Home > スポンサー広告 > 自分の基準が世界の基準。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/970-34bf58ad
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 出戻りぼやっき日記

Home > スポンサー広告 > 自分の基準が世界の基準。

Home > 独り言 > 自分の基準が世界の基準。

自分の基準が世界の基準。

 
ご近所の海

久しぶりに、海へ立ち寄った。
理由は特にない。
行ったついでに、画像を撮った。

やっぱ、海はいいなぁ。

そんなことを思ったのは、先日のこと。
今日は、朝からお仕事だったため、
早出をして大学へ向かった。
↑寝坊もせず無事到着(笑;)

しかし、それにしても疲れた。
余計な労力を要する日は、
疲労度、倍の倍になる。

授業も仕事も楽しくやろーぜ。

これ、あたしの切なる願い。
大げさではなく、ほんとそう思うのよ。
ま、いろいろあるさね。
島倉千代子だもの。
↑古いしわかりにくい

でも、あれだな。
研究と現場は、イコールじゃないよな、
とか思っちゃう今日この頃。
今に始まったことじゃないし、
多くは語れないんだけどさ。

どうすれば自分なりに、
現場に寄与できるのか。

自分の中でうまく消化し、
考え続けること、加えて、
実践していくのみ。

ともかく。

腐らないこと。
そして、諦めないことだね、
何ゴトも。

いや!

間違った。
諦めてもいいこともあるし、
諦めた方がいいこともあるわ。
↑どっちやねん(笑)

いやさ~、最近、思うんだよねぇ。
区別」は大事って。

何か意見とか考えを言ったときに、
相手に、「そうじゃない場合もあるでしょ?」
的なこと、言われたことととかない?
で、最終的には、そういう場合もあるし、
そうじゃない場合もあるし、

人それぞれだよね!

みたいな話でおわる(笑)。
あたしは、最近、とみに、
この「人それぞれだよね」という話の帰着に、
何とも言えない気持ちになるんだよね。
だって、人それぞれって、

当たり前すぎだもの。

そんな形で話が終わるなら、
何のために、そこまで話したの?
みたいになる。
てか、「人それぞれだよね」は、
文字面には現れていない、
会話放棄、相互理解拒否、
みたいな意味合いもあったりするよね(笑;)。

で。

最終的に、全ての事象を個々の問題、
として放棄してしまうときって、
何がどうなってんだろうね?

いや、いいんだけどさ、
個々の問題で終わっても。

でも、本意じゃなく、そう終わるときって、
ミソもクソも、おっと、下品だった(笑)、
自分のことなのか、一般的にそうなのか、
感情としてなのか、事実としてなのか、
そういうことがごちゃ混ぜになってたりすることが、
結構あるように思ってね。

あたしなんか、すぐに反論するタイプだから(笑;)、
母親には、「嘘でもいいから、そうだって頷け」
的な恐ろしいことを言われてしまうんだけど、
仮に、今、話している話題が、
「自分の経験について」なのに、
その経験が、「多くの人がそうである」
というように語られると、

「あなた個人のことでしょ?」

って言いたくなる。
結局、話している本人が、
「自分のことなんだけさ」
と自覚して話すのか、
「普通、こうだよね」
と、一般的な話題にするのか、
それによって、論点だけじゃなく、
方向性まで変わってしまうかもしれないし。

これは、一例に過ぎないけど、
自分も含め、自分の基準が世界の基準
みたいに話すのは、やっぱし要注意だと思う。
特に、仕事で言えば、異業種間、
生活であれば、異なる環境や状況など、
自分がいるところでは当たり前のことが、
ちょっと違うところに行くと、
途端に異端児扱いされる!
ということは多々あるわけで。

かといって。

人それぞれ、というのもおかしい、
という矛盾しているあたしの考え(笑)。
そこは、区別が必要だなんだよ。
どうやって区別するか、ま~、
いい方の問題もあると思うけどさ。

そういえば、相方はよくあたしに、

君が世界の基準だよね…(泣)

と言っていたことを、
今、思い出した。
↑おい

そんなんで。

誰より区別して話すべきは、
どうやら、あたしらし~。

当たり前のことほど、
実行するが難しいのです。
↑ラジオ「テレフォン人生相談」風

 ― 終 ―


  ↓こちらをポチリとよろしくです。
blogランキング 

  
関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/tb.php/970-34bf58ad
Listed below are links to weblogs that reference
自分の基準が世界の基準。 from 出戻りぼやっき日記

Home > 独り言 > 自分の基準が世界の基準。

Recent Comments
Recent Trackback
Links

Booklog

Amazon

Meta
Mail
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds
Others
Analyzer

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。