Home > スポンサー広告 > 想像力。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/645-decba9f8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 想像力。

Home > 独り言 > 想像力。

想像力。

 
bird 

♪鳥よ~鳥よ~鳥たちよー♪

あたしの頭は、鳥頭ぁー。
鳴かぬから、殺しておくれ、
トリカブトー。

って、おい、大丈夫か?

もーねぇ、目の前の英語の論文の山に、
かるーく目眩がおきておりましてですねぇ。

頭がおかしくなっちゃいまヒタ。

いやいや、すみません。
鳥頭なのは、否定しませんが、
精神的には、まだ一応大丈夫です(笑)。

さて。

本日、サタデー。
今日、LAOが冬タイヤから夏タイヤに、
交換してくれたんだけど、
あ、仕事の合間に(笑)、
なのに、なになに?あんだって?
明日の天気は、

雪だってかい?

おいおいおい。
もうすぐ5月なんですけどー。
どーなっちゃったんだ?
ま~、積もりはしないだろうけど、
いー加減にして~~~~♪
by明菜ちゃんみたいになるよ。
↑やっぱし頭おかしー

ま、おかし~のは、
今に始まったことじゃないので、
しょーがないんだけど、
えっと、今日はね、想像力の話。
妄想じゃないよ(笑)。

あたしがいつも文句を言いながら受けている、
とある授業があんだけど、
この間も、それに出たのね。
で、たぶん、これまでうけたその授業の中で、
(自分の専門以外のその授業で)
1位2位を争う勢いで、面白かったのよ(笑)。
珍しく、眠くならなかったもの。
↑院生だろっ!

で、何が面白かった、というと、
授業の内容そのものというよりも(笑)、
先生の発想とか、授業の持っていき方。
色々噂を聞いていたので、どーなんだ?
とか思って受講したんだけど、いやいや、
あたし的には、楽しかったですわ。

んで、その先生が授業の中で、
あるシェフのことばを紹介してくれたのね。
それが↓こちら。

 なにかをいわれることを前提にして
 「これなら納得でしょう」
 となにもいわせない予防線を
 はりめぐらす仕事ほど
 味気のないものはありません

あたしは、これを聞いて、アタタタタと思った。
真っ先に、この間の研究発表会を思い出した。

先生は、多くの院生は、研究に関し、こうしているといい、
それが必ずしも悪いわけではないといいつつも、
ただ、それだけではどうだろう?
という疑問を投げかけたのだ。

実は、これに先だって、授業の冒頭で、
想像力」という言葉に触れていた。
先行研究や理論は大切だけれど、
もう一つ、大切なのは、「想像力」じゃないのか、と。
そして、寺山修司の「邪宗門」の中から、
次の引用を引いた。

 どんな鳥だって
 想像力より高く飛ぶことはできないだろう

これをどう解釈するか。
先生なりの解釈を教えてくれた。
初めてこれに出会ったときと、
何年か経って思ったときのことと、2つ。

それがどんな内容かは、敢えて書かないので、
ぜひ、みなさんにも自由に発想してください。

でも、文学の解釈は、自由で楽しくはあるけれど、
なかなかどうして、そう簡単ではない。
学部の頃、近代文学史の授業を受け、
田山花袋の『蒲団』とか、
吉行淳之介の『砂の上の植物群』 とかを、
勝手に解釈して楽しんでいたけれど、
それでいいレポートが書けたかというと、
それはまた別問題だったので(笑)。

だので、もう少し身近にある「想像力」を、
ちょっとだけ考えてみる。
そうすると、想像力って、何だろ?
と思わない?

じゃー。

辞書にはどう書かれているか?
と、調べてみると、↓こんなふうに書かれていた。

想像力 (引用 → goo辞書より)
英 imagination; (ドイツ) Einbildungskraft〕〔哲
(1)想像する能力やはたらき。
  過去の表象を再生するもの。
  全く新しいイメージを創造するものなどに大別される。
(2)カントでは、感性と悟性とを媒介して認識を
  成立せしめる能力。
  すなわち直観における多様なものを結合して
  統覚による統一にもたらす能力。構想力。


はへー?みたいな(笑)。

想像する能力や働き、ですよ。
過去の表象を再生するもの、ですよ。
カントにいたっては、感性と悟性を媒介して、
んでもって、なに?認識を成立せしめる能力?

わかんねぇー。

とか思うのは、あたしだけか?(笑)
いやいや、こうやってみると、
なかなか、メタ認知的じゃん、
とか思っちゃうんだけど、
まー、それはおいておいて。

想像力は、これまでの自分の過去に入手した、
さまざまなデータがモノをいうという感じはするよね。
もちろん、直接体験したものだけではなく、
見聞きしたものを含め、それを統合するチカラ
慮るチカラ、ともいえるかもね。

と、ま~、仮にそんな感じにしておこう。

で、一方で、似て非なる言葉として、
妄想」がある。
妄想には、なぜか、「チカラ」がつかない。
妄想力」ってあってもよさそうだけど(笑)、
イメージしたときに、どう?
なんか、ちょっといい感じはしないよね。

ちなみに、こちらは、
こんな感じで↓辞書に書かれています。

妄想 (引用 → Yahoo!辞書より)
 (1)根拠もなくあれこれと想像すること。
   また、その想像。
 (2)仏語。
   とらわれの心によって、真実でないものを真実であると
   誤って考えること。
   また、その誤った考え。妄念。邪念。
 (3)根拠のないありえない内容であるにもかかわらず
   確信をもち、事実や論理によって訂正することができない
   主観的な信念。
   現実検討能力の障害による精神病の症状として生じるが、
   気分障害や薬物中毒等でもみられる。
   内容により誇大妄想・被害妄想などがある。


きゃはははは。
すみません。
思わず笑ってしまいました。

なぜなら。

普段、自分がしていると思っている「想像」は、
実は、限りなく「妄想」に近いということが、
この意味からうかがえるから。

あくまで、辞書的意味だから、
感覚的に使用している語感とは異なるけれど、
それにしても、想像と妄想は、

紙一重ではない!

ということがよくわかる。
じゃー、立ち返って、想像力とはなんだろう。
なぜ、想像にのみ「チカラ」がつくのか。
考えると、眠れなくなりそうだけれど、
↑うそこけ
チカラ」がつく以上、それは、より促進させたり、
もしくは、向上させたり、発達させたり、
また一方で、衰えたり、低下したりする可能性がある、
ということが、いえてしまうように思う。

 どんな鳥だって
 想像力より高く飛ぶことはできないだろう

寺山修司がいう「想像力」とは、
なんだろうね。
そして、それより高く飛べないって、
どういうことなんだろうね。

これも、1つの想像力?
それとも、解釈するチカラ
あるいは、理解力?

そんなことを考えて、
妄想を楽しみながら、
鳥頭のあたしは、
再び、目の前の論文を読むのであったー。


blogランキング
↑ポチっとおして、想像力強化!だといいんだけど(笑)


 ←こちらにも参加中です。


関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/645-decba9f8
Listed below are links to weblogs that reference
想像力。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 独り言 > 想像力。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。