明によると、
天井からぶら下がっているのは、
去年とれた鮭らしい。
今年のは、上の画像のように、
家の外に干してあって、
煙でいぶったあと燻製にし食べるそうだ。

このほか、敷地内には博物館もある。
アイヌの歴史についてはもちろん、
民族衣装などの展示物もあって、
大きくはないが楽しめるスペースだった。

アイヌ ポロトコタン

ちなみに、下の絵は、
アイヌ民族の女性の絵だそうだ。
口の周りの薄黒いのは、入れ墨で、
5~10年かけて刻んでいくらしい。
これが完成してはじめてオトナの女性として、
認められるんだそうだ。
今は、もうこのようなことはできないとのこと。

アイヌ ポロトコタン

そんなんで、名ガイドに加えて、
アイヌ博物館にいるアイヌ民族の方々も、
非常に丁寧に説明してくれ、
久々に知的欲求にビシビシ響く、
楽しい時間を過ごせた。

博物館の後は、ちょいとお買い物をし、
おいしいおいしい夕ご飯。

アイヌ ポロトコタン

マツカワに、ホッキにトロにホタテ。
何を食べても美味しい居酒屋さんで、
大満足の夕食。
帰りは珈琲飲んでから解散。

脳と胃袋が満たされた忘年会だった。
次の忘年会は…。

いたりあ~ん?(笑)


 ↓ランキングに参加してみました。



  
 

歩く煩悩。

 
ダブルレインボー

釣りに行った日のこと。
遠くに虹が見えた。
しかも、2つ。

シャッターチャンスだ!

ウェーダーにベスト姿のまま、
車から飛び降り、カメラを構えた瞬間、
遠くから牛たちが、
あたしめがけて猛進してきた。

ひーーー!

声を上げて逃げるあたしの至近距離で、
牛の集団はウソのようにびたっと止まった。
そのとき撮ったのがこの画像。

2014年、夏。


宝の持ち腐れ

でかけるときはたいてい、
カメラを車に積んでいる。
しかし、いつでも「これだ!」
と思える瞬間に出会えるわけではない。
この牛の画像は、まさに、
これだ!と思う瞬間だったんだけど、
たまには、目的を持って写真を撮りに行く、
というのもいいのかもしれない。

そうなると。

目下の課題は時間となる。
如何せん、忙しい。

が。

明日で2014年のお仕事は終わり、
短い冬休みが始まる。

これはチャンスだ!

そう思った先から「研究だろ」と、
心の己が釘を刺す。
しかし、悲しいかな、あたしは、

歩く煩悩。

あれもしたけりゃ、
これもしたいし、
あれも食べたきゃ、
これも食べたい。
まったく、人の欲は尽きないもので、
いや、あたしの欲が尽きないらしい。

仏の心にゃ、まだ遠い。

って、仏の心になれないまま、
仏になりそ~だ~。

っち~ん。

アホなこといってないで、
寝たほうがよさそうだ。
なにせ、3時半起きだからな。

また明日ぁ~。


 ↓ランキングに参加してみました。



  
 

ミーにマフラー。

 
マフラーまかれ猫

三毛猫のミーに、
このマフラーをかぶせると、
もれなく、どこにいるのか、
わかりにくくなる。

数年に1度の大荒れと言われている、
こちら北海道よりこんにちは。

そんな天候のせいで、本日授業はお休み。
年明けに振り替え授業をすることになった。
明日も、朝に連絡が来るようだが、
たぶん、そのころはもう大学へ向かって、
運転しているに違いない。

今年は12月の天候が思わしくないな。
2年に1度のペースで悪いと思うのは、
あたしだけかしらん。

さて。

今日は本当に早寝しないと。
明日は5時起き。
今年の冬至は、確か来週の月曜日。
まだまだ朝は暗く、寒いんだよねぇ~。

カイロ貼って出勤だ!



 ↓ランキングに参加してみました。



  
 

ハッピーにゃーイヤー。

 
かぶりもの猫


ごめんよ、ミー。
悪気はないのだよ。

ハッピーにゃーイヤー!

のテレビCMを見て、
かわいいと思ってしまったのだよ。
そしたら、キミにもやってほしくなり。
でも、いざかぶらせたら…

かぶりものが、小さい!

微妙に浮いているではないか。
ミー、いつのまに、
そんなに太ったんだい?

夜な夜な猫に話しかけるババーは、
今宵もお風呂に入って、
とっとと寝るのである。

飼い主バカで、ごめんなさい。


  ↓ランキングに参加してみました。


  
 

ブログが好きかも。

 



長い間、放置していたこのブログを、
読んでくれている人がいて、
それを自分のブログでそれとなく、
読んだよ、とわかるように書いてくれる。

嬉しいねぇ。

しばらくご無沙汰してるのに、
ブログを持っている人とのお付き合いは、
他のSNSとは少し違うように思う今日この頃、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

振り返ると、ブログと出会ってから、
もうかれこれ15年くらいだろうか。
もとはBBSから始まり、HP、
ブログ、skype、Twitter、LINE、
mixi、fecebookなどいろいろやってきた。

facebookは、結構使っていた。
たぶん、辞めた多くの人と同じ理由だと思うが、
このブログに書いてあったことなんかは、
強く頷けた。

facebookは自慢話大会?
  日本のfacebookは”うざい”?


知人同士が、本来ならば知るよしもない、
または、知る必要のないことを、
強制的にお知らせできてしまったり
強制的に報告されてしまったりする。

自分にとっての「適度」は、
自分でコントロールしなければならい。
なんだか違和感を覚える。

最近もやっているのかわからないけど、
このCMを見たときも、
何とも言い難い違和感を感じた。

Facebook日本がいまさらTVで
  CM流す意味は何か


このブログによると、ユーザーは、
13~35歳が過半数とのことだが、
よく見ると、35~64歳も半数近い。
オトナになってから学生時代の友人と繋がる、
それは、ある意味、新鮮で、
刺激的なのかもしれない。

知り合いと繋がることで、
ネットの世界が実生活と直結する。
最初のブログには、

「リアルとネットの境界線が、
 段々なくなってきている。」

と書かれていた。
以前、リアルが現実で、
ネットが架空・仮想だったことを考えれば、
ともに現実で、架空や仮想そのものが、
薄らいできたということかもしれない。
しかし、ともに現実となり始めた昨今、
ネットとリアルには、違う意味が付加され、
境界線がはっきりしてきたように思う。

それは、「ウソ」か「ホント」という境界線。

情報も、感情の表出も、
コントロール可能になったネットの世界は、
嘘や偽りに最適な場なのかもしれない。
なにせ、facebookもLINEも、SNS自体が、
リアルであるかのように見せられる。
事実であるかのように語れるという機能が、
あちこちにちりばめられている。

だからこそ。

嘘がばれやすくもなったともいえる。
たくさんのアプリを使うものだから、
整合性がとれなくなったりする。

その姿、まるで刑事と犯罪者。

全てがそうであるとはもちろん言わないし、
そんなことは思ってもいない。
しかし、残念だが世の中には、
いろーーーんな人がいる。

あたしは、即時性の高いSNSを通じて、
これまで以上に、その「人となり」が、
よく見えるようになった気がする。

亀の甲より年の功。

年齢が上がり、経験値も上がった。
だから、前よりそう見えるんだ、
と言ってしまえば、確かにそうかもしれないが、
いや、それだけじゃない気がする。

そもそも、人のコミュニケーションは、
多くを非言語に頼っている。
相手を理解する情報は、
言葉以外の、身振り、声のトーン、
目線などなど五感に存在しているのだ。

その割合は諸説あるが、
非言語コミュニケーションは7~9割、
言語のコミュニケーションはは1~3割、
と言われることが多い。

言語以外の情報がほぼない文字だけの世界で、
コミュニケーションをうまく成立させるのは、
かなり高度な技術を要する。

視覚的情報として、たとえば、
絵文字やLINEのスタンプなんかが、
やたらと流行ったり、多用されるのは、
技術不足を補うためと考えれば納得できる。
例に漏れず、あたしも使っているが、
こんなにスタンプや絵文字が流行るのは、
他国に比べると、言葉による説明の必要性が少ない、
hight-contextな日本だからこそ、
なのかもしれない、と思う。

そんなんで。

結局何が言いたいのかというと、
自己選択が可能で、
見たい人だけみれれて、
言葉で十分に説明可能な

ブログが好きかも

ということなんだけど、それは、
自分の思考や思いを言葉にするとき、
なるべく齟齬なく伝えたい、
という価値観のせいかもしれないな~。

でも、少しオトナになったので、
互いに多少の齟齬があっても、
許容できますよ、はい。

えーっと、どうやってまとめようか、
わからなくなってきたので、
本日は、この辺で。

やっぱ、まだまだ書くことには、
リハビリが必要らしい(笑)。





上手くやれるから。

 


先日、久しぶりに自宅で、
しゃぶしゃぶをした。

うまい。

しゃぶしゃぶのタレは、ポン酢で。
ゆず、大根おろし、そして隠し味に、
リンゴのすりおろしを入れる。

ご飯は、白米が好きだけど、
時々五穀米などを食べる。





食後は、落としたての珈琲に、
美味しいロールケーキ。
これを至福と言わずして、
なんといぅ~!

というわけで。

猛烈雪国中の北海道より、
こんにちは。

それにしても食べてばかり。
あたしは食べるのが好きなんだけど、
料理は好きではない。
その上、得意でもない。

しかし。

好む好まざるに関係なく、
料理はしなければいけない。
好きな人は楽しいだろうけど、
あたしのようなタイプには、
献立を考えるところから、頭が痛い。

料理が好きではないから、
得意ではない。

そういうと、概ね理解される。
しかし、本当にそうだろうか?
料理が好きではないのは、
実は、得意ではないからかもしれない。

そんなことをわかりやすく書いている記事を、
つい先日読んだ。
それが↓こちら。

「好きだから上手くやれる」のではなく
  「上手くやれるから好きになる」


クリックすると読めるんだけど、
確かに、と思った。

「好きだから上手くできる」というが、
うまくできるようになったからこそ、
そう思えるのではないだろうか。

どんだけ好きでも、全く上達せず、
誰からも振り向きもされず、
何の結果も出ず、
有能感も感じられなかった場合、
そのことを好きであり続けられるか、
それは疑わしい。

すなわち。

好きだと思うには、
ある程度の上達やレベル、
または有能感や満足を感じられることと、
そういう場が必要なのかもしれない、
ということ。

このブログにも書いてあったけど、
他のことより上手くできたことを、
ちょっとやってみる、というのは、
いいのかもしれない。
たとえそれが好きだと感じなくても。

最近、勉強しているなかで、
読みたいと思った本がある。



この本を書かれている上田先生という方が、
すごく素敵なことを言っていたのだ。

大事なことは、「ステージ」。

好きなこと、パッション、上達などなど、
今回のことと関係があるので、
このことは次回にでも。

さ、今宵も仕事すっか。





学ぶ暇あらずと謂う者は。


gacco

学ぶ暇あらずと謂う者は
暇ありと雖も亦学ぶ能わず

勉強する時間がない!
という人は、
時間があっても勉強しない、
という意味。

耳が痛い。

暇はないけど、
なんとか周回遅れながら見ているのが、
画像の授業。
これ、無料で学べる大学講座。
東大の先生の授業なんぞ聞いて、
ふむふむ、とか、言っている。

そんな時間を捻出できるなら、
すべきことがある、ということは、
重々わかっている。
 
tuition fees

授業料を払ったんだから、
ちゃんと研究をしなさい。
どこからともなく、そんな声がする。

まったくだ。

学ぶ暇あらずと謂う者は
暇ありと雖も亦学ぶ能わず

さて。

明日を乗り切れば、
今週も終わり。
ともかく、したいこととすべきことで、
暇あらずなのであ~る。

いや、週末は頑張ります。

てか、明日雪降るのかな~。
高速が止まると、大変。
いかんせん、職場が遠い。

てなことで。

ねなくっちゃ~。
おやすみなさい。
また明日。

  
 

Home > 2014年12月

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。