Home > スポンサー広告 > ゼミと、悩殺図書館。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/536-72314162
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > ゼミと、悩殺図書館。

Home > 大学院&研究 > ゼミと、悩殺図書館。

ゼミと、悩殺図書館。

 
frozen 
 
 
帰ってきて、
ご飯を食べて、
片付け終わって、
コーヒー飲み始めたら、

あ~ら、もう0時過ぎ。

という感じで、
毎週の月・水らしい時間帯ですが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

改めまして、ただいま。

今日は、少し気温が高かったおかげで、
雪にまみれる、ということはなかったのだけれど、
その分、冷たい雨が足下から体を冷やしてくれた。
この季節の雨は、体に堪える。

そんな中、大学院へ向かったのだけれど、
札幌駅に着く頃には、日もとっぷり暮れていて、
大きなため息が出てしまった。
冬至までのこの時期、暗くなるのが本当に早い。

ちなみに、今年の冬至は、12月21日らしいが、
あたしは、冬至の翌日も、授業が待っている。

で、研究室へ行くと、机の上に1冊の本。
付箋を見ると、ゼミ院生の方からだった。
先日、話していたことが書かれていた本のご紹介。

自慢じゃないが、あたしのゼミ院生の方々は、
みな、すばらしー。
そして、こんなのありましたよ、とか、ありますよ、とか、
文献や論文をいつも紹介してくださる。
今日も、本が机の上にあっただけではなく、
他の方からも、こんなのありますよ、
と紹介していただいた。

みなさん、本当に、どうもありがとうございます。

ゼミでは、こういうことが、割と日常的にあるのだけど、
残念ながら、同じM1同士では、ほとんどない。
まー、お互いの研究内容が、わからない、
というのもあるのだけれど、それにしても、
という感じがしてしまう。

あたしの場合、せいぜい隣に座っている院生としか、
この文献、どーよ?なんて話題はでない。
同じ専攻の院生なのになぁ~、
授業以外で研究の話題に触れる機会が少ないよなぁ~、
とか思うのは、あたしだけなんだろーか。
ま、しょうがないといえば、しょうがないんだけどね。

ということもあって。

あたしは、自分のゼミがとても大切だし、
そこで一緒に時間を過ごす院生の人たちも、
とても好きなの。
これまでも、何度も凹み、もーだめだーと思っても、
ゼミがあったおかげで、救われてきたし、
先生がいつも、

「考えたことは無駄にならない」

と励ましてくださったことで、ほんとね、
ここにきて、やっと、少し楽しくなり始めたのよ。
研究すること、というよりも、知りたい、
という気持ちが、自然とわいてくるというか。
いや、「なんで?」という疑問かなぁ。
でも、それって、幸せなことだなー、と思う。
もちろん、研究自体は、まだまだの3乗なんだけど、
大変なことが待ってるのもわかるけど、
なんだろ?ちょっと嬉しかったりするのよ。
これも、ゼミがあっただけではなく、
メンバーに恵まれたからだと思う。

てな感じで。

恵まれたのはありがたいことなんだけれど、
いつもお世話になってばかり。
あたしもたまには、お役に立ちたいとか思うけど、
全然、役立たずーっというのが現実でね(笑;)。
まー、いつかは、という気持ちを持ちつつ、
今は、自分の研究をちゃんと考えていこうと思います。
↑また決意表明かよ

さて。

あたしはこれから課題に着手。
やりますよー、次々、出てますんでねぇ。
あ、そーいや、ゼミじゃない院生と話したとき、

「○○部の大学院は、課題、ゼロなんだってー」

って話を聞き、驚いた。
事前課題も、やってもやらなくても、
ま~別にーみたいな感じだとか。
そんなんで、OKなんだ?とちょっと驚きつつ、
どっちがイイかは微妙だな、と思ったわぁ。

あと、話は変わるんだけど、
今日、ちょっと気になったが、コレ↓。

国研

これ、国立国語研究所のHPの一部なんだけど、
昭和29年以来、毎年刊行されている、
国語に関する研究情報を集めた日本で唯一の年鑑らしい。
あ、詳しくは↓こちら。

国立国語研究所:国語年鑑

で、この本の下の方に、科研情報が出てたのね。
なにげに、H19のを見たら、あら!先生だわ、
と、うちの院の先生を発見。
いや、だから別にどーってことはないんだけど(笑)。
科研かー、いいな~とか思いながら見てました。

さて、時間がヤバげーになってきたので、
そろそろ始めます。

最後に。

こんな図書館、あったら行きたい!
っていうのを紹介して、課題に取りかかります。

Library

動物好きには、たまらない図書館ですねぇ。
名付けて、

悩殺図書館(笑)。

え?品がない?
でも、悩殺されるでしょ?(笑)

School Library Journal
   School Libraries Going to the Cats and Dogs


blogランキング
 ↑今日もポチリをありがとうです!


 ←こちらにも参加中です。


関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/536-72314162
Listed below are links to weblogs that reference
ゼミと、悩殺図書館。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 大学院&研究 > ゼミと、悩殺図書館。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。