Home > スポンサー広告 > 美術館と回転寿司。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/795-800460f9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 美術館と回転寿司。

Home > 北海道的 > 美術館と回転寿司。

美術館と回転寿司。

 
いつもの飾り物登場

我が家の玄関も、すっかりクリスマス仕様。
猫ハハが半日かけて、サンタの置物やら、
飾り物やらを並べていた。

しかし、クリスマスまでに、
我が家には、2つの行事がある。
ひとつは、明日の父の命日。
そして、再来週の祖父の法事。
本当は、年明けなんだけど、
もろもろの事情で、繰り上げ決定。

ちなみに、今回三十三回忌である。

さっき、仕出し屋さんがきて、
最近は、だいたい十三回忌までで、
その後は、お経を読んで終わり、
というケースが多いといっていた。
祖父が三十三回忌までやることを考えると、
祖母と父ので、

あと何回?

そう考えると、子どもの頃から、
ずーっと仏事とは縁があることになる。
だから、イヤではないが、またか、
とは思う。

猫ハハも、亡き父の両親の仏事を、
こうしてずっとしているんだから、
我が身に置き換えて考えると、
なかなかどうして、大変だなぁー、
と思う。

さて、そんな猫ハハから、
とある美術館の話を聞いた。
先日、岩内のホテルに行く途中のこと。
共和町という小さな町にある、

西村計雄記念美術館」

というところに行ってきたらしい。
彼女曰く、

「ピカソよりも感動したわ」

とのこと。
ま、彼女がどれだけピカソを知っているかは、
どうか、追及しないであげていただきたい(笑)。

ともかく。

わが猫ハハの心をぐっと掴んだその画家が、
どんな人か知りたくなり、ちょっと調べてみた。
といっても、もちろん、ネットでだけど(笑)。

で、調べてみたら、記念館のHPを発見。
HPでは、作品も数点見られるようで、
へーとか思いながら眺めていた。
如何せん、芸術的感性に乏しいので、
へーしか言えないのであ~る。

がしかし。

行ってみたくはなった。
あたしが行きたくなったのは、
ネットで見た絵そのものよりも、
渡仏した当時、お金がなくて、
ガラス拭きのアルバイトをしていたときに、
ガラスに映る風景が絵を描くヒントになった、
とその画家がいってた、というのを知ったからだ。

岩内の美味しい料理が食べられるという、
その旅館にも行きたいと思っていたので、
なんとか、お金をためて、
そして何より、時間を作って、
いってみたい。
あたしにも、普段と違うことや、
異なる世界に触れることで、
得るものがある、と信じて(笑)。

ちなみに、その記念館のHPは、
↓こちらです。

西村計雄記念美術館

そんなこと書いていたら、
この間、回転寿司に行ったことを思い出した。
あ、なんで繋がるか?というと、

岩内=海の町=新鮮魚介類

という構図だから(笑)。
あくまで、あたしの中で、だけどね。

ってことで。
若干強引な展開ですが~、
これが地元の回転寿司で食べた、
寿司の一部です(笑)。


大好きなつぶ


これまたすきなボタンエビ


北海道といえばホタテ?


ああ、画像を見てたら、
またお寿司が食べたくなってきた!
でも、今晩の晩ご飯は、
全然魚介類じゃない。

トホホホホ、といいながら、
台所に向かいますぅ。


  ↓いつもありがとうございます。
blogランキング



関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/795-800460f9
Listed below are links to weblogs that reference
美術館と回転寿司。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 北海道的 > 美術館と回転寿司。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。