Home > スポンサー広告 > ブログが好きかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/1072-3e05de6f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > ブログが好きかも。

Home > ぼやっき日記 > ブログが好きかも。

ブログが好きかも。

 



長い間、放置していたこのブログを、
読んでくれている人がいて、
それを自分のブログでそれとなく、
読んだよ、とわかるように書いてくれる。

嬉しいねぇ。

しばらくご無沙汰してるのに、
ブログを持っている人とのお付き合いは、
他のSNSとは少し違うように思う今日この頃、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

振り返ると、ブログと出会ってから、
もうかれこれ15年くらいだろうか。
もとはBBSから始まり、HP、
ブログ、skype、Twitter、LINE、
mixi、fecebookなどいろいろやってきた。

facebookは、結構使っていた。
たぶん、辞めた多くの人と同じ理由だと思うが、
このブログに書いてあったことなんかは、
強く頷けた。

facebookは自慢話大会?
  日本のfacebookは”うざい”?


知人同士が、本来ならば知るよしもない、
または、知る必要のないことを、
強制的にお知らせできてしまったり
強制的に報告されてしまったりする。

自分にとっての「適度」は、
自分でコントロールしなければならい。
なんだか違和感を覚える。

最近もやっているのかわからないけど、
このCMを見たときも、
何とも言い難い違和感を感じた。

Facebook日本がいまさらTVで
  CM流す意味は何か


このブログによると、ユーザーは、
13~35歳が過半数とのことだが、
よく見ると、35~64歳も半数近い。
オトナになってから学生時代の友人と繋がる、
それは、ある意味、新鮮で、
刺激的なのかもしれない。

知り合いと繋がることで、
ネットの世界が実生活と直結する。
最初のブログには、

「リアルとネットの境界線が、
 段々なくなってきている。」

と書かれていた。
以前、リアルが現実で、
ネットが架空・仮想だったことを考えれば、
ともに現実で、架空や仮想そのものが、
薄らいできたということかもしれない。
しかし、ともに現実となり始めた昨今、
ネットとリアルには、違う意味が付加され、
境界線がはっきりしてきたように思う。

それは、「ウソ」か「ホント」という境界線。

情報も、感情の表出も、
コントロール可能になったネットの世界は、
嘘や偽りに最適な場なのかもしれない。
なにせ、facebookもLINEも、SNS自体が、
リアルであるかのように見せられる。
事実であるかのように語れるという機能が、
あちこちにちりばめられている。

だからこそ。

嘘がばれやすくもなったともいえる。
たくさんのアプリを使うものだから、
整合性がとれなくなったりする。

その姿、まるで刑事と犯罪者。

全てがそうであるとはもちろん言わないし、
そんなことは思ってもいない。
しかし、残念だが世の中には、
いろーーーんな人がいる。

あたしは、即時性の高いSNSを通じて、
これまで以上に、その「人となり」が、
よく見えるようになった気がする。

亀の甲より年の功。

年齢が上がり、経験値も上がった。
だから、前よりそう見えるんだ、
と言ってしまえば、確かにそうかもしれないが、
いや、それだけじゃない気がする。

そもそも、人のコミュニケーションは、
多くを非言語に頼っている。
相手を理解する情報は、
言葉以外の、身振り、声のトーン、
目線などなど五感に存在しているのだ。

その割合は諸説あるが、
非言語コミュニケーションは7~9割、
言語のコミュニケーションはは1~3割、
と言われることが多い。

言語以外の情報がほぼない文字だけの世界で、
コミュニケーションをうまく成立させるのは、
かなり高度な技術を要する。

視覚的情報として、たとえば、
絵文字やLINEのスタンプなんかが、
やたらと流行ったり、多用されるのは、
技術不足を補うためと考えれば納得できる。
例に漏れず、あたしも使っているが、
こんなにスタンプや絵文字が流行るのは、
他国に比べると、言葉による説明の必要性が少ない、
hight-contextな日本だからこそ、
なのかもしれない、と思う。

そんなんで。

結局何が言いたいのかというと、
自己選択が可能で、
見たい人だけみれれて、
言葉で十分に説明可能な

ブログが好きかも

ということなんだけど、それは、
自分の思考や思いを言葉にするとき、
なるべく齟齬なく伝えたい、
という価値観のせいかもしれないな~。

でも、少しオトナになったので、
互いに多少の齟齬があっても、
許容できますよ、はい。

えーっと、どうやってまとめようか、
わからなくなってきたので、
本日は、この辺で。

やっぱ、まだまだ書くことには、
リハビリが必要らしい(笑)。





関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/1072-3e05de6f
Listed below are links to weblogs that reference
ブログが好きかも。 from 出戻りぼやっき日記

Home > ぼやっき日記 > ブログが好きかも。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。