Home > スポンサー広告 > 試み中のコメント活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

猫→私=メタです様 URL 2009-11-01 (日) 23:40

えーっと、メタ様は、以前、コメントくださった方ですよね?
名前、同じように書いてもらえると、助かるのですが・・・。

あっちのブログ、とは、このブログ右サイドにある猫温度計の下の方の、
Do Researchというブログのことです。
あちらは、研究のことを中心に、備忘録的に書こうと思って始めたものですが、
しばらく書いていません。

「私=メタ」です URL 2009-11-01 (日) 12:53

突然ですが~

猫さん本文中に、「今日の内容は、あっちのプログに・・・」とありますが、そのプログ名教えてもらえませんか?

(興味しんしんです)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/769-4b391420
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 試み中のコメント活動。

Home > 日本語&勉強 > 試み中のコメント活動。

試み中のコメント活動。

  
withered leaf

今日も学生とゼミに元気をもらい、
ハードな月曜日、無事終了。

今日のゼミで、
先生に文献を紹介してもらった。
昨日のブログに書いたように、
このところ、文献が読みたくて仕方がない。

学習意欲向上中。

最近、「学習」がおもしろい。
それは、自分の学びではなく、
学生の「学習」である。

学習を支える認知機能。

この文の意味を、
頭だけで理解していた1年前。
今は、目の前の学習者を見て、
感じることが多くある。

おもしろい。

何をどう教えるか、という視点も、
確かに重要だけれど、
そこで何が起きているのか、
今、興味は、そこにある。

このところ、あたしの授業では、
毎回、授業最後の5分間を使って、
3行コメントを書かせている。
これは、「大福帳」の考え方を参考にし、
始めることにしたものだ。

大福帳」のもともとの発案者は、
織田先生という方らしいが、
あたしがこれを知ったのは、

向後千春(2002)
「心理学授業における「大福帳」カードの利用と効果」

という論文だったような気がする。
ちょっとうろ覚えなので、
調べ直したのだけれど。

で。

まだ、後期が始まって、
そんなに時間がたっていないので、
実施回数は少ないのだけれど、
授業中には知り得ない情報や、
対面とは異なるコミュニケーション、
また授業に対する学生の考え方が見えてきて、
興味深いのだ。

また、母語で書くのと違い、
目標言語で書くというのも、
授業とは異なる文章産出活動になる。
なにせ、決められた文型や新出語彙を、
無理矢理使う必要はないし、
成績に関係ないのだから。

内容に関しては、なるべく、
内省ができるようにしたいので、
今日の授業を通して、

①自分を褒める
②要努力
学習内容から

と、今のところ、大きく3つにし、
たとえば、①なら、具体的に、
どんなところが良かったか?
何を理解できたと思うか、
など、ともかく自分を褒める内容を、
1つ書くようにしている。

たった数回の実施だが、
具体性を帯びた文章を書く学生が、
チラホラでてきた。
そこでわかったのは、

言語能力が高いからといって、
具体的な文章や伝わる文章が、
書けるわけではない

ということ。
まー、当たり前と言えば当たり前だけれど、
意外と人は、自分を褒められないもの。
特に、日本人を含めたアジア圏の人は、
自分にとって補うべき不充分なものは、
すぐに羅列できるのに対し、
自分の長所や能力を、客観的に褒められない、
といわれている。

これは「自己卑下」の影響らしい。
「自己卑下」は、「そんなに卑下しないでぇ~」
というように、日常でも使われるが、
ここでいう自己卑下は、
もう少し専門的な用語である。

ま、自己卑下の話は、
また別の機会にするとして、
学生のコメントは、学生のためだけではなく、
自分の授業のフィードバックになっていて、
改善点が多いことも痛感させられている。
そのせいか、こちら側としても、
一方的に授業をしている、という感じがしない。
これは、新たな発見だった。
論文では、学生側からの観点が中心なので、
教師側に与える影響もぜひ知りたいと思う。

そんなんで。

今回は、実験的に授業に導入しているが、
これ、研究にしたら、おもしろいだろうな、と思う。
産出された文章もそうだし、
これを書く行為自体をどのように捉えているのか、
また、教師からのコメントバックに対する感想、
そして教師への影響など、
知りたいことがたくさんある。
半期、無事に続いた暁には、
簡単なアンケートもとってみたいなぁー。

ってか、自分の研究しろよ!

だった。
うん、そーなんだよ。
まず、そっち。

でも、こうやってひとつひとつ、
自分の思う疑問や、
実際に目の前にある事実を知ることは、
研究にも役立つと信じている。

そして、このところ思うのは、
やはり情意的側面が、
学習に与える影響の大きさ。
しかしながら、情意面の研究は、
まだまだ不充分だと、上淵編(2004)
『動機づけの最前線』にも書かれていた。
メタ情動なんかは、本当に重要なんだろうな。

つーか。

今日の内容は、あっちのブログに書けよ、
という感じだな(笑;)。
でもま、書いちゃったから、しょうがない。
↑おい

おっと。

やぁーべっ。
2時になるじゃないの。
今朝、5時台に起床したのに…。

てことで、寝ます。
また明日。
↑ほんとかよ


 ↓いつもぽちりをありがとーです。
blogランキング

 
 
関連記事

Comments:2

猫→私=メタです様 URL 2009-11-01 (日) 23:40

えーっと、メタ様は、以前、コメントくださった方ですよね?
名前、同じように書いてもらえると、助かるのですが・・・。

あっちのブログ、とは、このブログ右サイドにある猫温度計の下の方の、
Do Researchというブログのことです。
あちらは、研究のことを中心に、備忘録的に書こうと思って始めたものですが、
しばらく書いていません。

「私=メタ」です URL 2009-11-01 (日) 12:53

突然ですが~

猫さん本文中に、「今日の内容は、あっちのプログに・・・」とありますが、そのプログ名教えてもらえませんか?

(興味しんしんです)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/769-4b391420
Listed below are links to weblogs that reference
試み中のコメント活動。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 日本語&勉強 > 試み中のコメント活動。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。