Home > スポンサー広告 > 応え方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/599-77222c23
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 応え方。

Home > 日本語&勉強 > 応え方。

応え方。

 
snow 
 
 
3月だというのに、この積雪量。
今年は本当に雪が多い。
というか、ダラダラと降り続けている。
今日、札幌に行く用事があったのだけれど、
地元でも、札幌でも雪が降っていた。

春はイズコ!?

というわけで、気がつけば、
もう週末になってしまった本日土曜日。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

そんなんで。

今日は、日本語教育関係の勉強会があり、
札幌へ行ってきた。
勉強会といっても、あたしは運営委員なので、
純粋にただ参加する、というわけではなく、
午前中は委員会、午後は勉強会の受付など、
ちょっとぱたぱたと忙しい日だったのだ。

んで。

今朝は、久々に早い電車に乗車するために、
家を出たのだけれど、これがまたギリギリで、
駐車場から駅まで、なりふり構わず、
猛ダッシュで走った。
あと少し、というところで、発車時刻まで、

あと40秒。

あわわわわわ。
死ぬ。

でも、コレに乗らなければ、大変なことになる、
と、フラフラになりながら改札をくぐり、
ホームにたどり着くと同時に、
電車の扉が開いた。

ギリギリセーフ。

って、最近、言わないフレーズだな(笑)。
ま、ともかく、何とか無事乗車したんだけど、
これまた、電車が激コミで。
ずーっと立ちっぱなし。
その間も、ゼーゼーハーハーいって、
超カッコ悪かった・・・。

と、まーそんなことは、
自慢にも何にもならないのだけれど。

話を戻して。

今日の勉強会は、今年度最終回。
今回は、meの大学院先生が講師だったせいもあり、
いつもと違う人が多く集まった。
↑ナニ人だよ?

中には、何度かサマースクールでTTをし、
とってもお世話になった先生とか、
出身大の恩師もいらしていて、
半年ぶりぐらいにお会いしたのだけれど、
なんか、えらく久しぶりな気がした。

勉強会に参加する面白さは、
もちろん、その勉強会の内容にもあるんだけど、
それだけではなく、こうやって、人が集まること、
それ自体にもあると思う。

講師の先生の前では、一応、みな平等に聞き手であり、
学生でも、院生でも、大学の現職の先生もで、
講師の先生から質問されれば、それに答える。
答えの成否よりも、今日は、人それぞれ答え方、
いや、応え方、と書いてもいいかもしれない、
そういうのが、とても興味深いと感じた。

この勉強会だけではなく、人の応え方をよく見ると、
その人が、今、その場で何を一番伝えたいのか、
というのがわかる気がする。

でもそれって、性格じゃないの?

と言われれば、確かに、そうかもしれない。
でも、性格だけではなく、その場その場で、
今一番自分が表現したい、もしくは、アピールしたい、
というのは、性格よりももっと具体的で、
変化しやすいもののような気がするのだ。

例えば。

質問の内容が、「こんなときどういいますか?」
のような言葉の表現についてだったとしよう。

ある人は、より、正確な表現を答える。
ある人は、より、易しい表現を答える。
ある人は、より、文学的な表現を答える。

このとき、意識されているか否かはわからないけれど、

「私は物事を正確に知っているのだ」
という知識に関する表現だったり、
「私は人にわかりやすいように伝えたいのだ」
と伝達能力からの表現をしたり、
「私は表現力があるのだ」
という感性を強調して表現をしたりしている、
と捉えることはできないだろうか?

もちろん、いつも、ではないし、
必ず、でもない。

でも、ある場面において、きっと、
能力を強調したり、所有量を示したり、
属性を表したりすることがあるように思う。
それは、性格だ、ではなかなか説明しにくい。

どちらかというと、自分をどのように呈示するか、
どう見られたいか、あるいはどう見られたくないか、
ということが秘められていると思うのだけれど、
それは、応え方となって表に出ることがある、ということ。
だから、それを観察するのは、とても興味深い、
と思うのだ。

で、あたしは?

と考えると、これが、なかなか難しい。
歩く主観ちゃんなので(笑)、
自分勝手な解釈になりがち。
ほんと、人に言われないとわからない、
ということが、たくさんある。
ただ、思うのは、人に言われたとき、
素直に聞き入れられる人になりたい、ということ。
中途半端にオトナだと思って生活すると、
変なところで、素直に聞き入れられなるから。

そう考えると、
どうやって応えるか、が、呈示的ではなく、
自然に、いい雰囲気の人を見習わなくては、
とつくづく思う。
そう、そういうことができる人は、確実に、

聞き上手。

聞き上手じゃない人は、話が異常に長かったり、
いつも自分のことばっかり話す傾向が見られるよね。

「あの人は、あーだから、言っても無駄だよ」

なんて言われないようにしなくちゃ、と思う。
自然な応え方のできる、オトナになりたいわー。

ってか、もう既にかなりいいオトナなんだけど(笑)。
これは年齢には関係ないからねぇ。

てなことで。

書いたなぁ~、ウダウダと、
さーって、今宵ももう一踏ん張りするか~。
あと1週間で、研究報告会だんだよね。

嗚呼・・・やばいな・・・。


blogランキング

 ↑いいオトナのブーコにも、ポチッとよろしく。


 ←こちらにも参加中です。


関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/599-77222c23
Listed below are links to weblogs that reference
応え方。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 日本語&勉強 > 応え方。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。