Home > スポンサー広告 > 後知恵バイアス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

neko→ギトしゃちょう URL 2009-01-07 (水) 02:33

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

> 認知バイアスにしろ、感情バイアスにしろ、
> 基本的に人間が陥りやすい誤りとしてもともとあるもんなんだから
> かっこ悪くったって、まったく回避することは難しいと思われ。

確かに、カッコ悪くても、回避は難しいかもしれないですね。
でも、できれば、してもいいカッコ悪いだけをしたいです。
このカッコ悪いは、したくないカッコ悪いなので。
↑ややこしー?(笑)

とかいいながら、いつもカッコ悪いことをしているあたしが、
何を言っても、実は説得力がないー(笑)。

ギトしゃちょう URL 2009-01-06 (火) 10:38

遅ればせながら、あけまして今年もよろしくお願いします。

認知バイアスにしろ、感情バイアスにしろ、
基本的に人間が陥りやすい誤りとしてもともとあるもんなんだから
かっこ悪くったって、まったく回避することは難しいと思われ。
ただ、自分がそういう状況になったときに、
「あ、これは後知恵バイアスかも?とか誤謬生じてるかも?」とかって
意識できてればいいんじゃないでしょか。

まあ、でもヒトから「ほらみてごらん」だとか「だから言ったじゃん」てなこと言われると
ムショーに腹立ちますけどもねー。笑

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/555-95431267
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 後知恵バイアス。

Home > 独り言 > 後知恵バイアス。

後知恵バイアス。

 
sapporo 
 
20時半の札幌。
空から雪が、ちらほら。
じゃなくて、

めっちゃ降ってるんですけど。

20時ちょっと過ぎに研究室を出て、
駅までの道のりを30分近く歩いた。
気がつけば、頭の上には、真っ白な雪。
払っても払っても、すぐに積もる雪。
そして、降り止まぬ雪。

「そうだ、この様子を、画像におさめよう」

と取り出したカメラも、あっという間に、
雪でべしゃべしゃになってしまった。
にもかかわらず、画像には、
その降り止まぬ様子が写っていない…。

という感じで、文句たれたれ帰宅した、
本日、2009年、授業初日。

みなさまは、いかがお過ごしでしょうか。

さて。

そんな感じで、
今日から大学院だったのだけれど、
研究室に入ったときのこと、

何だか妙に騒がしい。
そして、人の動きも激しい。

と感じて、直ぐに思い出した。
そーだ、今日は、修論提出日だ。

M2の皆様、お疲れ様です!

と心の中で呟きながらも、
自分にもやってくるこの修論期日を考えたら、
ブルっと軽く身震いしたくらいにして。
でも、身震いしている割には、食欲旺盛で、
授業までの短い時間に、
おにぎりとサンドイッチを食べる。

嗚呼、日常生活が始まった。

と、感じるのが、こんなふうに、
授業前に食べ物をつめこむ瞬間だったりするのが、
ある意味悲しい…。

ところで、話は変わるのですがー。

昔、安全地帯の「恋の予感
なんて歌があったけれど、
まー、それはさておいて、みなさんは、
自分の「予感」、もしくは「予見」などについて、
どれぐらい信用しているのだろうか?

実は、今日、こんな記事を見つけた。

「やっぱりね」と思うのは脳の認知ミス?(NBonline)

何が書いてあるかというと、
後知恵バイアス」のお話。

後知恵バイアスというのは、長瀬ゼミによると、

 後から知ったことを、
 あたかも前から知っていたかのように
 過大評価してしまう傾向。

という意味らしい。
ちなみに、ウィキには、

 物事が起きてからそれが
 予測可能だったと考える傾向

と書かれている。
で、今回読んだ記事では、
以下のように書かれている。

結局のところ、「自分はわりと正しくこの事態を予測していたのだ」と勘違いするクセが私たちにあることが分かる。つまり「やっぱりね」という時の「やっぱり」は、言うほど「やっぱり」ではない可能性もあるわけだ。何とも耳の痛い話である。

 こうした認知ミスは「後知恵バイアス」と呼ばれ、日常的に広く見られる。

 あの時に株を売っておくべきだった…
 もっと慎重に運転していれば…
 うっかり酒の勢いで…

── などのような後悔の念も、あたかも「因果をはじめから知っていた」とでも言いたげな姿勢が前提になっているので、後知恵バイアスの一種だと言ってよいだろう。


詳しくは、上記のリンクから、
記事を見ていただきたいのだけれど、
あたしは、これを読んで、自分はどうか?
と考えてみた。
でも、「やっぱりね」という言葉を、
どれくらい使っているかは、
正直、思い出せない。
でも、きっと言葉のどこかに、

「自分はわりと正しくこの事態を予測していたのだ」

というニュアンスを含んでいることは、
多々あるような気がする。
思い込みだったり、勘違いだったりとは違う、
この後知恵バイアスとしての言葉が。

たとえば。

「ほらね、いわんこっちゃない」
「やっぱり、そーなると思った」
「きっと、そうすると思ってたよ」

もしも、誰かがこう言ったとしたら、
その人は、今起きている事態を、
正しく予測していた、と言っていることになる。

その事態の当事者が、
自分だったらどうだろう?
上記のようなことを、
他人から言われたらどうだろう?

そーだよねー、と思うのだろうか。
あなたの言うとおり、と納得するのだろうか。

しかし、よく考えると、この後知恵バイアス、
後出しジャンケンのような話で、
あたしはちょっとカッコ悪いと思ってしまう。
自分が言うのは、もちろん、
他人が言うのを聞いているのも、
やっぱり、ちょっとカッコ悪い気がする。

じゃー、そんなカッコ悪さを出さないためには、
どーしたらいいのか?

この記事の最後にも書いてあったけど、
自分の考えが正しいなんて思わず、
謙虚になることなのかな?
言うほど、易しくはない気がするけど。

いや、実は、最近、
自分の意見が絶対だ!という感じの意見や、
まさに後出しジャンケンじゃん!
みたいな場面に遭遇したりしてたので、
この後知恵バイアスを読んだとき、
ちょっと、心に引っかかったの。
自分も、気をつけなきゃなって意味も含め。

てなことで。

後知恵バイアス?
そんなもの、しーらない♪
という気ままなこの子で、
本日はお別れいたします。
 
buko 

ブーコもオサレして、
デートしたいらしい(笑)。

 
blogランキング
 ↑今日もポチリをありがとうです!


 ←こちらにも参加中です。


関連記事

Comments:2

neko→ギトしゃちょう URL 2009-01-07 (水) 02:33

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

> 認知バイアスにしろ、感情バイアスにしろ、
> 基本的に人間が陥りやすい誤りとしてもともとあるもんなんだから
> かっこ悪くったって、まったく回避することは難しいと思われ。

確かに、カッコ悪くても、回避は難しいかもしれないですね。
でも、できれば、してもいいカッコ悪いだけをしたいです。
このカッコ悪いは、したくないカッコ悪いなので。
↑ややこしー?(笑)

とかいいながら、いつもカッコ悪いことをしているあたしが、
何を言っても、実は説得力がないー(笑)。

ギトしゃちょう URL 2009-01-06 (火) 10:38

遅ればせながら、あけまして今年もよろしくお願いします。

認知バイアスにしろ、感情バイアスにしろ、
基本的に人間が陥りやすい誤りとしてもともとあるもんなんだから
かっこ悪くったって、まったく回避することは難しいと思われ。
ただ、自分がそういう状況になったときに、
「あ、これは後知恵バイアスかも?とか誤謬生じてるかも?」とかって
意識できてればいいんじゃないでしょか。

まあ、でもヒトから「ほらみてごらん」だとか「だから言ったじゃん」てなこと言われると
ムショーに腹立ちますけどもねー。笑

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/555-95431267
Listed below are links to weblogs that reference
後知恵バイアス。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 独り言 > 後知恵バイアス。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。