Home > スポンサー広告 > ヒトの記憶。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/624-2377cb4a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > ヒトの記憶。

Home > ぼやっき日記 > ヒトの記憶。

ヒトの記憶。

 
うたた寝のブーコ 
 
EXILEが、うちに来た。
大勢でやってきて、突然、

「しばらくここに住まわせてくれ」

といってきた。
それと同時に、赤や黄色のソファーをはじめとした、
大量の家具が運び込まれ、あっという間に車庫の前が、
EXILEの持ち物であふれかえってしまった。

あたしは、同級生の男の子の家に、
土鍋に入れた湯豆腐を持っていこうとしてたのに、
そんな出来事に見舞われて、湯豆腐が冷めてしまい、
どうしてくれるんだよぅ、と半泣きになっていた。

というを見た。

ああああああああ、疲れる!!!

という感じの土曜日、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

もーさー、な~んなの?この
実は、このには、まだまだ続きがあるんだけど、
あまにりにアホすぎて、書けないの(笑)。

つーか。

ホントにもういやだぁーよー、
わけのわからないばっかり見て。
いらない神経を消耗しているようで、
目覚めも悪く、まじ、疲れる。

てか。

毎日、毎日、グーグーいいながら寝ているブーコは、
を見ているのだろうか?

本当のところは、に聞かなければわからないが、
や犬にもレムノンレム睡眠があり、
人間と同じようにを見ると聞いたことがある。
でも、もちろん、EXILEは出てこないだろうし、
この間見たような、殺人事件なんてこともないだろー(笑)。
ブーコは、どんな夢を見てるのかなぁ。

さて、夢の話はここまでにして。

本日土曜は、昨日書いたように、
LAOは釣りに行っていていない。
彼は、仕事よりも早い時間に起床し、
地元からちょっと離れた川へと向かった。

はず。

はず、だなんて、不確かな。
というのも、なにせ、あたしは上記に書いたような、
めでたい夢をみていたので(笑)、
何時に出て行ったのか、全然知らない。

非常ベルにも負けない勢いで鳴る目覚ましは、
たぶん、6時半にはそのけたたましい音を、
部屋中に響かせていたと思うが、
それもまた、全然知らない。

知らぬが仏。

いや、違うだろー(笑)。
知らないとは、恐ろしい。
記憶にないとは、恐ろしい。
それは、まるで、飲み過ぎて、
記憶を無くしたときのごとく。

つーか。

その知らないと、記憶を無くすのは、
違うだろーって話だ。

記憶を無くす、といえば。

あたしは、今、中年爆走中だけど、
人は、時間の中で、いろんなことを記憶し、
そして、忘れていくでしょ?

さて、問題です。

あなたのこれまでの人生を思い出し、
覚えていることを、現在の年齢まで、
時間軸に従って、書いてみたとします。
そのとき、どの年代の記憶が、
最も多いと思いますか?

では、同じことを、60代の人に聞いたとします。
そのとき、60代の人たちが思い出す記憶は、
どの世代のころだと思いますか?

答えは。
って、早い?(笑)

15~30歳のころだそーです。

単なる出来事の記憶は、普通は時間が経つと、
忘れてしまいがちです。
記憶の中には、全てが「忘れた」のではなく、
「貯蔵」された記憶を、「検索」しても、
うまく引き出せない場合があり、そのときは、
忘れたといより、「思い出せない」、
ということになります。

なので、普通なら、長い時間が経過し、
忘れられてもおかしくないのに、
記憶として思い出せる、想起される、
この15~30歳とうのが、重要な年代になる、
という解釈もできるでしょー。

思い出すという作業を求めると、
重要なことのほとんどは、この時期になり、
それは、多くの研究で一致しているそうです。
また、内容も、ポジティブな出来事が多く、
年代によっての違いではないそーです。
(※ネガティブな場合もあります)

ただし、これらは、個人にとっての記憶であると同時に、
自分がいる文化圏の中で、何が重要か、とか、
それがいつ起きるべきか、という規範の影響も、
なくはないーということです。

このことを書いているのは、
下記の本。

第2部 第6章 Dorthe Berntsen (2008)
「ストレスフルな出来事の記憶
 ―アイデンティティへの影響」

仲真紀子編『自己心理学〈4〉認知心理学へのアプローチ』

興味のある方は、どーぞ(笑)。

っつー感じで。

でも、確かに、人と話しているとき、
15~30歳くらいに起きた出来事が、
よく出てくるような気がするし、
実際、自分も、重要な出来事をあげろ、
といわれたら、この時期の記憶が多いかもしれない、
とかは思うなぁ。

そう考えると、人のもっている、
ものの善悪、価値の高低、物事の在り方、
人との関わり方などの大きな規範は、
その時期や時代の文化的影響を受けながら、
記憶と同時に、形成されていくのかもね。

年齢が上がって、
「あの時代はよかった」なんていうのも、
小さな変化はしたとしても、基本的には、
自分が思う「重要な時期」にした経験や、
ポジティブに捉えている出来事なんかが、
心の奥底に刻まれているから、
ついつい、それと異なる現状に、
不満や不安を抱く、ということも、
あるのかも。

なーーーーーーーーーんて、
そんなことを偉そうに語る暇があるなら、
とっとと、始めろよ、自分のことを!
だった(笑)。

テヘ。
↑しかも可愛くない

ま~、そーゆーわけでぇ~。

本日、土曜の午後はですね、
ひとりは釣りへ、
そして、ハハはお友達と会うために、
札幌へ行ったので、午後は久々に、
ちょっとひとりの時間を過ごしておりまヒタ。
で、こうしてブログも書いておりまヒタ。

ほんとね、時間を自分に合わせて使えることに、
たまらなく幸せを感じる今日この頃なの~。

さて。

EXILEの夢を見たついでに、
ひとり「Choo Choo Train」でもしながら、
始めようかなー。
↑怖い!(笑)

ではでは、みなさまも、
Choo Choo Train」しながら、
よい週末をお過ごしください♪


blogランキング

 ↑心底オメデタあたしに、愛のポチリを。


 ←こちらにも参加中です。


関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/624-2377cb4a
Listed below are links to weblogs that reference
ヒトの記憶。 from 出戻りぼやっき日記

Home > ぼやっき日記 > ヒトの記憶。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。