Home > 2015年07月

2015年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

なんであんたは褒めないのよ。

 
メロン

好きな食べ物は何ですか?

たこ焼きとメロンで~す、
とこたえる、かな?
↑なんだよ、その曖昧さ

いや、好きな食べ物は結構ある。
ただ、嫌いな食べ物も負けじとあるが。

ともかく。

メロンは好き。
一度に半タマ食べる。
若干足りないけど。
メロン率が高い今日この頃、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

それはさておき。
↑メロンの話じゃないのかい

ちょっと前になるんだけど、
親友と会ったときのこと。
あたしのある友だちが、
他の人のことをよく、

かわい~、とか、
きれい~、とか言う

という話題になったときに、
親友がこう言った。

「自分が褒められたいからでしょ」

えええええ、そうなの?
というのがあたしの返答。

そうか。
そういうこともあるのか。
今まで長いこと気がつかなかった。

あたしは、基本、
褒められるのは、苦手。
とくに、外観については。
自分じゃそう思ってないことは、
嘘くさく聞こえて嬉しくない。
しまには、相手に不信感すら抱く(笑)。

そんな面倒な性格なので、
あたしは人を褒めるときも、
本当にそう思っていることしか言わない。
言えない、いや、言いたくない、かな。
お世辞とか社交辞令的なホメが不得意だから、
たぶん、世間を上手に渡れてない(笑)。

ただね。

褒められるのも、
いつでもいやというわけじゃない。
人を褒めるのも、
いつも言わないというわけじゃない。

褒められて嬉しいときはある。
褒められて嬉しい人もいる。
褒めたくなるときもあるし、
褒めたくなる人もいる。
たぶん、大事なのは、

いつ言うか。
何を言うか。
誰が言うか。

タイミング、大事。

もーさ、褒めりゃいい的なのは、
自分に対してじゃなくても、
聞いてて、オぇ~っとくる。

でもさ、友だちに言われた、
自分も褒められたいからだと思うと、
ちょっと納得できた。

「こっちはこんだけ褒めてんのに、
 なんであんたは褒めないのよ!」

そう思っていた場合、
相手が自分を褒めるまで、
何度も相手を褒め続ける、
という現象が起きかねない。

これは、あたしにとって、
新しい発想だったんだよねぇ。
そんな考え方があることすら、
想像できなかったから。

しかし、こんなのがあったな。

とある研究で、
他人の自分に対する評価が、
自分の思っているのと違った場合、
それがたとえ「褒め」であっても、
相手に対し不快感を抱き、
逆に、それが否定的な評価であっても、
自分が思っていることと近ければ、
受け入れて相手を信頼する、
みたいな。

要は、自己評価と他者評価に差が大きいと、
色んな意味で、だめってことだ。
↑雑だな、おい

だからさ~。

なんでも褒めりゃーいいわけじゃないし、
ましてや、自分が褒められたいからって、
相手を褒めるんじゃ、そらーあ~た、
言われたほうも不愉快になるってことよ。

ま、鈍感でオメデタイあたしは、
今の今までわかってなかったけどね(笑)。

この年にして、ひとつ学習した!
いえ~いv。

さて。

ひとつ学習したあたしは、
前期の授業が終わりました。
あとは成績とかテストとかを残すのみ。

いえ~いv。

もうすぐ国へ帰る留学生もいるので、
今日は記念撮影。
もっときちんと化粧すればよかった!
とぼやいたけど、時既に遅し(笑)。
でも、学生に、

先生の授業は楽しかったです!

と、お褒めの言葉をちょうだいしたので、
化粧がひどいことは、いいことにした。
↑あほ

あ、いっとくが。

「楽しい」は「おもしろおかしい」ではない。
そんな授業はつまんない。
学習における「楽しい」は色々あるけど、
やっぱり新しいことを「知る」こと「わかる」こと、
「できる」ようになることは、楽しさの大事な要素、
と、あたしは思う。

あたしは、ね。
これ、教師のビリーフだからさ。

ちなみに。

ビリーフ(belief)とは「信念」のことで、
例えば、厳しく教えることが大事だ、とか、
語学なら、何度も書いて覚えるものだ、とか、
ともかく、これがいいとか悪いとか、
正しいとか間違いいているとか、
自分が思う学習観とかのこと。

ただ、このビリーフは、気付かないことも多い。
だから、無自覚な教師は意外といるのかも。

それはさておき。

それにしても、うちの学生、
褒めるタイミング、わかってるな(笑)。
ほんと、めんこい。
↑かわいいという意味の北海道弁

学びたいという気持ちがある学生は、
その出来不出来にかかわらず、
めんこいのさね。

「教えること」を学び続けて、うん十年。
とまではいかないけど(笑)、
褒めることも含めて、教えることは難しいし、
思うようにいかないことがたくさん。
だけど、それ故に、面白いこともたくさん。
だから続けられるんだろうな~。

おっと、話が逸れた。

さて、お仕事もう一踏ん張りしたら、
久しぶりに心にねじりハチマキして、
研究に勤しまないと。

てか、まじでやばいでしょ。
↑ブログ書いてる場合か!

猫

そんなあたしに追い打ちをかけるミー。
椅子とりゲーム勃発。

いや、やりますよ。
はい。



 ↓褒めるかわりにポチっとどーぞ


  

 

芸能人ではないが歯は大事。

 
大学

歯が痛い。

今週で、大学の授業は終わり。
あとは、採点と成績つけだけ。

というこの段階にきて、
歯が痛いのである。
しかも、恐ろしく。

で。

ついに、我慢の限界を超え、
今日、歯医者に行って来た。

がしかし。

まだ痛い。
神経を抜いたはずなのに、
治療中の歯に食べ物があたると、

あ~たたたたたた!

とケンシロウになるレベルで、痛い。
マジまいる。

それにしても。

歯医者選びは悩ましい。
今日行った歯医者さんは、初めてのところ。
その前まで行っていた歯医者さんも、
救急で行ったので、行きつけではないんだけど、
良ければ通い続けようと思っていた。
でも、やめた。
なぜなら、嗚呼、なぜならば、

恐ろしく不衛生だったから。

こんな歯医者さん、あんのか?
と思うくらい、汚かった。
これじゃ~、病気になっちゃうよ。
そう思って、我慢できずに、
言っちゃったもの。

「次回から、席を変えてください」

って。
でも、変えてもらったところも、
相当に汚れていた(笑)。
そらそーだよね。

とりあえず、その歯医者さんは、
急ぎの治療が終わったと同時に終了。
今回、また新しいところへ行ったわけだけど、
さて、どうかなぁ~。
相性もあるしね。

ともかく。

早いとこ、痛いのが治らないことには、
生活が不便でならない。
食べ物を美味しく食べられない。
仕事も釣りも何もかも、
頑張れないし、踏ん張れない。

芸能人は、歯が命。
芸能人じゃないけど、歯は大事。

あ~~~、早く治れぇぇぇぇ。

今回の歯医者さんと相性が良かったら、
しばらく通い続けて、虫歯も何もかも、
ぜーーーーんぶ治すんだ。
夏休みに入るしね。

みなさんも、歯はお大事に。
いや、体は全てお大事に、だな。




 ↓歯が治りますように。


  

 

60と書いて。

 
flyfishing

60と書いて、ロクマルと読む。
60=60cm

でっかい魚に会いに行く!
と勇んでいったものの、
夢破れて 山河あり
↑国だろ

60は、夢のまた夢。
だけど、ビッグなニジマスを釣るのは、

女のロマン!

そんなタワケを申しておりますが、
今日もちゃんとお仕事してきましたよ。
↑あたりめぇーだ

さてさて。

何より怖い紫外線とかいいながら、
三度の飯より好きな釣り。

この週末、夜中の1時半起きの2時半出発、
というほとんど病的なスケジュールで、
久々に遠出の釣りに行ってきた。

そして、釣ったのが1枚目の画像。
サイズは上がらなかったけど、
数は釣れたので、そこそこ楽しめた。

flyfishing

ま、近場には行ったんだけどね。
ただ、前みたいにしょっちゅうは行けず。

flyfishing

重要度と緊急度の高い作業が、
今年はちょっと多くて、
三度の飯より好きとはいえども、
さすがに、ね。

ま、いくけどね(笑)。
↑どっちやねん

で、お魚の画像を撮るのって、
結構、大変で。

flyfishing

↑これを撮っているときの姿が、
↓こんな感じ。

flyfishing

やっぱりニジマスは、
美し~魚だわ。
ほれぼれする。

flyfishing

やっぱり、いつかはロクマルだなぁ~。
ビッグな君に会いたいぜ!!!

あたしの夢は果てしないらし~。



 ↓ビッグなニジマスが釣れますように。


  

 

自力本願、他力本願。

 


「おまえ、他力本願だな」

なんて言ったり、
言われたりしたことはない?

他人の力で自分の願いをかなえる、
と解釈し、それはよくない、
と思っていたことはないだろうか?

他力はだめだ。
自力じゃなきゃ。

みたいな。
でも、本当は違うんだよね。

「他力」とは「阿弥陀如来」の力を意味し、
「本願」は「極楽浄土へ往生させる」

ということらしい。
で、そのうえで、あえて自己解釈すると、

自分の力で叶う願いなどなく
他の力によってのみ成り立っている

となる。
すなわち、なんでも自分がやったと思うな。
なにかができている、成立しているのは、
他の人や他の事柄がそこにあるからだ、
ということ。

実は今日、友だちと、
やっぱりさ、傲慢になっり、過信したり、
浮ついたり、欺いたりしたりすると、
そういうのって、巡り巡ってくるのかもね、
なんて話をしてた。

全ては自力だ!という思いが、
他ならぬ自分だからだ!という考えが、
人の足をすくっていくのかもしれないね、って。

ほんと、そーだな~って思う。
中学生時代の言い方をすると、
「おだってわや」みたいな。
↑わかりにくい(笑)

霧の中を走っているときは、
自分がどこにいるかわからないからね。
日々の生活、日常って、
霧の中にいることすら忘れさせかねない。
だから、時々立ち止まって周りを見たりするのも、
いいのかもしれないね。



さてさて。

ちょっと立ち止まって、
明日、日曜日は釣りに行ってきます。
↑しょっちゅー立ち止まってんじゃねーか?

9月にある発表のことが気になるけど、
まずは明日、思い切り楽しんでから、
考えることにしました。
↑ろくなことがない先延ばし



だからかな?
そんなことしてるからかな?

大学院から見る空はいつも暗い(笑)。

ま、でも、夜明けの空を眺めていた頃よりは、
ぜんぜんマシだわね。

では、明日は、明日こそは、
でっかいお魚さんに会ってきます。

応援、よろしく♪

会えると思っているあたりが、
オメデタイ~。



 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

おばかさん。

 
ニジマス

Insanity:
doing the same thing over and over again
and expecting different results.

同じことを繰り返しながら、
違う結果を望むこと、
それを狂気という。

アインシュタインの言葉。

同じことを繰り返しながら、
違う結果を望むなんて、

ばかか?

という訳を見たこともあるけど、
ともかく、これを読んだとき、

まったくだ!

と思わず笑ってしまったことを覚えている。
自分に言われてるみたいで。

なかなかうまくいかない、とか、
負のスパイラルに落ちているときなんかは、
たぶん、違うことをしているつもりで、
同じことを繰り返しているんだろうね。

そしてあたしは。

今週末、また釣りに行く。
ちょっと頑張って釣りに行く。

同じこと(釣り)を繰り返しながら、
違う結果(研究が進む)を望むなんて、
ほんとに、あたしは。

おばかさ~ん♪

ちょっと使い方が違うけど(笑)、
愛すべきおばかさん、ということにして、
今宵はそろそろ寝よう。

学期末。

試験に採点に成績つけに、
と、これがなかなか忙しい。

しかし!

これを乗り切れば、夏休み!

と思いきや!

仕事と研究のbig waveがやってくる~。
それも、かなりビッグなのが。

なかなか休ませてもらえないぜ。



 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

9月は大阪&京都へ。

 
おみやげ

先日、おみやげをいただいた。
この日は、偶然にも、
他のおみやげが2つ。

おいしゅーございました。

さて、昨日書いたけど、
研究会、なんとか申込完了。
これで飛行機のチケットも無駄にならない(笑)。

今回は、9月17日から20日まで関西。
久しぶりの関西、そして京都。
いつぶりだろ~?

ということで。

研究会は19日。
今回は、誰に会えるかな~。
研究会もその前後も。

ちなみに、宿は連休前でとれず、
友だちんちに泊めていただくことに。

暑さだけが心配だぁ。



 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

何がお好き?

 
cat

「好き」の対義語は「嫌い」。
でも、本当の意味で対極にあるのは、
「無関心」な気がする。

「嫌い」には興味ではないが、
関心がある。

そう考えると。

「無関心」って切ない。
関心を持たれないことだけではなく、
持っていた自分の関心が消えていくのも。
だって、関心のないものには、
喜びが湧かないんだもの。

逆に。

何かに関心を抱けたこと、
抱き続けられたことは、
ある意味、幸せだ。

ただ。

それが「嫌い」という感情で続くのは、
無関心とは違う苦しみがあるよね。

そう考えれば考えるほど、
「好き」って感情は、すごい。

この感情は、どこからわいてくるのだろ?
どうやって、その感情はつくられるんだろ?

な~んて考えるより、
直感的に生きたほうが、
人生は楽しいのかもしれないけど、
あたしには、そういう人生は難しい、
というか、向かないんだろうな。

てか。

こんな質問をされたら、
みんなは何て答えるんだろう?

あなたは、
何が好きですか?
何をするのが好きですか?
誰が好きですか?
誰といるのが好きですか?

なんだか、質問紙調査の項目作りみただけど(笑)、
「好き」っていっても、実際ほんといろいろあるよね。

あたしは今さら説明するのも、だけど、
猫が好き。
釣りをするのが好き。
病的に好きかもしれない(笑)。

誰?に関しては、ん~、誰だろ。
個人とか、属性とか、いろいろあるな。

頭のいい人が好き。
一緒にいてワクワクする人が好き。

あ、そうそう。

あたしは釣りが好きだけど、
読書好きって人も多いよね。

読書の好きな人に、吉報?(笑)


1日を「72時間」に 増やせる!?
  読書で得られる驚きの効果とは?


ま、72時間もいらないよ!
って人もいるかもしれないけど、
あたしが好きな頭のいい人の大半は、
読書をよくする人。

「頭がいい」は、一般的に「勉強ができる人」。
たぶん、自分や自分の知っている他者と比べて、
知識量が多い、とか、判断が速い、とか、
洞察力がある、とか、思考力がある、とか。
コミュニケーション力なんかも入るね。
争いを起こさず物事を解決するとか。

そういうことに長けている人って、
やっぱり読書する人のような気がするんだよね。
よく昔、本を読む人には敵わないって、
言われた気がする。

さらに、このHPによると、読書をすると、
「6分間の読書でストレスの3分の2以上が軽減」
するという素晴らしい効果があるらしい。
すごいね、読書パワー。

そんなんで。

ちょっと話が逸れたけど、
読書好きな人には、いい情報じゃない?
そうでもない?(笑)

秋の夜長ではないけど、
あたしも今宵は読みかけの本、
読もうかなぁ~。
↓研究とは関係ない本(笑)。



あ、今日ね、研究会の申込、終わったの。
だので、今宵は頭の開放ォ~。
いや、心だな。

さ、今日は少し早く寝よォ。
久々に、体が痛いぜ。




 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

脳みそ丸出し。

 


病院で、診察を待つときは、
たいがい院内のコンビニで雑誌を買い、
昭和の臭い漂う喫茶店で珈琲を飲むのが常。
Oggiを読んでいたころが、
もうすでに懐かしい今日この頃ですが、

みなさま、いかがおすごしでしょうか。

さて、北海道もやっと夏到来。
あたしの町は、あまり暑くないけどね。
ちなみに、昨夜は15℃でした。
↑軽く震える

そんなんで、短い夏を満喫すべく、
先日、定期検診に行ってきた。
満喫するためには、体調は大事だからね。

で、先生はあたしを見るなり、こう言った。

「その腕は、運転焼けじゃないですね?」

ひー!
先生、いきなりそれですか、
と驚いたあたしは思わず、
聞かれてもいないのに、

「い、いえ、釣りは1ヶ月行ってません!!!」

と白状してしまい。
↑あほ

やましさがあったのかしら?(笑)

んで、肝心の体調は、というと、
寝不足が続かなければ、すこぶるよろしく、
去年の今頃とは比較にならないほど、
体の痛みも少ない。

そんなあたしを知ってか、先生は、
無理をしないよういつも釘を刺す。

は~い♪

と先生のいうことをききます宣言をし、帰宅。
よし、これで、釣りも行けるし、
9月の学会も、飛行機も、大丈夫だ。

さて。

前置きが長くなりましたが。
↑前置きかよ!

今日は大学院の話。
興味のない人はスルーしてください。

今学期から、2~3週に1度ゼミがある。
昨日がその日。
仕事を終えた後、高速に乗り、
大学から大学へと移動する。
先生から学生に変わる時間。

ゼミは、ドクターと指導教官だけ。
ある意味、とても贅沢な時間。
他大学(大学院)のドクターの話を聞くと、
恵まれているところもあるけれど、
大人数で先生と話す機会がほぼない、とか、
院生同士で議論することもない、とか、
いろいろ大変そうなところもあるようだ。

前にも書いたかもしれないけど、
研究生として大学院へ行くようになってから、
今のドクターまで、休学を含めると、
もう恐ろしい年数が経過している。
あとちょっとで2桁いっちゃうよ、というくらい。

修士から博士に入ったあと、
もう博士号なんてとれないし~、
間違ってとれても、未来ないし~、
なんて、一時期心折れたりもしたんだけど、
とってもいないうちから心配をするのは、
あまりにアホじゃない?と思い始め、

まずは、とってみろよ!

というところに落ち着いたのが今年。
結果はあとからついてくる、
と覚悟を決められたんだよね。
20代後半に大学に入った頃と同じ感覚。

あたしの仕事では、運転免許証をとる、
というくらい、大学院は必須。
昔は、修士でよかったけど、
今は、博士がないと、
就職はほぼ不可能な世界。

まだ就職する気なのか?

そう、まだする気なの、この年齢で♪
人生のうちで、5年くらいでいいから、
大学教員になって、で、院生と議論する!
というのが目下のあたしの夢(笑)。
そう思えば、頑張ろうと思える、はず。

博士号は「足の裏の米粒」。
取らないと気持ち悪いけれど、
取っても食えない。

先生に昨日そう聞かされ、確かにそうだと思った。
しかし、就職的にはとらなければ何も始まらない。

ただ、ここで培った経験は、
汎用性が高いことばかり。

大学院は、研究だけではなく、
研究と、そこに関わる人々を通じて、
さまざまなスキルを身につけられる場所。

ロジカルな思考、説得力のある説明、
わかりやすい伝え方、などなど、
あらゆるシーンで使えそうなそんなスキルが、
努力と引き替えに身につけられる。

しかし。

技術だけではどうにもならないこともある。
なんつーのかな。
研究する姿って、その人となりがよく見えるなというか。
なぜかというと、物の考え方や、その人の姿勢など、
脳みその中身が「裸」にされるから。
スッパのマッパです。
だから、どんだけつくろっても、すぐバレる。

その浅はかさ。

そうなの。
アホか否かはすぐバレる!
その人の能力だけではなく、
人間としてのアホさも丸見えになる。
なにせ、スッパのマッパだから。
↑しつこい?

ま、そんなんで。

あたしは、アホ出身だが、
浅はかではありたくないので、
がんばりま~す。

カンバリマース!
↑2回いわなくても言いんでしょ?

さて。

最近、新しい出会いが少なかったのは、
あたしがクローズしていたせいだと気付いたので、
頭も心もオープンでいきたいと思います。



あたしはNIKEじゃないけど、ね(笑)。
いつでもオープンですよ。

ウェルカム!

なんだか訳がわからなくなってきたので、
そろそろお片付けして、
先行研究読みま~す。

ヨミマース!



 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

高田純次の話とか。

 
flyfishing

釣りに行けてない。
かれこれ1ヶ月も。

そろそろ発狂しそうだ。

写真を眺めながら、唸る月曜日。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて。

激アツの昨日に比べ、
幾分涼しくなった今日は、
午後から元気にお仕事をしてきた。
最近、会う人、会う人に、

元気になったね!

と言われる。
前よりも顔色がいいらしい(笑)。
そのせいか、今日は学生に、
先生は、28歳ですね!
と言われた。

ん?
何か問題でもございますか?

ま、そんな冗談はさておき。

元気は元気なんだけど、
頭と体があと3つくらい足りない毎日。
まったくロースペックで困る。
進歩も成長も、どうも歩みが遅い。

そうそう、成長と言えば。

記事は古いんだけど、
↓これ、これ。

高田純次が番組で
  「自分を伸ばすルール」
  を語り出演者らが共感


いつもふざけて見える高田純次が、
ある番組で話したことらしいんだけど、
これが、なかなかいいこと言ってる。

「説教、自慢話、思い出話、
 この3つは抑えていかないと、
 自分は伸びていかない」

ね、これ、地味に大事だよね。
大概、苦手だと思うタイプって、
自慢話とか、過去の話とか多くない?
と、この話を読みながら思った。
そういう自分も無意識でやってるかもしれないしね。

なんのニュースだったかな~。
アンケートだったかな~。
女の人が嫌う男性の話の上位2つが、
自慢話と思い出話だったような記憶がある。
特に、オレ悪かった自慢とか、
オレもてた自慢は、NOだって書いてたな~。
↑うろ覚え

人には、自分で気がついているか否か、
そう、この間のブログじゃないけど、
モニターできるものとそうではないものがあって、
そのひとつに、こういう「価値観」があるんだよね~。
昔、よく、テレビなんかで、

「価値観が合わなくて別れました」

なーんてぇ~のを見て、
みんな価値観なんか違うじゃん、
とか思ったけど、最近はこの「価値観」というものが、
いかに複雑なものかとわかったので、
価値観が合わないことがある、ということも、
何となく理解できるようになってきた。

オトナになったのかしら?
↑今頃かよ

てか、他人様の価値観を、
心配している場合でないわ。
頭と体が3つ足りないんだった。

もっと、ハイスペックになりたい~。




 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

姓名判断。

 
猫

昨日も暑かった。
でも、今日が今年1番じゃないだろうか。

体は北海道仕様なうえ、
エアコンも苦手なため、
25度を越えると、くたばる。

我が家のミーちゃんも北海道仕様。
昼はぐったりしていたけど、
気温が下がって涼しくなった夜は元気。
飼い主は元気じゃないんだけなど~。

さて。

先日、ネットでいつものように、
調べものをしていたときのこと。
検索結果をクリックし、たまたま開いたのが、

「姓名判断」

だった。
占いなどはネタ的に話すことはあるけど、
基本、信用しないタイプなので、
普段はこういった類のものは、スルーする。

が。

そのときは、何を思ったのか、
何気に名前を入れていた。
そして、驚いた。

え、いいセン、いってない?

大当たりではないけれど、
外れてもいない、みたいな感覚になり、
家族の名前なんかも入れてみた。

え、これまた、いいセン、いいセンじゃない?

そして、何名かの知人の名を入力して、
思わず、へぇ~~~~といってしまった。

実際、当たっているかどうかは、
わからないし、正直どーでもいい(笑)。
占いは、結果を受けた側のとらえ方だし、
好き好きも自由だと思うから。

だけど、そんなあたしでも、
思わず、へ~と言ってしまったのは、
そこに書かれていた抽象語彙の力かな。
当たらず外れず、とりようによっては、
ついつい当たってる、とか言いたくなる、
そんな抽象語彙群。
感心してしまった。

ただ。

そうはいいつつも、
姓名判断って、面白いなと思った。

名は体を表す

っていうじゃない?
名前はその物とか、その人の、
性質や実体をよく表すという意味ね。

しかし。

一方で、言語の恣意性、なんて言って、
音と内容の間には、自然な結びつきなど存在しない、
たとえば、「ねこ」という言葉と、
目の前にいる「動物の猫 」には関連がない、
とも言われている。

もう既に存在している物と言葉を使い、
新たに生み出した物にネーミングしたときには、
その性質や実体を表す名をつけられることもあるけど、
人の名前って性質や実体がわかる前につけているから、
本当なら、自然な結びつきなんてないはずなんだけどね。

だけど。

今回やってみた姓名判断では、
その占いがいうところの、
その人の特徴みたいなものに、
あ~なんかわかるーと思わされたんだねぇ。

ちなみに。

うちのミーちゃんは、
前の猫が「ちゃーみー」だったので、
その「みー」をとってつけたわけだけれども、
そこらへんは、姓名判断的に、

どうなるのかしら?

などと、たいした疑問にも思っていないくせに、
ちょっと気にしたふりをして、

ごめんなさい(笑)。

あ、誤解のないように書いておくけど、
占いとか姓名判断が好きな人を否定する気は、
毛頭ございませんので悪しからず。
あくまで、あたし的には、というお話しです。

さ。

来週はいよいよ研究会の申込み締め切り。
そろそろ頑張らないと、いい加減、やばい。
飛行機のチケットもとり、
友だちの家に泊めてとお願いし、
知人に会う約束までしたのに、
申込みできないなんてなったら、ことだ。
↑そこか?

よし。
がんばるぞ。
↑なんか、頼りない(笑)



 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

モニタリング。

 
空港

怒濤の7月も3分の1が終了。
2015年も後半に入ったけど、
このペースだと、

今年もあっという間に終わった!

というに違いない。
いや、このペースじゃなくても、
絶対そう言うな。

そんな忙しい毎日だけど、
あたしは毎夜、寝る前に、
足のマッサージをしながら、
ネットのニュースを見るのが習慣。
で、そこで見たのが↓これ。

能力が低い人ほど
  自信たっぷりな理由、それは…



この本を書いているのは、榎本博明という人。
あたしは、学部時代に読んだ
『自己開示の心理学的研究』という本で、
初めて出会った。
↑書籍との出会いね

最近だと、自己心理学なんかで、
お見かけするんだけど、
平たく言うと、心理学の専門家、かな。

なんか、タイトルだけ見ると、
能力が低い???とか思ったけど、
サイトでちょっと気になったところを引用。


----サイトより引用----

「意識高い(笑)」人々は
周囲からどう見られているかを気にしながらも、
自分が人からどう見られているかには鈍感である。

自分の言動が適切だったかどうかを
自身で判断する「セルフ・モニタリング」が
働いていない。

“できる”人は自分より上の能力の人と
自分を比べる「上方比較」をし、
自分もそこに到達できるように努力するが、
“できない”人は下の能力の人と比べて
見下す「下方比較」をして安心しまう。
このため、彼らの能力にどんどん差が生まれていく。

-------------------


どう見られているか気になるのに、
どう見られているかには鈍感、
というのには、思わず、
わかるかもォ~と言ってしまったけど、
これって、その後に書いてある、

「セルフ・モニタリング」

のことなんだよね。
日本語だと、俯瞰するとか、
自己観察するとか、
もっと一般的に言うと、
客観視する、とかかな。

これは、一種のスキル、
と言ってもいいと思うんだけど、
学習の場面でも必要とされるもの。
この間のDのゼミでもちょっと話題に出たけど、
モニタリングって、簡単ではないんだよね。

ここでいう「できない人」というのは、
「できないことがわからない」がために、
自分はできる人と思ってしまうのかな?
ま、実際、周りにいなくもないし、
もしかすると、自分がそれかもしれないしね(笑)。

いや。

あたしは、薄っぺらいかもしれないけど、
今は、ある程度モニタリングが効くようになったので、
これには該当しない、と思われる。
↑これ自体がモニタリングできてない場合は、
なんと滑稽な、だね。

ま、そんなんで。

話題としてちょっと面白かったので、
書いてみたというわけでございます、はい。

ちなみに、書籍は↓こちらです。

『薄っぺらいのに自信満々な人』


実は、最近気になった話題がまだあるので、
それは次回以降にします~。

さて。

今月前半は家族や友人のお見送りがあったり、
仏事があったり、と、人間関係の用事多し。
そのとばっちりをうけ、いつもより、
かまってもらえないミーちゃんの、
夜はのあばれっぷりは、ハンパない。

猫

猫じゃらしが、とまらない。
もう何本ダメになったことか。

今夜もじゃらしでエキサイトだな。




 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

きょうだい。

 
空港

一時帰国中の妹が、再び外国へ。

外国人と結婚した彼女が日本に来られるのは、
そうそう何度もあるわけではない。
そんなんで、今回はお見送りに行った。

うちは、相方のきょうだいの配偶者も外国人。
その子どもたちは当然外国育ち。

ちなみに。

あたしのお仕事の対象者もほぼ外国人、と、
なぜか外国人だらけ。

ま、それはさておき。

今回、妹は日本の住まいを引き払い、
完全に海外へ移住するために帰国した。
そのため、引き払った後は、我が家に滞在。
いつもよりちょっと長く一緒に時間を過ごすことになった。

いつもなら、あたしがほぼ一人で家にいる時間を、
今回は妹とともに過ごしたこともあり、
これまでの一時帰国とはちょっと違う感覚だった。

きょうだいって、いいな

と、これまでとは違う感覚でそう思った。
どうやら妹もそう感じたようで、
そういうとこも、きょうだいだな~と思った。

海外での生活は大変なこと。
旅行とは違う。
いいこともあれば、いやなこともある。

だので。

辛いときはいつでも帰ってこい、
と言って見送った。
↑姉ふ~にしてみた

そんなんで。

今夜は少し家が静か。
昨日までギャンギャン鳴いてたみーちゃんも、
心なしか、おとなしい。

猫

猫のキミにも、わかるのかな?
我が家の空気感が。



 ↓ランキング地球圏内突入?


  

 

女友だちと会うために。

 


夏のバーゲン、真っ直中。

SALEの文字が、
あの赤い札が、

買う気もないあたしの購買意欲に、
火をつける。

そんな中。

買ってしまったのが本日の画像。
お友達と買い物に行ったときに、
予定外に買い足してしまった商品。

てか。

ゆっくり買い物に行きたいなぁ。
遠くに離れてなかなか会えない親友と、
一緒に買い物をしたり、出かけたりしたいわ。
なにせ、最近、あたしの中で、

女トモダチがアツイ。

やっぱねぇ、同性だわ。
あ、そっちのケはないよ。
じゃなくて、女子はいいわ。
年々、そう思う。

だから、今年は少しお友達と、
温泉へ行ったり、ご飯を食べたり、
お買い物に行ったりできるように、

まずは、研究をなんとかせねば!

と、そこに回帰する悲しき現実(笑)。
まったくもって、進歩しないあたし。
だから何年も大学院にいるんだよ。
とっとと出ろ!
↑まだ居座る予定

さて~、やるかぁ~。
発表申込みの締め切り、近いのさね。
投稿論文の締め切りも、迫ってきてるのさね。
おっと、学生の作文チェックもしなくっちゃ。

気合いだ、気合い!!!

精神論になりつつある今日この頃。
やばいな(笑)。



 ↓ランキング地球圏内突入!


  

 

かっこいーな。

 
同級生

このところ、ちょいちょい飲む機会がある。
お酒が一滴も飲めなかった数年間、
楽しそうに飲んでいる人をうらやましく思ったが、
やっとあたしも飲める。

で。

今回は、高校の同級生の送別会。
地元を離れ、遠くに行ってしまう。
高校時代はそんなに付き合いはなかったが、
ここ数年で仲良くなった同級生。

前の投稿じゃないけど、この年齢になると、
ある程度、自己、みたいなものが確立していて、
そんなに簡単に変わらない、という気がする。

そんな中。

勇気を持って、新たな一歩を踏み出す同級生。
大きな決断に、エールを送りたいと思った。

でも、そういう決断をできる人は、
その決断だけが素晴らしいのではなく、
決断をできる人というのかな、
培ってきたものか資質かはわからないけど、
現時点においては、基盤がある、というかね。

その場の雰囲気の和ませ方には優しさがあり、
考え方を話すときには、知性を感じさせ、
それでいておごり高ぶることもない。

久しぶりに、人間的にかっこいー男の人と会った、
そんな気分だった。
何回も会ってるのに、新たな発見があって、
なんだか嬉しかった。

男女に関係なく、
かっこいーなって思える人と出会えた日は、
その日1日すべて、いい日だった、となる。

よって。

この日も、とても楽しい夜を過ごし、
また次回、集まろう!と盛り上がり、
いい一日となった。

がしかし。

その後、中学時代からの友だちと、
もう1軒だけ行くか!と言って、
寄った先がよろしくなかった。

お酒

いや、お店のマスターやママは好き。
お店そのもは好き。
ただ、そこでの再会が…。

店の扉を開けると、その先に、
なんとな~く見たことのある顔が。
ちょっと、造形のいい男の子。

思い出した。

10年以上前に親しくしていた男の子。
といっても、もう今はいい大人だが、
懐かしさとは、すごいもので、
一気に時代を過去へとワープさせる。
そして、あたしたちも、懐かしいね、
なんて話していたまでは良かったが…。

結局、なんだかちっともつまらない話を聞かされ、
お店をあとにするはめになってしまった。
本当に、ちっとも楽しくない話だったのだ。

人を変えることはできない。
しかし、人は変わる。

そんなふうに感じつつ、お店を出たんだけど、
ま、それでも、彼との再会のおかげで、
同級生の男っぷり、というか、人となりを、
再確認できたので、よしとした。

尊敬っていうと、なんだか逆にちっぽけに聞こえそうだけど、
「ああ、この人は性別を超えてかっこいーな」と思える、
そういう人は、本当に魅力的だし、だからこそ、
こうしていつまでも活躍できるんだと納得した夜だった。

そんなんで。

次の飲み会を楽しみにしつつ、
山積した読むべき論文やお仕事とにらめっこ。
いや、にらめっこしてる場合じゃないんだけどさ。

そんなあたしを横目に、
今日も元気なみーちゃんは、
ちょっと、はしたない。

猫

さ、今週は、見送りの1週間。
家族、友人、同級生が方々へ飛び立つ週。
お見送りに大忙し。

釣りは、来週だな。
きらーん☆
↑意味不明



 ↓ランキング地球圏外チュー。



  

 

Home > 2015年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。