Home > スポンサー広告 > 「私達の誤った予測」。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/947-d565a862
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 「私達の誤った予測」。

Home > 独り言 > 「私達の誤った予測」。

「私達の誤った予測」。

 
on our mistaken expectations


この間、Twitterに貼られていたリンクで、
こんな面白いものを発見した。
それが、今日の画像とタイトル

「私達の誤った予測

あたしたちは、何かを選ぶとき、
そのもの自体の価値を、

何と比較しているのか?

同じものであっても、
その比較対象によって、
価値が変わってしまう。

同じハンバーガーでも、
同じ人物であっても、
その価値は変わらないはずなのに、
置かれている状況によって、高く感じたり、
比べる人を変えるだけで、価値が下がったり、
と、異なる評価をしてしまう。

ということを、理論とデータから、
面白く話してくれる動画である。
最後の質疑応答が、また面白い。
良質な質問やコメントは大事ね。

で、このプレゼンは英語だけれど、
日本語の字幕があるので、
ご安心をーーー。
色々な言語の表示も可能なので、
言語学習に興味のある方にも、
オススメかも?

動画は↓こちらです~。

 

内容の好き嫌い、または、
賛否は色々あると思うけど、
確かに、あたしたちは、
予測が苦手だと思う。
いや、「あたしは」かもしれないけど。

研究方法について学ぶとき、
因果関係と相関関係は異なる、
ということを言われる。

因果関係とは、その名の通り、
原因と結果の関係。
Aという原因がもとで、
Bという結果になった場合、
「AとBには因果関係がある」
といえる。

もっと具体的にいうと、
たくさん勉強しているから(原因)、
成績はいつも高い(結果)。

これは、あまりいい例じゃないか(笑)。
たくさん=量?時間?ってなるもね。

ま、仮に。

勉強時間と量が多いことが原因で、
その結果として成績が高いといえる、
ということにすると、
または、成績が高いのは、
勉強時間と量が多かったからだ、
といえれば、それは因果関係がある、
っていえるってこと。

もちろん、統計的にこれを示すためには、
ちゃんと方法があって、それをクリアしないと、
因果関係とは言えないわけなんだけど。
だって、勉強量や時間が多いだけで成績が上がる?
勉強方法は関係ないの?ってことにもなるからね。

ま、ここでは、あくまで、
原因と結果の関係の例ということで(笑)。
↑おい

で~、相関関係っていうのは、
原因と結果という関係ではないもの。
「AとBには関係がある」としかいえないもの。
だから、どちらが原因で結果かはわからない。

さっきの勉強時間&量と成績を例に取ると、
「勉強時間が長く量的に多い」ことと、
「成績が高い」ということには、関係がある。
ただし、成績が高いから、
勉強時間が長く量的に多いのか、
勉強時間が長く量的に多いから、
成績が高いのか、それは、わからない。

つまり。

予測できるのは、どっち?ということ。
原因と結果がはっきりしている場合は、
予測可能だけど、関係がある、だけでは、
予測はできないということになる。
(関係者の皆様、間違ってないですか?w;)

よく、テレビやニュースで、
本当は、相関関係しかないのに、
因果関係があるようにいっているものがある、
ということが言われたりする。
その結果、誤った予測をしかねない、ということ。
健康被害とかの話題では、多いよね。
たとえば、仮に、

ビールを飲むと太る

としよう。
でも、これは、本当か?
と疑う必要があるよね。
もしかすると、ビールをよく飲む人に、
太っている人が多かっただけかもしれないし。
ビールを飲んだ結果、太った、というためには、
医学的に、というか、実験などをして、
実証しなきゃいけないよね?

でも、もし「あなたの体重は何キロですか?」
という質問と、「ビールはどれくらい飲みますか?」
みたいな質問をして、その結果を提示する場合は、
因果関係じゃなくて、相関関係になる(はず)。

もし、そうなら、ビールを飲むと太る、
とはいえないんだよね。
もし言ってたら、データ(相関)を勝手に、
原因と結果(因果)にしたことになる。
だから、ビールを飲む→太る、という予測は、
誤っている、ということになるよね。

って、ここまで書いて、
本当に因果関係と相関関係を、
ちゃんと説明できてんのか、
心配になってきた(笑)。
検索でヒットして来られた方は、
ちゃんと、文献読んで調べてくださいね(笑)。
心理学や統計の本にあると思いますので。
↑そんなに不確かな情報を載せたのか!

いや、そんなに大きくは外れてないはずだけど、
たとえが悪くて、混乱させているかもしれないから、
わかんね!って場合は、スルーして、

動画をお楽しみください!

というわけで、今日紹介した動画は、
因果関係の話ではなく(笑;)、
ある理論にもとづいたお話なんだけど、
理論は、物事の予測する一つの物差しというか、
観点を与えてくれるものなので、楽しいですよ。

あたしはM1の時、よく、理論は量的だから、
みんながみんなそうじゃない!と言われたりし、
よく、その相手に反論したものだけれど(笑)、
そもそも、論点が違うんだから、
量 vs. 質みたいなのは、生産的じゃないな、
って思うんだけどね、最近は特に。

ま、それはさておき。

そんなんで、あたしたちは、
なぜ、予測を誤ってしまうのか?
ということを、少し考えてみるのも、
面白いかな?って思ったので、
ご紹介でした~。

ちなみに。

この間書いた、幸せの条件について、
この、ダン・ギルバート氏の違う動画が、
考えるヒントをくれるかもしれないので、
リンクを貼っておきます。
↓こちら

「私たちが幸せを感じる理由」

いや、実は、この間の記事を書いた後、
ブログのコメントだけではなく、
何通かメールをいただいたりして、
いろいろとご意見等々聞かせいただいたの。
それが、とても嬉しかったので。
何かのヒントになれば、と。

そんなんで。

今日は、祖母の二十七回忌も無事終え、
夜は毛ガニを無事食べたので(笑)、
作業の続きをして、とっとと寝ます。

腰がね、やっぱ、無理っぽいので。
明日は楽になってますよォォォォーに。
素行のいいあたしに、愛の手をー。
↑こっちの方が無理っぽい(笑)


  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング 

 
関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/947-d565a862
Listed below are links to weblogs that reference
「私達の誤った予測」。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 独り言 > 「私達の誤った予測」。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。