Home > スポンサー広告 > 論文、not 休憩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

猫→azuちゃん URL 2010-08-19 (木) 20:33

こんにちは、azuちゃん!

> きゃー、私のためにあるかの記事、ありがとうございます!
> nekoさん、ぜひどんどんお勉強進めてください(笑)

どんどん進めたいのですがー、
ぜんぜん進まないのですー(笑;)。
参りました。

でも。

論文がお役に立つのは嬉しいです♪
DL、しまくってください。
そして、レビューを書いて送ってください(笑)。
↑どこまで他力?

しかし、論文を読む度に、自分の力の無さを痛感します。
昔、よく言ってましたが、センスナシ、能力ナシ、ですよ。
トホホホホ。
あたしも海外に行って、もう一度出直したい、
とか思います、まじで。
ストイックさが減退してるような気がします。
ダメですね。

てなことで。
また連絡します~。

azu URL 2010-08-19 (木) 12:49

きゃー、私のためにあるかの記事、ありがとうございます!
nekoさん、ぜひどんどんお勉強進めてください(笑)
どっちが先輩(一応ね..)なんだかわからんね、これじゃ。
すみませんね、頼りないDで。
今始ったことじゃないけど。ははは。
   ↑
(開き直ってどうするよ...)

さっそくDLします!
そしてなんとか週末に時間をとって読む!読むぞ!と勝手に宣言しておきます。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/930-c42f01d9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 論文、not 休憩。

Home > 大学院&研究 > 論文、not 休憩。

論文、not 休憩。

 
とんぼ

えーっと、今年は、
ラニーニャ現象、でしたっけ?

ともかく、暑い。

暑い暑いといったところで、
涼しくなるわけじゃないんだけど、
つい、口から出てしまう、暑い、
というコトバ。

でも。

部屋を通り抜ける風は、
微妙に気持ちがいい。
湿度も低いところをみると、
季節は進んでいるのね、
と感じる8月後半。
そう、気がつけば、

8月も後半に突入じゃないですか!
↑気づいてただろーに

いい加減、何もかもがヤバイ、
ということで、朝から画面に向かい、
論文を広げ、修論に着手。

のはずが。

恐ろしく眠い。
加えて、集中できない。
集中力というのは、日頃の習慣も関係あるのかもー、
とかいったところで集中できるわけではないが、
台湾から戻ってしばらく、集中して論文を読むとか、
データに触れるとか、文章を書くとかしてなかった、

そのツケは、大きい。

てことで。

まずは、ブログ。
休憩も兼ねて、ブログ。
↑休憩時間が早くねーか?

いや、いいのいいの。
母が、掃除機とかかけてて、
室内、超ォーうるさいので。
↑いい訳炸裂 in the モーニング

さて。

休憩とか言いつつ、ブログに書くのは、
今朝読んだ論文の話。
読んだのは、↓これ。

磯田貴道(2005)
「学習意欲動機づけに関する概念の整理へ向けて」
 広島外国語教育研究(8), 85-96
論文はこちら → Cinii

「学習意欲」とか「動機づけ」というコトバは、
抽象的で多義的な概念であるために、
同じことばを使っていても、
プロセスの一部について話していたり、
解釈が異なっていることがある、
と筆者。

この論文では、「学習意欲」とか「動機づけ」が、
多義的であるが故の曖昧さについて指摘し、
動機づけの概念を図式化し、説明しているのである。

ただし。

ひとつひとつの理論を精緻化したものではなく、
概念を整理するという観点から、
全体を俯瞰した内容になっている。

とはいうものの。

大きな理論的基盤として、
期待×価値理論があるように思う。
また、自己調整学習も含まれている。
(Zimmerman、Pintrich、Schunkなどが出てきてるので)

で。

この論文を読んで、思ったのは、
自分が、

つくづく勉強不足

だということ。
だってだってだって。
Dörnyeiが動機づけと行動の関連について、
もう既に多くのことを語っているということ、
それが、自己調整学習とも関連付けられているということ、
などなどなど、動機づけと行動をどう捉えるかの指針が、
こんなところにあったということを、
ちゃんとわかってなかったのである。

ほんと、なんぼ勉強不足さ。

しかし、勉強不足が故に、
面白いと感じたこともあった。
それは、「目標」について、
「目標」は英語の「goal」の訳だけれど、
日本語が含意するものは誤解されやすい、
ということで、Dörnyei & Ottó(1998)で述べられている、
intention(意図)と捉えるという視点。
そうすることで、目標設定が何を指すか、
よりわかりやすいのではないか、
と筆者が述べていた。

で。

そのintentionの原文、
Dörnyei & Ottó(1998)をネットで検索したら、
ありましたがな、PDFが。

Dörnyei, Zoltan and Ottó, Istvan (1998)
 Motivation in action: A process model of L2 motivation
 Working Papers in Applied Linguistics, Vol.4.
 Thames Valley University, 43-69
論文はこちらから↓
The University of Nottingham(Nottingham ePrints)

しかし、これ、20ページ以上あんだよ。
あたりまえだけど、全部英語だし(笑)。
てか、英語の論文、この間、アホみたいな量を、
印刷したばっかなんだよォ。
読むものが、いっぱ~~~~い。

っはー…。
ツライ(泣)。

てなことで。

どこが休憩なんだ?
と思わず自分で突っ込みたくなったけど(笑;)、
お昼ご飯の時間になっちゃったので、
まずは、腹ごしらえをしてこよう。

つーか。

まずは、まずは、と言ってばかりで、
全然、「次」に進んでないじゃないのさ!!!

いや、午後からは、
おっと、午後から

「も」

頑張りまふ~♪
↑ほんとかよ…



  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング 

 
関連記事

Comments:2

猫→azuちゃん URL 2010-08-19 (木) 20:33

こんにちは、azuちゃん!

> きゃー、私のためにあるかの記事、ありがとうございます!
> nekoさん、ぜひどんどんお勉強進めてください(笑)

どんどん進めたいのですがー、
ぜんぜん進まないのですー(笑;)。
参りました。

でも。

論文がお役に立つのは嬉しいです♪
DL、しまくってください。
そして、レビューを書いて送ってください(笑)。
↑どこまで他力?

しかし、論文を読む度に、自分の力の無さを痛感します。
昔、よく言ってましたが、センスナシ、能力ナシ、ですよ。
トホホホホ。
あたしも海外に行って、もう一度出直したい、
とか思います、まじで。
ストイックさが減退してるような気がします。
ダメですね。

てなことで。
また連絡します~。

azu URL 2010-08-19 (木) 12:49

きゃー、私のためにあるかの記事、ありがとうございます!
nekoさん、ぜひどんどんお勉強進めてください(笑)
どっちが先輩(一応ね..)なんだかわからんね、これじゃ。
すみませんね、頼りないDで。
今始ったことじゃないけど。ははは。
   ↑
(開き直ってどうするよ...)

さっそくDLします!
そしてなんとか週末に時間をとって読む!読むぞ!と勝手に宣言しておきます。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/930-c42f01d9
Listed below are links to weblogs that reference
論文、not 休憩。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 大学院&研究 > 論文、not 休憩。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。