Home > スポンサー広告 > 教える、教わる、学ぶ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

猫→鶴丸さん URL 2009-02-11 (水) 01:44

ホットケーキが笑うところでしたか(笑)。

鶴丸 URL 2009-02-10 (火) 07:59

(~~~ 開放感が伝わって来るエントリ♪
そして2度目のホットケーキで・・・
わからしてもらいました(笑)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/579-2103955e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 教える、教わる、学ぶ。

Home > 日本語&勉強 > 教える、教わる、学ぶ。

教える、教わる、学ぶ。

 
homework 
 
 
♪こ~の支配からのっ 卒業♪

っと、思わず尾崎豊の「卒業」を、
口ずさむ今宵。

♪こ~の課題からの、卒業ォー♪

ああ、終わった。
やっと、終わった。
半ば強引に、終わらせた。
と、言った方が正しいかも。

しかし、辛かった、最後の課題。
なぜなら、自分の研究に絡められないから。
いや、将来的なことを考えると、
興味深いところはたくさんある。
が、しかし、今はご勘弁だったりするのだ。
↑本音を書きすぎだろ

さて。

そんなんで、課題が終わって一息ついていたら、
猫イモの外国人フレンドからチャットが来て、
英語でワワワワーっとメッセージ。

えーっと、なんざんしょ?

みたな状態で、大至急、オンライン辞書を開き、
他愛もない会話を30分ほどする。

「YOUの家族は、元気か~い?」
「ええ、元気よー、ジョニー!」
「僕のいるところも、26度くらいの気温で快適さ!」
「ま~、素晴らしいわ~、ジョニー!」
「YOU、そっちは寒いんだろ~?」
「ええ、そうなの、夜はマイナス10度よ、ジョニー!」

って、別に相手の名前はジョニーじゃないんだけど、
どうも、英語の会話を日本語にすると、
吹き替えバージョン風になってしまって、いけない。

ともかく。

こんな感じで、ひーひー言いながらチャット終了。
その後は軽くうなだれつつ、晩ご飯を作りに台所へ。
今晩の晩ご飯はー、餃子スープに~、野菜炒めに~。
ってところまで作って、はっと気がついた。

あ、今晩は、お刺身だったんだ。

結果、このメニューにサーモンのお刺身がつくという、
何とも言えない妙な取り合わせになってしまった。
でもまー、いいのいいの、いいことにしたの。
美味しかったから。
↑自画自賛

さて、前置きはこれくらいにして。

今日は、先日行ってきた勉強会の話。
どんな勉強会だったかというと、
自分の知らない外国語を、その国の言語だけで教わる、
という体験をしてみよう!というもの。

なぜ、こんな体験をする勉強会だったか。

実は、知らない言語を教わることが主目的ではなく、
日本語日本語を学習する学習者の気持ちを知って、
この、媒介語のない教授法である直接法について考え、
そして、そこから何が見え、何が言えるのかなどについて、
日本語教育に携わる人同士で考えよう、
というのが本当の目的だった。

よく考えると、英語以外の言語で、
この直接法を体験する機会というのは、
意外と少ないのだ。
あたしにとっても本当に貴重な体験で、
日本語学習者、特に初級の初級である入門者の気持ちが、
よーくわかったし、先生として入門者に接する場合は、
どのような点に気をつけるべきかも考えさせられた。

でも、そのこととは別に、面白いなと思ったのは、
日本語を教える側にいる人たちの学習観や、
「習うこと」と「教えること」の不一致。
不一致というと語弊があるけれど、
自分が学習者の側に立って、学習者の気持ちになり、
じゃー、教師サイド側だった場合は、どうするか、
という話題になったとき、意外と結びつけられないんだなー、
ということがわかった。

たぶん、4年前のあたしも、そうだったと思う。
このような勉強会に参加したら、きっと同じように、
いろんな不一致を起こし、気がつかないことも多かったと思う。

でも、大学院に入ったことは、やはり大きいと思った。
以前より、少しだけだけど、ほんとに少しなんだけど、
違った角度から見ることができるようになったんだな、
と感じられたのだ。
なぜ、そう思ったかというと、例えば、

ネイティブの発音を聞けるのは素晴らしい、
でも、プリントのどこを読んでいるのかわからない、
わかっても、文字が読めない、

という意見が出たとき、これをどう捉えるか。
ここには、耳から入ってくる発音である「音」としての発音と、
目から入ってくる発音「文字」としての発音がある。
これらは、次にすべき対処やそれに向けた準備という点で、
かなり異なることは想像できるだろう。

しかし、グループなどで話していると、
会話はどんどん進んでしまい、
また、他の人の意見や感想なども出るため、
なんとなく、ぼやーんとそこら辺の問題が、
話題として浮上しているのだけれど、
なかなか、そういう観点での話し合いにはならない、
ということがわかった。

もちろん、会話の内容がどのような方向になるかは、
その時々のメンバー如何ではあるが、
仮に、このような、分析的に考える機会を、
あまり必要としていない人が多かった場合は、
なんとなく見えているぼやーんとしたものを、
ある程度、形付けて説明していくことが、
思った以上に難しいということを感じたのだ。
問題点について、ある程度、こうであろう、
ということを見出さなければ、次にどうするか、
という部分に繋がりにくい。

で、あたしはここで、

それは、こーですよね、とか、
あーじゃないですか、

とか言うのは簡単だったんだけれど、
勉強会を開く側の人間でもあったため、
そこはちょっと黙って、で、

「○○がわからないときはどうしますか?」とか、
「じゃー、それはもう少し具体的にいうと?」とか、
「そういう学習者がいたら、先生として何をしますか?」

とか、ともかく、相手の意見を聞きながら、
いろいろな質問をし、少しでも具体的な問題点や、
それに対する改善点などの意見が多く出るように努めていた。
で、気がついたのだ。
これって、よく、大学院で、特にゼミで、

先生がしてくれたことだったっけ

ということを(笑)。
先生に色々聞かれているときは、
本人であるあたしが悩んでいたり、
わからなかったりしているので、
どんな風に、質問されているのか、
どのような意図で質問されているのか、
などについては、瞬時に観察し理解する、
というような余裕はないんだけれど、
気がつくと、自分自身の問題を解決する際に、
そのような手法を、しかも自発的に、
少しずつだけれど使っていたのだ。

これは驚き。

で、こういうことは、簡単に言えば、
物事を客観的に見るチカラ、とか、分析する能力、
になるのかもしれないけれど、
直接的な訓練を受けなくても、
普段、このようなことをされることで、
少しずつその方法を使う可能性がある、
ということを知ったのは、ちょっと面白かった。

それと同時に、やはり協同で何かに取り組んだり、
意見を交わすことが、いかに重要かということも、
今回、痛感したことのひとつだった。

あとは、あたしがいるゼミの環境なんかがそーだけど、
よりよい見本、なんていうとちょっと失礼なんだけど、
そういう人が周りにいることが、学習では有効だなと思う。
もちろん、いるだけじゃだめなんだけど、
そこにいる、ということの価値は高いと思った。

てことで。

日本語教師として現場に立つ日が再び来たときは、
この勉強会で「感じたこと」を大切にしつつ、
今後は、感じたことを分析していくチカラを磨く努力をしよう、
と思ったのでした。

しかし、ファシリテーターって重要だよなぁ。

ま~、今回の勉強会だけではなく、
なんでもそうだけど、「司会者」とか、
「ファシリテーター」のチカラが、
その会の成否に大きく寄与するよなぁーと、
改めて思った。
あたしもいつか、いいファシリテーターになれるよう、
まずは、あがり症を克服したいわ(笑)。
↑そこからかい…

最後に。

全然関係ないんだけど、最近購入したものを。
↓これです。

ぴタッチ

まだ、使ったことがないのだけれど、
これ、「ぴタッチ」というもの。
ネットでお買い物するときに、
Edyで支払いができる、ICカードリーダー

実は、すっごく欲しかったわけでも、
必要に迫られていたわけでもないんだけど、
LAOがパソコンを買うときに、安く手に入る、
ってんで、ついで的に購入したの(笑)。
だので、いつ使うのかは、微妙なんだけど、
使用したら、ここでまたご報告します。

さてとー。

あたしのオンライン付箋も、すっきりしたし~、
今宵は、なにもしないで、ボケーっとするぞ!!!
机の上の整理も、部屋の片付けも、
自分の研究に関する文献購読も、
ぜーーーーーーーんぶ、

明日以降だぜ。

lino

あ、↑これがあたしのlino
課題や予習等々、大学院関係のことは、
ピンクの付箋にしてるので、
いつもは、点線の中が、まっピンク(笑)。
けど、今日は1枚だけ!
しかも、この内容の分は、来週に延びたし。
ん~感動的(感涙)。

てことで。

こんなに時間ができちゃって、
どどどどどよよんしよ~、とか言ってみながら、
今日2度目のホットケーキでも食べるかな~~~。
↑あほ


blogランキング
 ↑あなたの愛の、よく頑張ったで賞を!


 ←こちらにも参加中です。


関連記事

Comments:2

猫→鶴丸さん URL 2009-02-11 (水) 01:44

ホットケーキが笑うところでしたか(笑)。

鶴丸 URL 2009-02-10 (火) 07:59

(~~~ 開放感が伝わって来るエントリ♪
そして2度目のホットケーキで・・・
わからしてもらいました(笑)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/579-2103955e
Listed below are links to weblogs that reference
教える、教わる、学ぶ。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 日本語&勉強 > 教える、教わる、学ぶ。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。